SONY MDR-M1STが遂に入荷!従来機MDR-CD900STと比べてみた!


※ブログ中、プラグ部分は2.5mm4極です。とありましたが、3.5mm4極の間違いです。訂正させていただきました。(2019.08.24)

hamachan

e☆イヤホンのはまちゃんです!

 

遂に、本日発売となりました、SONY MDR-M1ST!先行してソニーストアで聴ける!ということで書きましたブログもご覧いただけたでしょうか?

#SONY MDR-M1ST試聴レビュー!ソニーストアで聴いてきた!

 

 

 

 

 

SONY MDR-M1ST

SONY MDR-M1ST

SONY MDR-M1ST

 

モニターヘッドホンといえば、あまりにも有名な「SONY MDR-CD900ST」。今回のMDR-M1STは、世界の先端技術を誇るソニーと、音創りを熟知するソニー・ミュージックスタジオが共同開発した、ハイレゾ対応のモニターヘッドホンになります。

 

それでは早速開封をしていきましょう!

 

 

 

SONY MDR-M1ST 開封

SONY MDR-M1ST 外箱

SONY MDR-M1ST 外箱

 

SONY MDR-M1ST は業務用機材になりますので、修理などの保証期間はありません。パッケージも簡素です。

 

SONY MDR-M1ST 外箱

SONY MDR-M1ST 外箱

 

そっけない箱が業務用っぽくてテンション上がりますよね。ハイレゾ対応のマークが見えます。

 

 

 

SONY MDR-M1ST 本体

SONY MDR-M1ST

SONY MDR-M1ST

 

雰囲気はCD900STの感じを残していますが、高級感が出てきてますね。

 

SONY MDR-M1ST

SONY MDR-M1ST

 

左右がわかりやすいように、RLのマークがヘッドバンドに入っています。

 

SONY MDR-M1ST

SONY MDR-M1ST

 

ケーブルは着脱式です。本体にはケーブルが1本付属しています。

 

SONY MDR-M1ST

SONY MDR-M1ST

 

プラグ部分は3.5mm4極です。ジャックにはネジが切ってあり、ケーブルが不意に抜けたりしないように工夫がされています。

 

SONY MDR-M1ST

SONY MDR-M1ST

 

ケーブルの長さは2.5m、ポータブル用としては少し長いですが、モニターヘッドホンとしては十分な長さです。プラグはステレオ標準プラグです。

 

SONY MDR-M1ST

SONY MDR-M1ST

 

 

スペック

  • 型式 密閉ダイナミック型(耳覆い型)
  • ドライバーユニット 40mm、ドーム型(CCAWボイスコイル)
  • 音圧感度 103dB/mW
  • マグネット ネオジウム
  • 再生周波数帯域 5-80,000Hz (JEITA)
  • インピーダンス 24Ω (1kHzにて)
  • 最大入力 1,500mW(※)
  • ヘッドホンケーブル 約2.5m、ステレオ標準プラグ
  • 質量 約215g(ケーブル含まず)

※ IEC(国際電気標準会議)規格による測定値です。

 

 

 

MDR-CD900ST との比較

(左)MDR-M1ST (右)MDR-CD900ST

(左)MDR-M1ST (右)MDR-CD900ST

 

 

こうしてみると、やっぱり兄弟感があるというか、親と子みたいに見えてきますね。

 

 

(左)MDR-M1ST (右)MDR-CD900ST

(左)MDR-M1ST (右)MDR-CD900ST

 

折りたたみの違いです。M1STは平べったくなりますが、900STにはその機能がありません。

 

(左)MDR-M1ST (右)MDR-CD900ST

(左)MDR-M1ST (右)MDR-CD900ST

 

イヤパッドの厚み、形が違います。M1STの方が厚みがあり、遮音性が高まったといえます。

 

(左)MDR-M1ST (右)MDR-CD900ST

(左)MDR-M1ST (右)MDR-CD900ST

 

ヘッドバンド部分の厚み、素材が違います。M1STは900STよりも柔らかく、優しい装着感になりました。また、ヘッドバンドからケーブルも飛び出していません。

 

 

 

 

聴いてみた!

MDR-M1ST MDR-CD900ST 聴き比べ

MDR-M1ST MDR-CD900ST 聴き比べ

 

1989年に法人に限定して販売が開始されたMDR-CD900STですが、それから30年という月日の中で、音楽は大きく変化しました。30年前には存在していなかった超低音を主体とした音楽文化や、それを楽しむユーザー様の存在、そういったニーズの中でクリエイターのモニター環境も変わってくる時期なのではないでしょうか。モニタリングのメインはスピーカーで、というのが主流だと思っていましたが、最近では多くのミュージシャンがヘッドホンやイヤホンでの音の鳴り方を想定して作品を創作しているそうです。

 

MDR-M1STは、MDR-CD900STと比べると、圧倒的に装着感がよくなっています。高い解像度は、より高くなり、必要最低限であった低音域はややふくよかになりました。低音域のモニタリングがしやすくなったというのはかなり大きいと思います。質が変わったというよりは、より見える範囲が広くなった、といった印象です。ケーブル着脱式になったことによって、ケーブル断線による修理の手間が省けるようになりました、これもうれしいポイント。また、ケーブルを交換することでポータブル用に使い方を変えたり、ワイヤレスユニットを接続したりと夢が広がります!

 

モニターヘッドホンとして、MDR-CD900STがあれば十分、というご意見もごもっともではございますが、MDR-M1STがあるともっと快適に制作に没頭することができるのではないでしょうか?是非、既存のユーザー様に聴いていただきたい次世代機でございます!

 


 

e☆イヤホン各店にて、ご試聴の準備ができております。是非、ご体験くださいませ!

 

以上!

はまちゃん(eear_hamachan)がご案内いたしましたー!

※記事中の商品価格・情報は掲載当時の物です。

 

そういえば、こんなブログも書いていたなー、と思い出しました。

おすすめのモニターヘッドホンを比較してみた!

はまちゃん
e☆イヤホン大阪日本橋、本社事務所に勤務! 身長180cm! 髪の毛は伸ばして寄付する、 へアドネーションしてます! PR部主任!SNS・Youtube・ブログ等々です! バンドマンで2019年6月現在はベーシストとして関西で活動中! ベースボーカルもしてます! あんまり知られてませんが、お料理するの好きです☆ 【Youtube】 チャンネル https://www.youtube.com/user/eearphone 【sixteencoins】ってバンドやってます! HP http://sound.jp/sixteencoins/ 音源はこちら! Cry baby Youtubeで全曲聴けます! Youtube sixteencoins トピック 小さな彼女とガラス越しのあの子 - EP
  

この記事を読んだ人におすすめ