はまちゃん

e☆イヤホン、メディア部のはまちゃんです!

 

 

e☆イヤホン の新サービス、

e☆スマホン って知ってますか?

↓画像をクリック!ご紹介ページにリンクします!

EST_004

スマホでいい音!をコンセプトに新店舗、梅田EST店にて展開中です!

大阪に立ち寄られたときは是非ご来店くださいませ!( *´艸`)

 

 

 

本日のご案内はこちら!

完全ワイヤレスイヤホン”5機種比較!

Bluetoothイヤホンはここまで進化した

001

 

完全ワイヤレスイヤホン

完全ワイヤレスイヤホンとは、ケーブルの無い左右独立型のワイヤレスイヤホンの事。海外では“True Wireless”とも呼ばれている、最新のイヤホンの形なのです!ケーブルから解き放たれ、より快適に音楽を楽しめるって訳ですね!

 

現在e☆イヤホンで扱っているのは5機種

2016年11月9日現在でe☆イヤホンがお取り扱いさせていただいている完全ワイヤレスイヤホンは全部で5機種!本日その比較を見た目や、音質などからレポートしてみたいと思います!

 

 

見た目

完全ワイヤレスイヤホン比較002

 

EARIN M-1とERATO Apollo7がめちゃくちゃ小さいです!大き目のワイヤレスイヤホンにはわかりやすくボタンがついていたりするので、逆に、大きくても良いという意見もあります。

完全ワイヤレスイヤホン比較001

耳の中に入る部分の比較。 i.Tech FreeStereo Twinsは結構角度を付けていますね。EARIN M-1とERATO Apollo7はほんとにドングリぐらいのサイズしたかないです。ちっちゃい。

 

装着画像

 

(R→L)

ERATO Apollo7 、W800BTB、EARIN M-1、Aria One、FreeStereo Twins

 

完全ワイヤレスイヤホン比較なう。

Hamada Wataruさん(@hamadawataru)が投稿した写真 –

 

ケースの見た目

完全ワイヤレスイヤホン比較003

各種充電器兼ケースの比較。これらはモバイルバッテリーの機能も備わっていて、あらかじめケースを充電しておくと、外出先で電源が無くても本体の充電が可能なのです!

 

<イヤホンをフル充電できる回数>

ERATO Apollo7 :約2回分

W800BTB:約5回分

EARIN M-1:約1回分

Aria One:約3回分

FreeStereo Twins:約4回分

 

完全ワイヤレスイヤホン比較004

収まり方はこんな感じ。なんだか錚々たるメンツ。ONKYO W800BTBは充電するためのケーブルもケースと一体になっています。

 

 

 

聴いてみた感想

※駆動時間に関してはステレオで音楽を鑑賞できるおおよその時間を表記しています。


i.Tech(アイテック)

FreeStereo Twins

FreeStereo Twins

FreeStereo Twins

 

i.Tech FreeStereo Twins

全てをワイヤレスに。Bluetooth4.1、A2DP プロファイルに対応し、ダイナックドライバー(8mm)を搭載することで、臨場感、迫力のある高品質な音を表現します。(SBC コーデック対応) また HFP、HSP、AVRCP プロファイルに対応でヘッドセットとしてもご利用いただけます。

4_000000104889

搭載ドライバー:8mmダイナックドライバー

駆動時間:約2 時間

マイク付き

IPX4の防水性能

 

<はまちゃんの満足度>

高 音:★★★★☆

中 音:★★★☆☆

低 音:★★★☆☆

装着感:★★★☆☆

 

コメント

圧倒的なコストの低さで他社を圧倒しています。サウンドチューニング的にはあっさりとしたクリアなイメージです。僕個人的にはもっと重いサウンドが欲しいところでした。完全ワイヤレスイヤホンの入門機としてオススメしたいです。シビアな意見を言えば細かいサウンドや、解像度に関しては、やはり上位モデルのイヤホンには劣るものの、やや小さめのボリュームで使用するなら十分な威力を発揮します。駆動力がやや少なめなので、移動中やちょっとした息抜きのタイミングで使っていきたいですね。爆音を必要としないのであれば是非購入をご検討いただきたいです!

