こんにちは!秋葉原店のきーちゃんです。

本日最初の一枚はこちら!

私の音楽の原点はエレクトーンです。

2

来月、昨年のコンクールのセミファイナルで出逢った仲間と自主ライブをします。

絶賛準備中です。。

 

 

 

さて、本題はこちらです↓

タイトル

【バックナンバーはこちらから】

■第1回 Apple iPod classic の巻 (旧ブログ)
■第2回 SONY ウォークマンFシリーズ の巻 (旧ブログ)
■第3回 FiiO X3 の巻 (旧ブログ)
■第4回 FiiO X5 の巻 (旧ブログ)
■第5回 iBasso Audio DX90j の巻 (旧ブログ)
■第6回 AK100&AK100MKIIの巻 (旧ブログ)
■第7回 AK100IIの巻 (旧ブログ)
■第8回 AK120&AK100II を大比較!の巻
■第9回 FiiO X1の巻【発売記念】
■第10回 AK120IIの巻
■第11回 Lotto PAW Goldの巻
■第12回 SONY NW-Aシリーズの巻
■第13回 SONY NW-ZX1の巻
■第14回 SONY NW-ZX2の巻
■第15回 AK240&AK240SSの巻
■第16回 AK240&NW-ZX2&PAW Gold の巻
■第17回 Digital&Analog Calyx M の巻
■第18回 Acoustic Research AR-M2の巻 【発売記念】

■第19回 xDuoo X2の巻

■第20回  FiiO X3 2nd generationの巻 【発売記念】

■第21回 AK Jrの巻【発売記念】

■第22回 Lotoo PAW5000 の巻

■第23回 COWON PLENUE 1&PLENUE M の巻

■第24回 FiiO X5 2nd generation の巻【発売記念】

■第25回 AP100の巻

■第26回 AK380の巻

■第27回  Cayin N5の巻

■第28回 SONY NW-ZX100 の巻

■第29回イーイヤの日特別編:カテゴリー別で選ぶ!オススメプレイヤー の巻 

■第30回 ONKYO DP-X1の巻

■第31回 FiiO X7の巻

■第32回 Questyle QP1R の巻

■第33回 COWON PLENUE D の巻

■第34回 Pioneer XDP-100R の巻

■第35回 COWON PLENUE S の巻

■第36回 iBasso Audio DX80 の巻

■第37回 Acoustic Research AR-M20 の巻【発売記念】

■第38回 IRIVER Astell&Kern AK70 の巻【発売記念】

 

 

 

前回AK70のブログをかなりがっつりと書かせて頂きましたが、

AK70に限らず続々と新しいオーディオプレイヤーが発売されています!

本日ご紹介するのはこちら!

メイン

Luxury&precision  L3

 

 

 

■メーカーさん製品情報はコチラ

 

Luxury&precisionとは・・・

名機と評価され世界中のユーザーに愛された「COLORFLY C4」を設計したエンジニアリングチームが、

さらに上を目指し、理想のオーディオプレイヤーを創り上げるために、

Luxury(豪華)とPrecision(精密)をブランド名に「精密機器レベルの性能」、「忠実の音再現」、「美しい質感」を追求する為に立ち上げたオーディオブランド

とのことです。このLuxury&precisionのプレイヤーを記事にするのは今回が初めてです。

現行機種に”L5 PRO”というモデルがありますが、今回ご紹介するL3はお値段がL5 PROの約半分、

Luxury&precisionのエントリーモデルという捉え方になるかと思います。

5万円以下でプレイヤーをお探しの方には是非最後までチェックしていただきたいです!

それでは早速徹底解析したいと思います!

 

 

 

■付属品

・専用ケース

・Micro USB-Bケーブル

・画面保護フィルム

・保証書

・取扱い説明書

 

 

 ケース

 

 付属ケース装着

ケースがお洒落ですね!

