バナー

どうも、おなかが出ているのが気になってTシャツを着られないすーさんです。

ジャンル別イヤホン紹介、皆様はお楽しみ頂いてますでしょうか?

残りも少なくなって参りましたが、さらに盛り上げていきたいと思います!!

 

さてさて今回のブログ内容はこちら!!

厳選!音楽ジャンル別オススメイヤホン紹介【オペラ編】です。

 

皆さんはオペラを聴きますか?

私はこのブログを書くまではあまり聴いたことがありませんでした。

なので、このブログではあまりオペラを聴いたことがない方や、

これから聴いてみようかなという方に、

お勧めのイヤホンをいくつかご紹介させていただきたいと思います。

そもそもオペラとは何ぞや?という方のために、

オペラとは何なのか、引用よりご説明いたします。

 

オペラ – Wikipedia

オペラは、舞台上で衣装を着けた出演者が演技を行う点で演劇と共通しているが、台詞だけではなく、大半の部分(特に役柄の感情表現)が歌手による歌唱で進められることを特徴とする。歌手は器楽合奏により伴奏されつつ歌い演じる。伴奏は、多くの場合交響楽団規模の編成に及ぶ。

オペラは他の多くの芸術形態から成立している。基本は音楽であるが、歌と台詞が付いて演じられることから演劇の要素をも持つ。また、上演する上で重要な要素と考えられる視覚的な舞台効果を得るため、絵画の要素も用いられている。こうした理由で、リヒャルト・ヴァーグナーは、このジャンルを「総合芸術」(Gesamtkunstwerk)と呼んだ。

 

うーーーん深い、とても歴史を感じますね!!

 

今回お勧めのイヤホンをご紹介するにあたり、

この曲を参考に選ばせていただきました。

 

モンテヴェルディ 「オルフェオ」

 

この曲は元祖オペラともいえるような曲で、

初めてオペラを聴くという方にもオススメです。

オーケストラの壮大なスケールや、ホールの空気感

歌手の圧倒的な歌唱力をお楽しみいただけると思います。

 

今回ご紹介するイヤホンのポイントなのですがいくつかあるのでご紹介します。

①ホールの臨場感

②オーケストラの迫力ある演奏

③歌手のリアリティある歌声

この3つに着目してイヤホンを選ばせていただいたので、

よろしければご参考ください。

 


 

 

それではいきましょう、まず1つ目のイヤホンはこちら!!

 

ZERO AUDIO  ZH-DX210-CB【CARBO BASSO】

 

こちらのイヤホンは低価格帯ながら

力強い低音の効いたサウンドが魅力のイヤホンです。

オーケストラの迫力ある演奏もしっかりと表現してくれるだけでなく、

音場も広いのでホールの空気感もしっかりと感じることができるイヤホンだと思います。

低音が特にしっかり出ている印象なのですが、

音の輪郭がはっきりしているのでとても聴きやすいのではないかと思います。

コストパフォーマンスがとてもいいイヤホンだと思うので、

イヤホンの入門機としてもオススメの1本です。

 

 

2本目のイヤホンはこちら

 

final  Heaven II

 

このイヤホンの特徴は音場の広さと音の綺麗さにあると感じました。

まるで自分がホールにいるような空間表現の広さと、

音の一つ一つの鮮明さが際立っているように感じました。

特に女性の歌手の曲を聴くと、その音の綺麗さ、線の細さに驚かされました。

しかし、音の線が細く弱々しい感じではなく、

しっかりと芯のある音の細さなので音の細部まで聴きとりやすく、

音がこもらないすっきりとした音のイヤホンです。

コチラのイヤホンはブラックとブルーグレーの2色展開となっております。

 

 

3本目のイヤホンはこちら

 

ONKYO  E700MB

 

このイヤホンは、当店のスタッフ8名が点数を付けて順位を決める企画、

『《アラウンド10000円》専門店スタッフが選ぶA10000イヤホン第二弾』

において第1位を獲得したイヤホンです!!

その音はさすがの一言!!

全帯域の音を高いレベルで鳴らしてくれるイヤホンです。

特に中高音の描写がとても綺麗に表現されていて、

金管楽器などの音は抜けがとてもよく、

スーッと伸びていきます。弦楽器などのリアリティのある表現も魅力的です。

低域に関しては、男性ヴォーカルなどの力強い音もしっかりと鳴らしてくれるので、

全体的にとてもバランスの取れたサウンドです。

コチラのイヤホンはブラックとホワイトの2色がございます。

 

 

4本目のイヤホンはこちらです!!

