ブログバナー

こんにちは、マツコです。

連載されておりますeイヤホンブログ「厳選!音楽ジャンル別オススメイヤホン紹介」も、早いもので私で20人目となります。スタッフの好みも感じつつ、共感・参考になるようなものばかりで、私自身も勉強させていただいております。

さて、本日のフューチャリングは「フュージョン」です。以前ブログでも書かせて頂いたことがありますが、私はフュージョンが大好きで、父の影響で幼いころからジャズフュージョンを好んで聴いておりました。あんよが上手、自転車に初めて乗れるようになったのも、きっと「フュージョンLOVE」のお蔭だとおもっております。

すみません、前置きの幼少時代のお話はすべて嘘です。はい。

まず、このブログを携わるにあたって、「フュージョンって何ですか?」状態でした。正直な話、音楽ジャンル問わずに「好きなものは好き」精神だったので、フュージョンと聴き慣れない語呂に、指名された当日は夜も眠れませんでしたけども。そもそもフュージョンとは何なのでしょう。実際に調べてみると、書いてありました。

13876216_999164976863741_2342159149838000216_n

フュージョンFusion, Jazz Fusion)は1960年代後半から現在に至るまでのジャズを基調にロックラテン音楽R&B電子音楽などを融合(フューズ)させた音楽ジャンルである。一般的には、ジャズジャンルから確立されたものの一種に位置づけされている。

 基本的にはジャズベースのリズムに現代楽器などを組み合わせたものはフュージョンと呼んでもいいそうですね。そこでまず思い浮かんだのが、この2組でした。

 ▶Flying Lotus

ani_1_with-logo-1▶Jameszoo 

Jameszoo-feature

2組ともに、音楽性は勿論のこと、「視覚的」「形而上的」フュージョンとしても注目の高いアーティストです。ジャズ・フュージョンとして皆様ご存知のMiles Dewey Davisとは違い、今まで時代遅れなどといわれ衰退し始めていたフュージョンジャンルを独自の目線で開拓していった2人だと思います。曲も聴くと「フュージョンっていったい何なんだ」と感じるかと思いますが、オーソドックスなフュージョンとは違い、ブラジリアンフュージョンにシンセサイザーを癒合させたものです。

ということで、前衛的なフュージョン音楽に合うイヤホンをいくつかご紹介いたします。

DSC_0206 - コピー

ギターストリングやシンセサイザーが澄んだ水のようにサラサラ・すっきりとした音質です。名前の通り、こちらの商品はSavant Universalの新モデルで筐体のみ変更したものです。旧モデルからアルミニウム筐体へアップグレードされましたが、音の細やかさや中域の程よい厚みは化されたままなので、「旧モデルも持っているけれど、ハウジングがかっこいい!」ということで、見た目に惚れこんで買ってしまう方もちらほら。 今回私が選んだ「ジャズフュージョン」「ブラジリアンフュージョン」に関して、どちらかというと低域の量感が多い音源が多いのですが、左から右へ流れるような「振り切りのよさ」を感じてほしいので、あえて低域重視ではないイヤホンをチョイスいたしました。

1_000000077861

こちらは、先ほどご紹介いたしましたsavant universal IIとは違い、定位をしっかりさせたい方にお勧めです。自然な鳴りで解像度が高いので、フュージョンミュージックなど音場が肝心な曲にはぴったりかと思います。ボーダーレスで聴きやすい音なので、これ一つもっていれば間違いないイヤホンです。BAらしくない滑らかに流れる広域再現はCamfireAudioの特徴です。個人的には付属のイヤピースよりは、FitEarのダブルフランジイヤピースとの相性がとてもよく、イヤピースで音質が化けやすいので、いろいろ試してみてください!!