シックで落ち着いたデザインに惹かれます。色は淡いブルーです。手に馴染みやすい質感です。

個人的に、AKシリーズのケースに比べて頑丈な印象です。

 

 

 

ケース裏

 ケース裏面

そして私にはケースの着脱にかなりの力が必要でした。。

かなり下から押し上げないと抜けません。。個体差もあると思います。

又、L3に限ったことではないですが、SDカードスロットがある部分が空いていれば更に使いやすいのにと少し残念に思います。

接続部は空いているので、不便はありません。

 

 

 

私が思うL3の魅力はこちらの3点!

①5万円でお釣りがくるとは思えないスペック!

②デュアルDAC搭載!ハッキリとした硬めな音作りが魅力的!

③長く使いたくなるスタイリッシュなデザインと付属ケース!

 

 

 

外観

外観:

サイズ(W×H×D) W:約60×H:約114×D:約15.2(mm)

個人的にはAK100IIと1番外観が似ているかなと思いましたが、

実際並べて手にとってみるとAK100IIの方がスリムで私の小さい手には収まりやすい感じがします。

AKシリーズと比較するならば、AKシリーズは物理ボタンが左側面にありますが、このL3は右側面と上部にあります。

上部に物理ボタンがあることは珍しいです。これまでご紹介してきたプレイヤーの中でも無いデザインですね。

又、ボリュームダイヤルが本体の中に収まっているデザインはLotto PAW Goldと似ていますね。

出っ張っている部分が無く、持ち歩きやすいと私は思います。

 

 

 

 持ったところ

重量:約165g

 ポータブルプレイヤーの中では標準的な重さではないでしょうか。

片手で操作出来るサイズ感です。

 

 

 

 正面

正面

・ディスプレイサイズ:(3.5インチ(480×320)

独自のOSが搭載されています。

無駄なバッテリー消費が無い分、音作りに拘り抜かれた1台ではないでしょうか。

 

上部左から、

・ファンクションボタン2つ

・ロックボタン

・ボリュームダイヤル(0~60

 

ファンクションボタンは自分が頻繁に使う機能をカスタマイズ出来ます。

■設定の仕方

設定アイコン→高度な設定→キー設定

C1キー設定、C2キー設定それぞれ可能です。

個人的には、”戻る”をどちらかに設定しておくのが使いやすいかなと思います。

 

ロックボタンは誤動作を防ぐために便利です。

 

ここで1点タッチパネルに関しての注意点です。

スライド操作は利用出来ません。慣れない私は何度も指を滑らせてしまいます。

なので、次ページにいきたい場合はディスプレイ内下部に配置されている矢印をタップします。

ピンポインjントで曲のある場所に一気に飛ばすことが出来ないので、聴きたい部分まで物理ボタンかディスプレイ内の早送りを利用します。

 

再生画面はアルバムアートワークが、サイズは小さいですが全面が表示されます。

再生ファイル形式も同画面上で確認出来ます。

 

 

 

ボリューム部

ボリュームダイヤル部拡大

ダイヤル式のデザインかっこいいですね!

ボリュームダイヤル表面はギザギザしており、滑り止めの役割を担っています。

この手のデザインのボリュームダイヤルは回すとディスプレイが切り替わるものが多いですが、

このL3は画面上部にボリューム数値が小さく表れる表示方式となっています。

右回しでボリュームが下がります。個人的には右回しで上がってほしいところですが、

この設定はどうやら変更できないようです。

 

このL3のように横に回すタイプ、AKシリーズのように縦に回すタイプ、この辺りの使い勝手は実際試していただくのが一番良いと思います。

音は良いのに操作感でストレスを感じてしまうのは勿体無いです!

