100px-ameblo-Distinction-k-chan_nagoya_2

ども、けいちゃんです。

 

音楽ジャンル別イヤホンブログ

お楽しみいただけているでしょうか?

 

14回目はわたくし けいちゃんがお送りします!

今回のジャンルは“ファンク”でございますよー

 

主に邦楽バンドをよく聴く僕ですが、ファンクと言われてパッと答えられませんでした。お恥ずかしい。

なので、まずはファンクってなんぞや?というところからいきましょうか。

 

■ファンクって?

ファンク(funk)は音楽のジャンルのひとつであり、その中でもアフリカ系アメリカ人(黒人)起源のソウル・ミュージックのジャンルに属す。ファンク・ミュージックの大きな特徴は、バックビート(裏拍)を意識した16ビートのリズムとフレーズの反復を多用した曲構成である。ダンス・ミュージックとしての色彩も強いため、とりわけリズムはファンクを位置づける大きな要素となっており、分厚くうねるベースライン、鋭いリズムギター、強いリズムのホーンセクションなど、演奏楽器のすべてがファンクビートを形成していると言える。ベースにはスラッピング、ギターにはカッティングという奏法技術が多用される。(wikipediaより抜粋)

 

ほほう。

昔すこしだけベースを触っていたのですが、このファンクというジャンル…

演奏するのが非常に難しい!だからこそかっこいい!

聴いているだけで体を揺らしたくなります。

 

 

 

普段ファンクは聴かないのですが、必死にiPodの中を探した結果。

ありました。

primus

 

 

■Youtube:Primus – Tommy The Cat

 

セイベベ!

 

Primus(プライマス)はアメリカ出身のオルタナティヴロックバンド。ベース&ボーカルのレス・クレイプールの高度過ぎるベーステクニックは一度聴くと耳から離れません。ライブ映像も調べると出てくるのでぜひ一度見てみてください!

Tommy The Catはファンキーなベースにメタルっぽいギター・ドラムが入った、ファンクメタルとも呼ばれるような一曲です。

 

それでは早速ファンクにオススメなイヤホンを一挙ご紹介!

 

 

■final adagio II

adagio ii

 

 

 

 

ダイナミック型で5,000円以内、まずはadagio IIをご紹介!

意外や意外、finalのイヤホンがファンクに合うなんて思っていなかったです!想像以上に低音域の量が多く、ドラム・ベースの質感がとてもグッド!!少し高音域の粗さが目立ちますが、この年代の音源と相性はバッチリで、そこがまたイイんです。ベース弦のダルッとした振動、締まりの悪いバスドラムもイイ!
グルーヴに満ち溢れたこの曲のおいしいところを楽しめます。

 

 

■Astrotec LYRA6

lyra6

 

 

開放型イヤホンでファンクもいいじゃない!?
カナル型と比べて低音域の量感は減りますが、ボーカルを聴きこみたい時にはLYRA6がオススメです!多少ドライでサラリとした聴き心地ですが、中音域がスムースでコレも“あり”な組み合わせ。サウンドステージも広く音の余韻もしっかりと楽しめますよ。外で使用すると騒音に低音域が負けてしまうのでノリが悪くなるかもしれません。が、開放型イヤホンで聴きたい方も多いですよね。オススメです。

 

 

■NOBLE Audio Savanna

savanna

 

 

最近密かに購買意欲を掻き立てられているイヤホンがNOBLEのSavanna。音の分離感が良くオールジャンル対応できる万能イヤホンと言えます。試聴曲のベースの手数が多くゴチャゴチャした印象を受けますが、このイヤホンなら聴き疲れもしなさそうです。グルーヴを感じるにはポタアンやリケーブルがあれば尚良しという感じでしょうか。どのパートを聴いても質感の再現度が高く、ハイレベルなイヤホンです。スッキリと抜けの良いボーカルは聴いていて飽きないですね。

 

 

■Unique Melody Macbeth

macbeth

 

