機能は完全装備?!音質も最高峰なゼンハイザーのノイキャンTWSを実際に使ってみた


 

イヤホン・ヘッドホン専門店e☆イヤホンのかわちゃんです!

 

今回の記事でご紹介をさせて頂くのはe☆イヤホンでも度々ご紹介をさせて頂いてるドイツの老舗オーディオブランド「ゼンハイザー」が新しく発売した注目の完全ワイヤレスです。

 

 

 

SENNHEISER MOMENTUM True Wireless 2

 

 

 

 

 

 

2020/4/16

発売予定です

 

 

ゼンハイザーの完全ワイヤレスイヤホンといえば非常に多機能でかつ高音質な先代モデル「MOMENTUM True Wireless」がラインナップされていますが、この度大幅なパワーアップを果たし新発売されることになりました。

 

注目の新機能といえばなんといっても『ノイズキャンセリング機能』に対応したことでしょう。イヤホン本体の高い遮音性に加えパッシブ+アクティブの融合を果たした高性能なノイズキャンセリング機能を搭載することで自然な効果を実現。

 

電車や飛行機、公共施設など周りの雑音が気になる場面でも存分に音楽に没頭することが可能です。

 

 

 

またゼンハイザーといえばダイナミックドライバー。イヤホンの心臓部と言っても過言ではないドライバーはドイツハノーファー本社で開発。革新的な7mmのドライバーを搭載することで高品位な音質も実現しています。

 

また、内部のチップセットにはクアルコム社製の最新チップを搭載しているのでさらなる音質改善に加え、途切れにくく快適な使用感も実現しています。

 

他にも様々なポイントがパワーアップしており

 

 

進化したバッテリー

ゼンハイザーのサウンドクオリティーを損なうことなく、本体最大7時間+ケース最大21時間の計最大28時間のバッテリーライフを実現。

 

 

フィット感

前モデルから2mmのコンパクト化に成功。より多くのユーザーにフィットし、落ちにくくストレスフリーで安定感のある着け心地を実現しました。

 

 

外音取り込み機能

お買い物のレジでのちょっとした会話の際に、そのまま話せる外音取り込み機能搭載。屋外で車などの周囲の音が聞こえないと危険な場所でも安心です。

 

 

 

途切れづらさ

LDSアンテナと最新のクアルコム社製チップ搭載だから途切れにくい。 プロ向けワイヤレスマイクロフォンの分野で長年定評あるゼンハイザーのノウハウを活用し、最新のBluetooth5.1+Class1採用でより途切れが少なく、安定した接続性を実現しました。

 

 

さらにクリアな通話品質

アルゴリズムの最適化とビームフォーミングにより、クリアで自然な通話を可能にします。

 

その他機能

  • 無料専用アプリ「Smart Control」で好みの音質にイコライジング、また操作手順のカスタマイズも可能に
  • 直感的な操作が出来るタッチパネル搭載
  • GoogleアシスタントやApple Siriをタッチ1回で簡単起動
  • IPX4の防滴性能でどこでもいい音

 

 

と完全装備と言っても過言ではない製品に仕上がっていますね。

 

今回、メーカーよりサンプルをお借りしたので実際にSENNHEISER MOMENTUM True Wireless 2を使ってみたときの感想などをレビューしていきます。

 

 

 

外観

パッケージ。

 

 

パカッとな。パッケージの中身は非常にシンプルですね。

 

 

 

製品本体の他に交換用のイヤーピースが3サイズ、TypeCコネクタを採用した充電用のケーブルが付属いたします。

 

充電ケース。シックなデザインですね。外装はファブリック素材で非常に手触りがいいです。見た目にも高級感があっていいですね。

 

重量は軽めで手のひらにすっぽりと収まるコンパクトサイズ。毎日ラクに持ち運びができることでしょう。

 

 

パカッっとな。全体的なデザインは先代のモデルに良く似ていますね。ハウジング上のにはタッチセンサーを備えています。ハウジングのセンサーの感度が先代と比べて磨きがかかっており、タップ操作の際ストレスフリーで操作を行うことが出来ました。

 

 

イヤホンは充電ケースの中に内蔵されている磁石で、ビタッと吸い付くように収納できます。充電ケースを逆さにしてもイヤホンは自重で落下しません。

 

 

充電ポートはUSB-TypeCコネクタを採用している点が嬉しいポイントですね。隣接されているボタンを押すとLED充電インジケーターが起動。充電状況をひと目見て判別することが出来ます。