 

 

 

 背面

背面

裏面はツルツルした手触りです。

Luxury&precisionのロゴが下部に印字されています。又、真ん中少し上に頭文字である”L”が配置されています。

背面全体がタイルを敷き詰めたようなデザインとなっています。

 

 

 

上部 

上部

上部にボタンのアイコンが書かれています。

 

■DACチップ:Cirrus Logic CS4398×2

L、Rチャンネルを完全分離しているバランス回路で設計されています。

デュアルDAC、そして出力方式もバランス接続、同軸デジタルと多くの方に満足頂ける1台です。

 

 

 

下部

下部

■充電時間: 約6時間

 

左から、

・ヘッドホン端子 :アンバランス出力 3.5mm 3極ヘッドホン出力

・バランス出力 :2.5mm 4極バランスヘッドホン出力(先端からR- R+/L+ L-)

・ラインアウト/コアキシャル出力(兼用)×1 

・USB(マイクロB)×1

 

■USB DAC機能搭載

パソコンやスマートフォンと直接接続し、USB-DACとしても使用可能です。勿論バランス出力も利用可能です。

 

 

 

右 

右側面

内蔵容量: 16GB

上から

・再生/一時停止

・曲戻し/巻き戻し

・曲送り/早送り

・microSDカードスロット×1スロット (SDXCに対応、 最大128GB

FAT32フォーマットのみ対応

お持ちのSDカードでは再生出来ない可能性がございます。

大事なデータが消えないようご注意下さい!

 

 

 

左

左側面

特に何もありません。

 

 

 

イヤホンと

聴いてみた!

操作感に関してはこれまで辛口意見を言ってきてしまったような気がしますが。。

肝心なのは音ですね!ということで早速レビューをします。

試聴イヤホン↓
DENON AH-C710(第1回から同じイヤホンで試聴しています。)

 

試聴楽曲は普段通り、上原ひろみさんと坂本真綾さんの楽曲です。

個人的に感じたのは、音の輪郭が硬めな音作りであることです。

引き締まったピアノの音は、個人的にとても聴きやすく、上原さんの繊細な表現力を醸し出してくれています。

又、音そのものに集中出来るリスニング環境を提供してくれる1台とだと私は思います。

お持ちのイヤホンやヘッドホン本来の音を味付けせずに鳴らしてくれる印象を持ちました。

音場は広すぎず狭すぎず、適度な空間が再現されています。

ノイズの少なさも持ち味であるプレイヤーです。ストレスなく音楽に浸れます!

先程ご紹介した通り、3.5㎜アンバランス出力に加えて、2.5mmバランス出力 、

ラインアウト/コアキシャル出力も使用可能です。その仕様も含め、コスパの高さ感じて頂けると思います!

 

 

 

■主な対応ファイル形式 DSD(DIFF、DSF、ISO)/WAV/FLAC/ALAC/WMA/MP3

■対応サンプリング周波数/量子化ビット数

PCM: 最大192kHz/24bit

DSD :最大5.6MHz/1bit(ネイティブ再生)

 

■連続再生時間(再生環境)

アンバランス :約10時間 ※16bit 48kHz FLAC再生時
バランス 約8時間 ※16bit 48kHz FLAC再生時

 

 

 

EQ

EQ設定画面

画面が見づらくごめんなさい。

Normal/Rock/Pop/Classic/Bass/Jazzの6種類の設定が可能です。

是非お気に入りのジャンルをこちらの設定で聴いてみてくださいね。

因みにユーザー設定は出来ません。

 

 

 

 続いて・・・

DX80

DX80との比較!

なぜこのDX80を選んだかというと、

どちらもお値段が¥49,800-(※随筆時)のプレイヤーだからです!

 DX80について詳しくはコチラ↓

■第36回 iBasso Audio DX80 の巻

 

■デザイン

L3:ボリュームダイヤルに目を惹かれる高級感溢れたデザインです。

DX80:ブラック一色のクールなデザインのプレイヤーです。

 

■音質

L3:硬めでシンプルな音作りが特徴です!癖なくイヤホン、ヘッドホンの様々な組み合わせを楽しんでいただけます!

DX80:スカッとした低域がお好みの方におススメ!

