こんにちは!秋葉原店のきーちゃんです。

段々と2016年も終わりに近づいてきておりますが皆様いかがお過ごしですか?

本日最初の1枚はこちらです!

IMG_2269

普段は鍵盤のプレイばかりですが、これも私の大事な楽器です♪

 

 

 

 さて、本題はこちらです↓

 タイトル

【バックナンバーはこちらから】

■第1回 Apple iPod classic の巻 (旧ブログ)
■第2回 SONY ウォークマンFシリーズ の巻 (旧ブログ)
■第3回 FiiO X3 の巻 (旧ブログ)
■第4回 FiiO X5 の巻 (旧ブログ)
■第5回 iBasso Audio DX90j の巻 (旧ブログ)
■第6回 AK100&AK100MKIIの巻 (旧ブログ)
■第7回 AK100IIの巻 (旧ブログ)
■第8回 AK120&AK100II を大比較!の巻
■第9回 FiiO X1の巻【発売記念】
■第10回 AK120IIの巻
■第11回 Lotto PAW Goldの巻
■第12回 SONY NW-Aシリーズの巻
■第13回 SONY NW-ZX1の巻
■第14回 SONY NW-ZX2の巻
■第15回 AK240&AK240SSの巻
■第16回 AK240&NW-ZX2&PAW Gold の巻
■第17回 Digital&Analog Calyx M の巻
■第18回 Acoustic Research AR-M2の巻 【発売記念】

■第19回 xDuoo X2の巻

■第20回  FiiO X3 2nd generationの巻 【発売記念】

■第21回 AK Jrの巻【発売記念】

■第22回 Lotoo PAW5000 の巻

■第23回 COWON PLENUE 1&PLENUE M の巻

■第24回 FiiO X5 2nd generation の巻【発売記念】

■第25回 AP100の巻

■第26回 AK380の巻

■第27回  Cayin N5の巻

■第28回 SONY NW-ZX100 の巻

■第29回イーイヤの日特別編:カテゴリー別で選ぶ!オススメプレイヤー の巻 

■第30回 ONKYO DP-X1の巻

■第31回 FiiO X7の巻

■第32回 Questyle QP1R の巻

■第33回 COWON PLENUE D の巻

■第34回 Pioneer XDP-100R の巻

■第35回 COWON PLENUE S の巻

■第36回 iBasso Audio DX80 の巻

■第37回 Acoustic Research AR-M20 の巻【発売記念】

■第38回 IRIVER Astell&Kern AK70 の巻【発売記念】

■第39回  Luxury&precision L3の巻

■第40回 SHANLING M2の巻

■第41回 IRIVER Astell&Kern AK70 & Mojo &DIGNIS avec Red for AK70 and mojo の巻【番外編】

■第42回 Cayin i5 DAP の巻

 

 

 

本日ご紹介するのは10/28に発売されたばかりのプレイヤーです。じゃんっ。

メイン1

Pioneer XDP-300R

 

 ■メーカー製品情報はこちら

 

カラバリはXDP-100Rと同様ブラックとシルバーの2色展開です。

今回はブラックの実機で撮影をしていますが、シルバーはクールなイメージのブラックとは一転、とても明るい印象です。

こちらもオススメです!

 

 以前、Pioneer のプレイヤーXDP-100Rをご紹介しました!こちらも現行モデルのプレイヤーです。

XDP-100Rについて詳しく知りたい方はこちらをご覧ください。

■第34回 Pioneer XDP-100R の巻

 
 
 

 ■付属品

・Micro USBケーブル(1.0 m)※充電・データ転送用

 多くのプレイヤーの付属品となっている保護フィルムや、専用ケースは付属しておりません。

専用ケースは近日発売されるようです。

 

 

 

私が思う、XDP-300R の魅力はこちらの3点!

①2.5㎜4極バランス出力を新たに搭載!※旧XDP-100R比

②更に、2つのバランス駆動を選択可能!

③Android搭載、細かな設定まで配慮されたプレイヤー!

 

 

 

まずは、

iphone-1

iPhone 6sとの比較1

 XDP-300Rの方が横の長さがあります。

iPhone 6sの方が全体的に丸みを帯びていますね。iPhone 6sと並べてしまうと、がっしり感が増して見える気がします。

 

 

 

iphone-2

iPhone 6sとの比較2

 厚さはiPhone 6sの2倍程ありますね。

 

 

 

100と 1 

XDP-100R(左)との比較1

 XDP-100Rに付いていた、トップバンパーとボトムバンパーが無くなりました。

その為かXDP-300Rの方が一回り小さく見えますが、

実際バンパーを外すと縦と横の長さは一緒で、厚さが XDP-300Rの方が約3㎜薄くなります。

操作性はXDP-100Rと変わらずタッチパネルです。タッチパネル操作でのプレイヤーが今や主流ですね。

 

 

 

100と 2

XDP-100R(左)との比較2

 続いて横から見てみます。ブラックカラーはボリュームノブの色が変更されました。ゴールドでかっこいいです!