 

 

 

 

イヤホン本体。ノイズキャンセリングと通話用の大きなマイクが本体側面に搭載されています。

 

 

イヤホン本体裏面にはセンサーが搭載されており、楽曲を再生中にイヤホンを取り外すと自動的に再生を一時停止する機能が搭載されています。

 

 

イヤホン本体のノズルは短め。

純正のイヤーピースはIE40proに付属するものに少し似ていますね。

 

 

純正イヤーピース以外の一例として「Final Eタイプ」イヤーピースを装着してみましたが特に問題なく装着が可能でした。

 

充電ケースのくぼみも深めなタイプなので充電も特に引っかかること無く行えます。

 

 

 

実際に使ってみた!

まずは装着感。イヤホン本体を装着する際はカスタムIEMのようにイヤホンを少しひねりながら耳に挿入するするとうまくいくでしょう。装着感は全体的にやんわりと耳に蓋をされているような感じ。イヤホン本体がまんべんなく耳に接している感覚で圧迫感が少ないけどピタッっと密閉されます。比較的緩めの優しい装着感なので長時間装着していても疲れず快適でした。装着する際も鼓膜への圧迫が少なく楽に装着することが可能。タッチ操作の際ハウジングをタップしても鼓膜に負担がかかりにくく感じました。

 

 

 

専用アプリ「Smart Control」

SENNHEISER MOMENTUM True Wireless 2には純正のコントロールアプリ「Smart Control」も用意されています。

 

アプリを開くとこんな感じです。

 

 

外音取り込みモードの有効時に楽曲を再生するか停止するかの設定や

 

 

イヤホンを外した際に楽曲を一時停止するかの設定やタップコントロールの細かいカスタマイズなども行えるようになっています。

 

かなり細かく調整できます

 

 

 

 

また音質のイコライジング機能がかなり優秀で各帯域ごとに音質を調整するタイプではなく

 

 

このように直感的に音質を変更出来るのは面白い機能だなと個人的に感じました。

 

 

 

 

自然なノイキャンとTWS最高峰の音質が両立

お次は実際の音質レビューです。

 

ノイキャンの効きはびっくりするほど自然です。

電気的にノイズを打ち消した際の独特なツンとした感じが皆無で、めちゃめちゃ遮音性の良いイヤホンで物理的に音を遮音しているかのような感覚でした。正直ノイズキャンセリング搭載のイヤホンと言われないと気づかないほどで、ノイズキャンセリング特有の閉塞感が今まで苦手だった人にもオススメ。ノイズキャンセリングの効きの強度はやや優しめで空調や公共交通機関などで目立つ低音域のノイズを自然に軽減してくれる印象でした。

 

 


 

 

音質の傾向はMOMENTUMシリーズらしいほんのり低域を強調したバランス。聴きやすさと音の深みがうまく両立した印象です。

 

低域は少し柔らかく弾力のある質感で、どっしりとした深みやグッとした押しも感じられます。ベースの躍動感や厚みを楽しめるような味付けに仕上がっており、サウンドステージも広く雄大さや迫力もしっかりと感じられるのもポイントです。一方ボーカルは有機的で生き生きとした質感。距離が近めで息遣いや細かい歌い分けなどもしっかりと感じることが出来ます。やや暖かめな質感ですが同時にクリア。分離感や解像感は完全ワイヤレスイヤホンの中ではかなり高いレベルだと感じました。

 

高域もしっかりと伸びで繊細な表現などしっかりとしたクォリティが確保されています。音のエッジが丸みを帯びており聴き心地と音質をしっかりと両立してくれたような音質です。まさに、完全ワイヤレスイヤホン最高峰の音質といえるでしょう。

 

優れた機能と使用感。もちろん音質も素晴らしい物へと進化を遂げたSENNHEISER MOMENTUM True Wireless 2は間違いなく要チェックな製品ですよ!!

 

 

動画レビューも是非ご覧になってくださいね!

 


 

 

 

 

以上!最後まで読んで頂いてありがとうございます。

イヤホンヘッドホン専門店、e☆イヤホンのかわちゃんがお送りいたしました。

 

 

※記事中の商品価格・情報は掲載当時のものです。

かわちゃん
日本橋本店PR部のかわちゃんです!写真を撮ることが大好きなので、写真を通してイヤホンヘッドホンの魅力をお伝えしていきたいと思います!よろしくお願いします(`・ω・´)b
  

この記事を読んだ人におすすめ