 

JVC  HA-FX1100

 

このイヤホンは“ウッドハウジング”といって、

イヤホンの本体部分に木を使用しているイヤホンです。

その音は、全体的に温かみがあり、迫力のあるサウンドです。

音の解像度も高く、音の1つ1つがはっきりと聞こえ、

弦楽器の音が特にリアリティある印象を受けました。

またこのイヤホンはMMCXコネクタを採用しているので、

リケーブル(ケーブルの交換)が可能なモデルとなっています。

ケーブルを変えて音質変化を楽しめるのも魅力の1つだと思います。

バランス的に中低音重視のイヤホンなので、

力強い音を求める方に特におすすめしたい1本です。

 

最後の1本はこのイヤホン

 

SENNHEISER  IE800

 

コチラのイヤホンはSENNHEISERのハイエンド機であり、

それに恥じない高いポテンシャルを持っているイヤホンです!!

まず音場の広さが素晴らしい!!

まるでヘッドホンで音楽を聴いているような空間の広さがあります。

本体がかなり小さいので、

どこからこんなに広い音場が作られているのか不思議な気持ちになります。

しかし、音がぼやけることは無く高音域、中音域、低音域すべての帯域の音を

高解像度かつダイナミックに鳴らしてくれるイヤホンです。

ハイエンド機に興味がある方は是非1度ご試聴ください!!

 


 

 

以上、『オペラに合うイヤホン・すーさんセレクション』でした!!

お楽しみいただけましたか?

これを機に皆様も是非オペラを聴いてみてはいかがでしょうか!!

 

そして次回予告!

次回はジャンル別オススメイヤホンVol.20!

 ブログバナー

 

日本橋店のマツコさんによる『フュージョン』編です!

乞うご期待!

 

<シリーズ一覧>
【#1 EDM編】厳選!音楽ジャンル別オススメイヤホン紹介!【スタッフなかたく推し】

■【#2 ロック編】厳選!音楽ジャンル別オススメイヤホン紹介!【スタッフまみたす推し】

■【#3 テクノ編】厳選!音楽ジャンル別オススメイヤホン紹介!【スタッフ大先生推し】

■【#4 ソウル編】厳選!音楽ジャンル別オススメイヤホン紹介!【スタッフたらお推し】

■【#5 ハードコア編】厳選!音楽ジャンル別オススメイヤホン紹介!【スタッフきくちゃん推し】

■【#6 メタル編】厳選!音楽ジャンル別オススメイヤホン紹介!【スタッフいぺ推し】

■【#7 HOUSE編】厳選!音楽ジャンル別オススメイヤホン紹介!【スタッフゆーきゃん推し】

■【#8 ヒップホップ編】厳選!音楽ジャンル別オススメイヤホン紹介!【スタッフ ナオキ推し】

■【#9 VOCALOID編】厳選!音楽ジャンル別オススメイヤホン紹介!【スタッフねこ推し】

■【#10 演歌編】厳選!音楽ジャンル別オススメイヤホン紹介!【スタッフやまちゃん推し】

■【#11 吹奏楽編】厳選!音楽ジャンル別オススメイヤホン紹介!【スタッフジェル推し】

【#12 インストゥルメンタル編】厳選!音楽ジャンル別オススメイヤホン紹介!【スタッフかじかじ推し】

■【#13パンク編】厳選!音楽ジャンル別オススメイヤホン紹介!【スタッフターシー推し】

■【#14ファンク編】厳選!音楽ジャンル別オススメイヤホン紹介!【スタッフけいちゃん推し】

■【#15クラシック編】厳選!音楽ジャンル別オススメイヤホン紹介!【スタッフシュガー推し】

■【#16 ブルース編】厳選!音楽ジャンル別オススメイヤホン紹介!【スタッフ とんぼ推し】

■【#17K-POP編】厳選!音楽ジャンル別おすすめイヤホン紹介!【スタッフあんこ推し】

■【#18 ジャズ編】厳選!音楽ジャンル別オススメイヤホン紹介!【スタッフハセケン推し】

 

秋葉原店すーさんがお送りしました(*´ω`*)

 

 

すーさん
SHIBUYA TSUTAYA店店長のすーさんです。 趣味は釣り&「みんなのGOLF」!! 釣りに行く際はご一報ください!! 愛機:QP1R、AK70 愛用イヤホン:MAVERICK 、ES60、UM Pro30 、IE 800、        HERMES-VI W/ADEL-B1、RE800J、RE2000などなど
  

この記事を読んだ人におすすめ