 

 

 

それではXDP-100RXDP-300Rを以下の観点から比較してみます。

■価格

XDP-100R:¥42,705-

XDP-300R¥75,380-

¥33,000-の差があります。 ※2016年11月17日時点eイヤホンWEB本店の価格

XDP-100Rは後継機登場で大幅に値下がっておりますが、発売当時は65、00

 

■操作性

XDP-100R:

XDP-300R

 操作性に変わりはありません。Android搭載でサクサク動作します。

 

■DAC

XDP-100R:ESS社製SABRE ES9018K2M×1

XDP-300R:ESS社製SABRE ES9018K2M×2

 

 

 

外観

外観

正面からと側面からの比率が揃っておらずすみません。。

ディスプレイ面積が大きく、スマホ感覚で操作が出来ます。

 

 

 

手

重量:約200 g

XDP-100Rがバンパーを除いて約198gだったので、ほとんど変わりません。

個人的な意見ですが、ポケットに入れて持ち歩くには少々大きい気がします。

 

 

 

前

正面

 ・大画面4.7インチ(1280×720)

静電容量型ディスプレイ

先程までCDのアルバムアートワークがディスプレイからはみ出して表示されていましたが、

設定を変更してみると綺麗におさまりました。

写真は再生中ディスプレイになります。ディスプレイが大きいので一気に情報を見渡すことが出来ますね。

 

 

 

 ディスプレイを右から左へとスワイプすると・・・

メニュー

各種設定画面 が現れます。

 様々な設定を是非色々と触って遊んでみてくださいね。

 

 

 

背面

背面

 特に何もありません。中心部にPioneerのロゴが入っています。

 

 

 

右

右側面

上から

電源ボタン

曲送り/早送り

再生/停止ボタン

曲戻し/巻戻し

デュアル microSD スロット×2(最大 200 GB×2,SDXCに対応)

 

内蔵メモリ 32 GB(システム領域含む)
内蔵メモリを含め計432 GB まで拡張可能

 

 

 

左

左側面

161段階の緻密な調節が可能な音量ノブ (Lock モードあり)

個人的には、ボリュームノブは右側面にある方が使いやすいです。

 

 

 

上部

上部

左から

2.5 mm 4極バランスヘッドホン出力
(Line out モード対応)

3.5 mm 3極ヘッドホン出力(Line out モード対応)

 

XDP-100Rにバランス接続は搭載されておりません。

 

 

ここでご注目頂きたいポイントは、

一般的な「BTL 駆動」「ACG(アクティブコントロールGND)駆動」が選択可能!

DSC_6262

 バランス出力設定

 

「ACG(アクティブコントロールGND)駆動」の特徴

・聴感S/Nが向上し、立体的でクリアな空間表現が可能に。
・ハイレゾ音源の強みである低域の輪郭がより明瞭になり、グッと沈み込む低音に。
・全体的にキレのある音離れのよいサウンドに。

 ということで、後程この変化もレビューします!

 

 

 

下部

下部

マイク←小さな丸い穴です。

Micro USB-B/OTG デジタル出力
(充電・データ転送端子兼用)

 XDP-100Rに付いていたスピーカーは無くなりました。

 

 

 

聴いてみた

聴いてみた!

再生時間 約16時間(96 kHz/24 bit FLAC アンバランス再生時)

 試聴イヤホン↓

DENON AH-C710(第1回から同じイヤホンで試聴しています。)

残念ながら生産終了となってしまいました。。中古で見つけた際は是非ご試聴してみてくださいね。

 

最初の試聴アルバムは上原ひろみさんの『SPARK』です。

そういえば・・・上原ひろみさんのジャパンツアーがスタートしました!勿論聴きに行きます!

生音はやっぱりたまらない興奮がありますね、とっても楽しみです!

話が逸れてしまいましたが、、早速レビューです!

まず感じたのは、低音の押し出し感の強さです。低域が全体の一歩前を行っているような、そんな印象を持ちました。

なので、グルーブ感のあるサウンドには特に相性の良いプレイヤーだと私は思います。音場は広がり過ぎず、定位も安定して聴こえます。

全体域通して音の柔らかさが感じられました。

続いての試聴アルバムは坂本真綾さんの『ハチポチ』です。

こちらも低音の存在感が強い印象を受けました。真綾さんのボーカルとの相性はぴったりですね。

音の伸びが気持ちよく、ずっと聴いていたくなるサウンド感でした。

 

又、先程ご紹介したバランス接続でも試聴してみました。

試聴に用意したのは、Resonate HS1005 Shading Silver です。

 

通常のバランス接続「BTL 駆動」では、若干音に締まりが出て、硬くなる印象を持ちました。

更に「ACG(アクティブコントロールGND)駆動」に切り替えると、音の細やかさが増した印象を持ちました。

アンバランスとバランスでの印象はかなり変わると思います!