 

『ハイレベルすぎるエントリーモデル』とはよく言ったもので、これまた相性バッチリです!締めるところは締める、ノリが欲しいところはドシッと深い低音域が楽しいですね。レンジが広く、音数が増えても窮屈さを感じさせません。ギターのキレも良く、唸るベースとしっかりすみわけされています。ハイブリッド型イヤホンのおいしいところを上手に活かしています。eイヤホン名古屋大須店スタッフたっきー(@eear_tackey)の愛機でもあるMacbeth。彼は普段こんなにもイイ音を聴いているなんて羨ましい・・・。

 

 

■Ultimate Ears UE11pro

ue11pro

 

 

最後はカスタムIEMからUE11pro!!僕の初めてのカスタムIEM。特に思い入れが強いです。

音質はというと、骨太で脳に攻め込んでくる低音域が最高に気持ちいい!ベースのスラップを聴いた日にゃもう忘れらんないですよ。サウンドステージも広めでベーシストモニターということもあり、リスニングからステージモニターまで幅広く使っていただけるのではないかと思います。うねるベースライン、量感のあるドラム、キレのあるギターとバンドものを聴くには最高のイヤホンです。もちろん今回のファンクにも最高の相性を発揮するはずです。UE11proは最強。

 

 

いかがでしたか。

何気なく聴いている音楽も、イヤホンを変えるだけで随分と印象が変わります。ファンクを聴いているアナタのイヤホン選びに少しでも参考になりましたら幸いです。

 

さーて!次回の音楽ジャンル別ブログは!?

100px-ameblo-Distinction-sugar

秋葉原店のシュガーがお送りするクラシック編!

クラシックって特にイヤホンの性能が問われるジャンルですよね!

僕も気になるその内容に期待!!

 

それではけいちゃんでした~

 

<シリーズ一覧>
【#1 EDM編】厳選!音楽ジャンル別オススメイヤホン紹介!【スタッフなかたく推し】
■【#2 ロック編】厳選!音楽ジャンル別オススメイヤホン紹介!【スタッフまみたす推し】
■【#3 テクノ編】厳選!音楽ジャンル別オススメイヤホン紹介!【スタッフ大先生推し】
■【#4 ソウル編】厳選!音楽ジャンル別オススメイヤホン紹介!【スタッフたらお推し】
■【#5 ハードコア編】厳選!音楽ジャンル別オススメイヤホン紹介!【スタッフきくちゃん推し】
■【#6 メタル編】厳選!音楽ジャンル別オススメイヤホン紹介!【スタッフいぺ推し】
■【#7 HOUSE編】厳選!音楽ジャンル別オススメイヤホン紹介!【スタッフゆーきゃん推し】
■【#8 ヒップホップ編】厳選!音楽ジャンル別オススメイヤホン紹介!【スタッフ ナオキ推し】
■【#9 VOCALOID編】厳選!音楽ジャンル別オススメイヤホン紹介!【スタッフねこ推し】
■【#10 演歌編】厳選!音楽ジャンル別オススメイヤホン紹介!【スタッフやまちゃん推し】
■【#11 吹奏楽編】厳選!音楽ジャンル別オススメイヤホン紹介!【スタッフジェル推し】

【#12 インストゥルメンタル編】厳選!音楽ジャンル別オススメイヤホン紹介!【スタッフかじかじ推し】

■【#13パンク編】厳選!音楽ジャンル別オススメイヤホン紹介!【スタッフターシー推し】

 

 

 

↓店舗案内↓

けいちゃん
e☆イヤホンSHIBUYA TSUTAYA店スタッフです。 【愛用イヤホン】 Heir 10.A / UE11pro / 1964-Qi / SE215SPE-A 現在はiPodからいかに高音質を狙えるか模索中。 自転車趣味も増えて金欠真っ只中。 休みの日は昼に寝て夜にサイクリングする性質。
  

この記事を読んだ人におすすめ