【専門店スタッフが選ぶ】2020年の「買って良かった」ポータブルオーディオ vol.5

こんにちはかじかじ(@eear_kajikaji)です!

 

2020年も終わろうとしていますね…。毎年5公演と夏・冬フェスの参戦をしていたのに一度も行けなかった(´;ω;`)

 

来年こそはフェス・ライブにいけますように…

 

今週もこちらをお届け!

 

2020年専門店スタッフが選ぶ「買って良かった」ポータブルオーディオ!

 

2020年も本日で最後なので、今回がラスト回です!!

 

最後まで見てくださりありがとうございました!

 

それではいってみましょうー。

 

 

専門店スタッフが選ぶ「買って良かった」ポータブルオーディオ

今回紹介してもらうスタッフはこの4人!

 

 

 

それぞれの「買って良かったもの」を紹介してもらいましょう!

 

 

 

梅田EST店「ぜんさん」の買って良かったもの

 

SENNHEISER「MOMENTUM True Wireless 2」

自然なノイキャンとTWS最高峰の音質が両立

 

-ぜんさんよりひとこと-

 

「初代も持ってますが、ワイヤレスを感じさせない音質と装着感! 今年のベストバイ!

 

西日本を統括するエリアマネージャー、そして複数のカスタムIEMを所持するガチ勢のぜんさんの買って良かったものはSENNHEISER「MOMENTUM True Wireless 2

 

2020年で特に人気であった完全ワイヤレスイヤホンで、完全ワイヤレスとは思えないHi-Fiサウンドが特徴です。

 

その他のスタッフやお客様からも評価が高く、e☆イヤホンの年間ランキングでも総合で1位!

 

音質にこだわる方や、ふだん有線イヤホンでしか聴いていないガチの方にもおすすめしたい完全ワイヤレスイヤホンです。

 

 

商品詳細はこちら!

 

 

関連記事:SENNHEISER MOMENTUM True Wireless 2

 

 

 

 

梅田EST店「ばらね」の買って良かったもの

 

 

FitEar「MH334」

 

-ばらねよりひとこと-

 

「恐らくイヤモニの「日本アーティストシェア率No1」を誇るであろう須山補聴器。


その中でも超ド定番モニター機のFitEar MH334はカスタムIEM担当としてなんとしても作っておきたい…!ということでお迎えしました。


実際にカスタムIEMになるとサンプルに比べしっかりとした音圧を感じやすくなり、現場で愛される理由が分かります。


音のバランスの良さはもちろんなんですが、定位がもうすんばらしい!複数本カスタムIEMを持っていますが、1,2に入るフィット感の良さも気に入っています。

 

 

梅田ESTのカスタムIEM担当「ばらね」が選んだベストバイは須山補聴器の「FitEar MH334」です。

 

プロにもマニアにも愛されるド定番のカスタムIEMで、ばらね氏の「カスタムIEM担当としてなんとしても作っておきたい…!」という気持ちはすっごい分かります。

 

カスタムIEMのスタンダードであり王道!カスタムIEM担当でさえも唸らせる音質と定位の良さ!迷ったらMH334ですね。

 

 

 

商品詳細はこちら!

 

 

 

PRスタッフ「かわちゃん」の買って良かったもの

 

iFi-Audio「ZEN DAC」

 

-かわちゃんよりひとこと-

 

「手頃な価格で、本格的な据え置きオーディオを楽しめる機種です。音の傾向はクッキリとした高解像な音質で、癖がないのでどんなジャンルの音源とも相性がいいと感じました。

 

パワーもそこそこあるので据え置き用のヘッドホンも問題なく駆動できると思います。価格からは想像できないほど本体の作りがしっかりしていて、筐体は精度の高い金属筐体。ボリュームの動きなども滑らかです。

 

しかも、ハイレートのPCM、DSD音源をネイティブで再生できるし、MQAレンダラーにも対応。しかも4.4㎜のバランス出力を搭載しています。すごい!初めてのDACアンプが欲しい、PCオーディオに挑戦してみたい。という方はこの機種を買えば間違いなく幸せになると思いますよ!」