 

■重量
L3:約165g

DX80:約178g

 

■出力端子

L3:3.5mm 3極ヘッドホン出力、2.5mm 4極バランスヘッドホン出力、ラインアウト/コアキシャル出力(兼用)×1

DX80:3.5㎜PHONE OUT、3.5㎜LINE OUT、コアキシャル×1(光接続(丸型)と同軸出力が可能)

違いはバランス接続の有り(L3)、無し(DX80)です。

 

■内蔵容量

L3:16GB

DX80:無し

 

■再生時間

L3:アンバランス 約10時間/バランス 約8時間 (※16bit 48kHz FLAC再生時)

DX80:最大約13時間(※ファイル形式記載無し)

 

 

 

■その他スペック

・DACチップ:Cirrus Logic CS4398×2

・周波数特性:20Hz~20kHz ±0.5dB

・再生周波数帯域: 10Hz~40kHz

・定格出力(32Ω):アンバランス 48mW+48mW  バランス 195mW+195mW

・出力インピーダンス: 2.2Ω

・S/N比 -115dB

・全高調波歪率+ノイズ 0.0015%

 

 

 

 大事なのでもう一度書かせて頂きます!

私が思うL3の魅力はこちらの3点!

①5万円でお釣りがくるとは思えないスペック!

②デュアルDAC搭載!ハッキリとした硬めな音作りが魅力的!

③長く使いたくなるスタイリッシュなデザインと付属ケース!

 

 

 

【最後に】

最後まで読んでいただきありがとうございます!

 第39回  Luxury&precision L3の巻 はいかがでしたか?

あっという間に7月も終わり。。夏ですね!お休みのご予定はお決まりですか?

お近くへお越しの際はe☆イヤホンへのご来店、スタッフ一同お待ちしております!

次回もお楽しみに!以上、秋葉原店のきーちゃんがお送りしました。

Twitterもよろしくお願いします。→@eear_kiichan

 

  【WEBでのご注文はこちらから】

 

 

【バックナンバーはこちらから】

■第1回 Apple iPod classic の巻 (旧ブログ)
■第2回 SONY ウォークマンFシリーズ の巻 (旧ブログ)
■第3回 FiiO X3 の巻 (旧ブログ)
■第4回 FiiO X5 の巻 (旧ブログ)
■第5回 iBasso Audio DX90j の巻 (旧ブログ)
■第6回 AK100&AK100MKIIの巻 (旧ブログ)
■第7回 AK100IIの巻 (旧ブログ)
■第8回 AK120&AK100II を大比較!の巻
■第9回 FiiO X1の巻【発売記念】
■第10回 AK120IIの巻
■第11回 Lotto PAW Goldの巻
■第12回 SONY NW-Aシリーズの巻
■第13回 SONY NW-ZX1の巻
■第14回 SONY NW-ZX2の巻
■第15回 AK240&AK240SSの巻
■第16回 AK240&NW-ZX2&PAW Gold の巻
■第17回 Digital&Analog Calyx M の巻
■第18回 Acoustic Research AR-M2の巻 【発売記念】

■第19回 xDuoo X2の巻

■第20回  FiiO X3 2nd generationの巻 【発売記念】

■第21回 AK Jrの巻【発売記念】

■第22回 Lotoo PAW5000 の巻

■第23回 COWON PLENUE 1&PLENUE M の巻

■第24回 FiiO X5 2nd generation の巻【発売記念】

■第25回 AP100の巻

■第26回 AK380の巻

■第27回  Cayin N5の巻

■第28回 SONY NW-ZX100 の巻

■第29回イーイヤの日特別編:カテゴリー別で選ぶ!オススメプレイヤー の巻 

■第30回 ONKYO DP-X1の巻

■第31回 FiiO X7の巻

■第32回 Questyle QP1R の巻

■第33回 COWON PLENUE D の巻

■第34回 Pioneer XDP-100R の巻

■第35回 COWON PLENUE S の巻

■第36回 iBasso Audio DX80 の巻

■第37回 Acoustic Research AR-M20 の巻【発売記念】

■第38回 IRIVER Astell&Kern AK70 の巻【発売記念】

 

 

 

きーちゃん
作編曲したり、鍵盤弾きます。 上原ひろみさんが大好きです。
  

この記事を読んだ人におすすめ