是非バランス対応イヤホンと一緒にご試聴してみてくださいね。

 

 

■対応オーディオ形式

DSD(DSF/DSDIFF)/FLAC/ALAC/WAV/AIFF/MQA/OggVorbis/MP3/AAC

 

■再生対応サンプリング周波数および量子化ビット数

44.1 kHz/48 kHz/88.2 kHz/96 kHz/176.4 kHz/192 kHz/352.8 kHz/384 kHz(16 bit/24 bit/32 bit*)

※32 bit float/integerは24 bitにダウンコンバートして再生

DSD 2.8 MHz/5.6 MHz/11.2 MHz(1 bit)、PCMに変換して再生

 

 

 

EQ

EQ設定

最大16 384 バンド(周波数帯域)の音量が調整できる高精度グラフィックイコライザー。

設定したイコライジングカーブは、最大1 000件まで保存・読み込みが可能です。

位相ズレなどの劣化を防ぐリニア位相FIRフィルターなど音質を追求する機能も搭載されています。

 

 

 

■その他スペック

OS :Android™ OS 5.1

Wi-Fi 802.11a/b/g/n/ac(Wi-Fi Direct/WPS)

Bluetooth® プロファイル:A2DP/AVRCP/HSP/OPP/HID/PAN

コーデック:SBC/aptX

対応プレイリスト方式 M3U/PLS/WPLU/PLS/WPL

対応ビデオ形式 H.263/H.264 AVC/H.265 HEVC/MPEG-4 SP/VP8/VP9

対応静止画形式 JPEG/GIF/PNG/BMP/WebP

実用最大出力 75 mW + 75 mW (Unbalanced, JEITA)

150 mW + 150 mW (Balanced/JEITA)

歪率 0.006 %以下

S/N比 115 dB以上

再生周波数帯域 20 Hz ~ 80 000 Hz

対応インピーダンス Unbalanced: 16 Ω ~ 300 Ω/Balanced: 32 Ω ~ 600 Ω

ゲイン切替え Low 2/Low 1/Normal/High

 

 

 

大事なのでもう一度書かせて頂きます!

私が思う、XDP-300R の魅力はこちらの3点!

①2.5㎜4極バランス出力を新たに搭載!※旧XDP-100R比

②更に、2つのバランス駆動を選択可能!

③Android搭載、細かな設定まで配慮されたプレイヤー!

 

 

 

【WEBでのご注文はこちら】

 

 

 

 

 

【最後に】

最後まで読んで頂きありがとうございます!

第43回 Pioneer XDP-300Rの巻 はいかがでしたか?

もうすぐクリスマスですね。プレゼント選びにオーディオプレイヤーはいかがですか?

自分への頑張ったご褒美にも!是非店頭に遊びに来て色々触ってみてくださいね。

皆様のご来店、スタッフ一同お待ちしています。

以上、秋葉原店のきーちゃんがお送りしました。

Twitterもよろしくお願いします。→@eear_kiichan

 

 

 

【バックナンバーはこちらから】

■第1回 Apple iPod classic の巻 (旧ブログ)
■第2回 SONY ウォークマンFシリーズ の巻 (旧ブログ)
■第3回 FiiO X3 の巻 (旧ブログ)
■第4回 FiiO X5 の巻 (旧ブログ)
■第5回 iBasso Audio DX90j の巻 (旧ブログ)
■第6回 AK100&AK100MKIIの巻 (旧ブログ)
■第7回 AK100IIの巻 (旧ブログ)
■第8回 AK120&AK100II を大比較!の巻
■第9回 FiiO X1の巻【発売記念】
■第10回 AK120IIの巻
■第11回 Lotto PAW Goldの巻
■第12回 SONY NW-Aシリーズの巻
■第13回 SONY NW-ZX1の巻
■第14回 SONY NW-ZX2の巻
■第15回 AK240&AK240SSの巻
■第16回 AK240&NW-ZX2&PAW Gold の巻
■第17回 Digital&Analog Calyx M の巻
■第18回 Acoustic Research AR-M2の巻 【発売記念】

■第19回 xDuoo X2の巻

■第20回  FiiO X3 2nd generationの巻 【発売記念】

■第21回 AK Jrの巻【発売記念】

■第22回 Lotoo PAW5000 の巻

■第23回 COWON PLENUE 1&PLENUE M の巻

■第24回 FiiO X5 2nd generation の巻【発売記念】

■第25回 AP100の巻

■第26回 AK380の巻

■第27回  Cayin N5の巻

■第28回 SONY NW-ZX100 の巻

■第29回イーイヤの日特別編:カテゴリー別で選ぶ!オススメプレイヤー の巻 

■第30回 ONKYO DP-X1の巻

■第31回 FiiO X7の巻

■第32回 Questyle QP1R の巻

■第33回 COWON PLENUE D の巻

■第34回 Pioneer XDP-100R の巻

■第35回 COWON PLENUE S の巻

■第36回 iBasso Audio DX80 の巻

■第37回 Acoustic Research AR-M20 の巻【発売記念】

■第38回 IRIVER Astell&Kern AK70 の巻【発売記念】

■第39回  Luxury&precision L3の巻

■第40回 SHANLING M2の巻

■第41回 IRIVER Astell&Kern AK70 & Mojo &DIGNIS avec Red for AK70 and mojo の巻【番外編】

■第42回 Cayin i5 DAP の巻

 

 

きーちゃん
作編曲したり、鍵盤弾きます。 上原ひろみさんが大好きです。
  

この記事を読んだ人におすすめ