 

PRスタッフ「かわちゃん」が選んだベストバイはiFi-Audio「ZEN DAC」。

 

2万円以下で購入できるエントリー向けのUSB-DAC兼ヘッドホンアンプであり、初心者向けでもあり終着点ともなりえる圧倒的スペックの高さ。

 

4.4mmバランス端子をこの価格で装備するという恐ろしいほどのコストパフォーマンスの高さも特徴ですね。

 

据え置き型のヘッドホンアンプを検討しているなら、僕も間違いなく勧めます。

 

商品詳細はこちら!

 

動画でもレビューしています。

 

 

 

 

大阪日本橋本店「まるちゃん」の買って良かったもの

 

Astell&Kern「KANN ALPHA」

-まるちゃんよりひとこと-

 

「「KANNは10年戦える」そう豪語していたのはもちろん本当にそう思っていたからですが、KANN ALPHAの登場に私の愛はそのままKANN ALPHAに移行しました。

 

洗練されたデザインと、持ちやすさがUP、4.4㎜5極のバランスにも対応し、KANN CUBEのパワーを持ちつつ、音質も私好みのボーカルが立体的な音質へと変わりました。

 

KANN、KANN CUBE、KANN ALPHAとそれぞれ音質も良さがありますが、KANN ALPHAは断トツで音が好みです。音場が広く、音の定位感が分かりやすく、ボーカルがとても美しく聴こえる…本当に使ってよかったと心から言えます。これからも私の第2の相棒です。

 

最後を締めくくるのは日本橋本店の名物スタッフまるちゃん!そしてベストバイはAstell&Kern「KANN ALPHA」。

 

Astell&Kernブランド初の4.4mmバランス端子を搭載した意欲作!

 

据え置きアンプに匹敵する出力の高さと、聴こえない音はない顕微鏡で見ているかのような解像度が特徴。

 

聴いてみるとわかる納得のベストバイですよ!

 

 

 

商品詳細はこちら!

 

動画でも紹介します。

 

関連記事:【レビュー】超パワフル!Astell&Kern KANN ALPHAを聴いてみた。【ブランド初の4.4mmバランス搭載】

 

 

まとめ

 

以上4名のスタッフの買って良かったものをご紹介しました!

 

今回紹介した製品はどれも濃い製品ばかりでしたね!一番ヘビーユーザーであるはずのぜんさんが一番ライトに感じました。ライトではないけどっ。

 

 

今回の記事をぜひ参考にしてみてください!

 


では。過去5回に続いた「専門店スタッフが選ぶ2020年の「買って良かった」ポータブルオーディオ」はこれにて連載終了です!

 

2020年もe☆イヤホンをご利用いただきありがとうございました!

 

2021年は気兼ねなくポータブルオーディオを楽しめる1年になるように祈っております。

 

来年もよろしくお願いします!

 

紹介した製品一覧はこちら!

 

 

バックナンバーはこちら

【専門店スタッフが選んだ】2020年の「買って良かった」ポータブルオーディオ vol.1

【専門店スタッフが選んだ】2020年の「買って良かった」ポータブルオーディオ vol.2

【専門店スタッフが選んだ】2020年の「買って良かった」ポータブルオーディオ vol.3

【専門店スタッフが選んだ】2020年の「買って良かった」ポータブルオーディオ vol.4

 

かじかじ
e☆イヤホンマーケティング担当。元梅田EST店店長。オーディオ歴12年。オーディオ販売歴9年。父親歴2年。オーディオに使った額は総額100万近く。 趣味は音楽鑑賞と夏フェスです。 好きな音楽:RADIOHEAD/Bonobo/Aphex Twin/People in the box/星野源/青葉市子/BUMP OF CHICKEN ロックやエレクトロニカ、チルが好きな超雑食派です。 愛機:Westone WST-ES60/Lime Ears Aether/Apple AirPods Pro /Noble Audio Falcon
  

この記事を読んだ人におすすめ