Yoji

完全ワイヤレスイヤホンって何?

その名の通り「完全」「ワイヤーが無い」Bluetoothイヤホンのことです。通常のBluetoothワイヤレスには左右をつなぐワイヤーとかネックバンド的なものとかありますよね。完全ワイヤレスには、なんとそれすら存在しません。あるのはただ、左右のイヤホン本体のみ。究極のミニマリズムと注目を集め、今、世間で話題沸騰中のイヤホン。それこそがこの完全ワイヤレスのイヤホンジャンルと言えます。

おすすめの完全ワイヤレスイヤホン

AppleのAirPodsの爆発的ヒットから人気急上昇中の完全ワイヤレスイヤホンのジャンル。特にオススメ商品をご紹介いたしましょう!

 

ERATO / VERSE

 

ERATO/VERSE

 

まずはコレ、「ERATO / VERSE(ヴァース)」好みに応じてブラックとホワイトの2カラーから選べます。大ヒットイヤホンApollo 7sの後継機種で、洗練された砲弾型のデザイン・スタイルが素晴らしく完成されています。デザイン良し、音質良し、防水性良し(IPX5)の3拍子そろったワイヤレスイヤホンですので普段使いにもってこいです。

 

ERATO Apollo7s はこちら!


 

 

NuForce / BE Free8

NuForce/BE Free 8

 

次にオススメするのは「NuForce / BE Free8」。音に対するこだわりを感じさせる、いわゆるユニバーサルIEM的なデザインが人気のモデル。IPX5の防水性能とapt-X LLにも対応しているため、ジムで動画を見ながらランニングマシンを流すといったアクティブな使い道で使える機種です。大き目の筐体で遮音性を高め自分だけの世界に没頭できると評判のトゥルーワイヤレス・イヤホンとなります。

 

 

 

SOL REPUBLIC / AMPS AIR

SOL REPUBLIC / AMPS AIR

 

そして、最後に真打、これだ!「SOL REPUBLIC / AMPS AIR」いわゆる「イージー DO ワイヤレス」の称号を誇る完全ワイヤレスイヤホンの雄。そのコンパクトでスタイリッシュな外観とブラック、ティール、ブルー、ゴールドの豊富なカラーバリエーションの大人気の秘密です。不思議なほど眩しい筐体から放たれる音質は、ミッドナイトタイムに相応しい妖艶さとリアルさを兼ね備えています。

 

完全ワイヤレスイヤホンの使用方法

接続方法

イヤホンとスマホをBluetoothでペアリングするだけで使えるので、驚くほどアッサリ簡単に使えます。一度ペアリングしてしまえば、収納ケースから出すだけで自動的につながったりしますので、ほとんどストレスを感じることはありません。

 

 

片耳だけでも使用可能(※機種にもよります)

便利なことに片耳だけで聴ける機種もあります。片耳フリーとなりますので「ながら作業」にピッタリ。それこそ、音楽リスニングだけでなく、英語を流し聴きしながらも作業することができますので、英語勉強に、仕事の効率化にとまさに様々な用途でキラリと光る完全ワイヤレスイヤホンとなります。

 

通常BTワイヤレスと完全ワイヤレスイヤホンの違い

通常のBluetoothワイヤレスイヤホンと完全ワイヤレスイヤホンの決定的な違いは何でしょうか?

 

1.イヤホン本体をつなぐ線がない

通常ワイヤレス・イヤホンの左右ユニットはケーブルで接続されており、その間にリモコンを搭載したりバッテリーを搭載したりして連続再生時間の伸ばしていたりします。完全ワイヤレスイヤホンはそのケーブル・バッテリー・リモコンのすべてを耳元ユニットにギュッと押し込んだ最先端のガジェットとなりますので、ケーブル自体が存在しません。

 

2.バッテリーの持ちが違う

通常のワイヤレスイヤホンであれば、バッテリーをリモコンに搭載したり、サブバッテリーを首後ろに配置したりすることが出来るので、連続再生時間を伸ばすことが出来ますが、完全ワイヤレスイヤホンはバッテリーを搭載するスペースがそもそも極小なので、大きなバッテリーは搭載できません。ですので、「連続使用」での持続時間はどうしてもい通常のワイヤレスイヤホンと比べると短くなります。ただし、ほとんどの機種が専用充電ケースに収納する方式で、使わない時は収納して充電という方式になりますので、間接使用として考えた場合の総使用時間は十分な時間になる場合がほとんどです。

完全ワイヤレスイヤホンのメリットまとめ

完全ワイヤレスイヤホンのメリットをおさらいしてみましょう!

 

ケーブル無しでストレスフリー

とにかく「ケーブルフリーで、ストレスフリー」なのが最も素晴らしいポイントです。完全ワイヤレスであれば、イヤホンのケーブルが絡むことも、断線することもありません。なぜなら、ケーブル自体が無いので。パソコンのマウスを想像してみると最も分かりやすい利点かなと思います。ケーブルに支配されているか支配されていないか。どちらがスマートかは、もはや火を見るよりも明らかですね。

 

 

充電ケースをうまく使って長時間楽しめる

ほとんどにモデルが充電ケースに収納すると充電される機種となりますので、使い方を工夫すれば合わせて長時間使用することができます。例えば「通学通勤に1時間使って収納して充電昼休みに軽くリスニングして収納して充電帰りの電車の中で聴いて収納して充電寝る前にテンション落ち着かせて収納して充電」といった使い方であれば、総合的に長い間楽しむことが出来ます。

 

 

片耳でも使えるor機能が充実しているものが多い

機種によっては片耳で聴けるモデルもあり「ながら聴き」に最適です。また、通話できる機能のついたモデルもありますので、この完全ワイヤレスイヤホン一つあるだけで、「ガッツリ音楽を楽しむこと」も「泣きたいとき一人で聴きこむこと」も「ながら聴きで勉強に打ち込むこと」も「恋人や親友と未来を語りあうこと」も、すべてが可能となります。ライフスタイルに溶け込むイヤホン。これこそが完全ワイヤレスの神髄と言えるでしょう。

 

完全ワイヤレスイヤホン 商品一覧はこちら →

 

よーじ
e☆イヤホン秋葉原店勤務! 業界足掛け15年の経験を活かして、皆様に最新情報をお伝えできればいいな~なんて日々感じています。 個人的に好きなヘッドホンはMDR-CD900STとK240Studio。 イヤホンはエティモのER4Sが好みです。 単に良い音という視点だけでなく「いかに心を掴むか」にフォーカスし、心に響くイヤホン・ヘッドホンを紹介していきたいな~なんて、日々、思っています! よろしくお願い致します。
  

この記事を読んだ人におすすめ