1_000000093566

今回お勧めする中で1番ウォームな音質のイヤホンです。ジャズ・フュージョンの場合、ベースやピアノなど、一つ一つの楽器のソロが入る事が多く感じます。なので、繊細できめ細やかな音質というよりはパンチのある野太い音のほうが聴き応えがあるときもあります。ベースサウンドにこだわる方には必ず納得いただけるイヤホンです。もったりとした低域は個人的には避けていたのですが、ジャズフュージョンで聴くと「合うかも?」と思える事が面白いです。

 

1_000000097271

ダイナミックドライバー1基とは思えないような広いレンジのIRIVER Astell&Kern AK T8iE。空間的なエフェクトや奥行のある独特の音楽表現が多くのお客様に支持されています。エレクトリックなサウンドとアコースティックな要素の融合を存分にお楽しみいただけます。また、全帯域の解像度も非常に高いので、要素の多い楽曲でその本領を発揮します。低音はさっぱりと、音色の美しい品と実力を兼ね備える、華麗なサウンドをお楽しみください。

 

1_000000080195

映画、インセプションに登場するトーテムのような独特の形状。THE FINDER X1はチタンハウジングが美しい、9.2mmダイナミックドライバーを搭載するイヤホンです。フィルターによる音質調整が可能で、得意な帯域は高音部分だと感じました。ベースブーストのフィルターでボリューム感のあるビートを楽しむもよし、トレブルフィルターでピリッとスパイシーに電子楽器を楽しむのもいいでしょう。

 


 

 

 

そして、次回はジャンル別オススメイヤホンVol.21!!

 

ア ニ ソ ン 編 !!

 

最後は名古屋大須店スタッフ・かがちゃん!

バナー彼女で最後となります、乞うご期待!

 

 

<シリーズ一覧>
【#1 EDM編】厳選!音楽ジャンル別オススメイヤホン紹介!【スタッフなかたく推し】

■【#2 ロック編】厳選!音楽ジャンル別オススメイヤホン紹介!【スタッフまみたす推し】

■【#3 テクノ編】厳選!音楽ジャンル別オススメイヤホン紹介!【スタッフ大先生推し】

■【#4 ソウル編】厳選!音楽ジャンル別オススメイヤホン紹介!【スタッフたらお推し】

■【#5 ハードコア編】厳選!音楽ジャンル別オススメイヤホン紹介!【スタッフきくちゃん推し】

■【#6 メタル編】厳選!音楽ジャンル別オススメイヤホン紹介!【スタッフいぺ推し】

■【#7 HOUSE編】厳選!音楽ジャンル別オススメイヤホン紹介!【スタッフゆーきゃん推し】

■【#8 ヒップホップ編】厳選!音楽ジャンル別オススメイヤホン紹介!【スタッフ ナオキ推し】

■【#9 VOCALOID編】厳選!音楽ジャンル別オススメイヤホン紹介!【スタッフねこ推し】

■【#10 演歌編】厳選!音楽ジャンル別オススメイヤホン紹介!【スタッフやまちゃん推し】

■【#11 吹奏楽編】厳選!音楽ジャンル別オススメイヤホン紹介!【スタッフジェル推し】

【#12 インストゥルメンタル編】厳選!音楽ジャンル別オススメイヤホン紹介!【スタッフかじかじ推し】

■【#13パンク編】厳選!音楽ジャンル別オススメイヤホン紹介!【スタッフターシー推し】

■【#14ファンク編】厳選!音楽ジャンル別オススメイヤホン紹介!【スタッフけいちゃん推し】

■【#15クラシック編】厳選!音楽ジャンル別オススメイヤホン紹介!【スタッフシュガー推し】

■【#16 ブルース編】厳選!音楽ジャンル別オススメイヤホン紹介!【スタッフ とんぼ推し】

■【#17K-POP編】厳選!音楽ジャンル別おすすめイヤホン紹介!【スタッフあんこ推し】

■【#18 ジャズ編】厳選!音楽ジャンル別オススメイヤホン紹介!【スタッフハセケン推し】

 

 

マツコ
e☆イヤホン大阪日本橋本店2F・買取/中古スタッフ 身長153cm、好きな食べ物は梅干しと生麩です。 サブカルチャー寄り、ひっそりフジロッカーです。 Player : GRANBEAT(ONKYO) Earphone : Klipsch X10,SOL REPUBLIC SOL SHADOW Headphone : Technics
  

この記事を読んだ人におすすめ