 

関連記事:【驚愕の安さ…】完全独立型Bluetoothイヤホン ai.Tech FreeStereo Twins

FreeStereoTwins_reflection

【驚愕の安さ…】完全独立型Bluetoothイヤホン ai.Tech FreeStereo Twins

 

関連動画:


fFLAT5(フラットファイブ)

Aria One

Aria One

Aria One

 


fFLAT5 Aria One

トゥルーワイヤレスで 真の音楽を Aria Oneは従来のイヤホンコードの繁雑さから音楽愛好家を解放する、最先端のBluetoothワイヤレスイヤホンです。以下の主な機能を有しています。

 

・Furukawa MCPET Originalスピーカー振動板特許技術

・aptX®オーディオエンハンスメント技術

・運動中の確かな装着を実現するComply®製イヤーチップ

・IPX5の防水性能

・イヤホンのモバイル充電用ケース

 

* aptX®のマークとロゴはCSR plcまたは同社のグループ会社の商標で、1カ所または複数の地域で登録されている可能性があります。 * Comply™は聴覚部品として登録された商標です。

5_000000091107

搭載ドライバー:古河電工MCPET採用振動板9mmドライバー

駆動時間:約4時間

IPX5の防水性能

・通話用マイク付き

 

<はまちゃんの満足度>

高 音:★★★★☆

中 音:★★★★☆

低 音:★★★★★

装着感:★★★☆☆

 

コメント

音の立ち上がりに迫力を感じる。やはり低音の厚みは一聴して分厚いと感じられるほど存在していますね。高音域が埋もれるほどでもない、やや低音寄りのダイナミックドライバーらしいチューニング。優れた防水性があるので、日常的にも、トレーニングにも付き合ってくれるタフなイヤホンだと言えますね。大き目の筐体で、ボタンが押しやすいので、操作が楽です。

 

関連記事:【新製品】fFLAT5 Aria One左右独立型bluetoothイヤホン!IPX5!aptXにも対応!聴いてみた!

AriaOne_01

【新製品】fFLAT5 Aria One左右独立型bluetoothイヤホン!IPX5!aptXにも対応!聴いてみた!

 

関連動画:


EARIN(イヤーイン)

M-1

EARIN  M-1

EARIN M-1

 

EARIN M-1

・ 全てがワイヤレス。EARINは、イヤフォンとデバイス間のデータ送信は勿論、左のユニットで受信したデータを左右に信号を分離し、右のユニットに送信します。ユニット間までもがワイヤレスのBluetoothイヤフォンです。

・ 本体重量3.5g, サイズは14.5mm x 20.0mmの超軽量・超小型タイプ。本体内部には、ワイヤレス用のBluetooth用チップ・アンテナを実装した基盤、充電式のリチウムイオンバッテリー(容量60mAh)、スピーカードライバーが収められております。軽量化と長時間再生のために、それ以外のデバイスは一切省かれた設計となっています。

2

搭載ドライバー:バランスドアーマチュアドライバー

駆動時間:約3時間

・通話用マイク無し

・専用アプリケーション(無料)

 

<はまちゃんの満足度>

高 音:★★★★☆

中 音:★★★★☆

低 音:★★★★★

装着感:★★★★★

 

コメント

重さ3.5g、コンパクトなボディからは想像できない骨太なサウンド。ルックスは上品ですが、サウンドの性格は武闘派、骨太サウンドの持ち主。どちらかといえば得意分野は低音かと感じました。BAドライバ搭載型なので細かな表現にもスキはありません。なんといっても驚いたのは、そこまでのパワフルでがっちりしたサウンドのワイヤレスイヤホンが、装着しているのかわからないぐらいコンパクトに収まっているということ。スタイルも実力も、両方手にしたい方には是非オススメしたいと思います!

 

関連記事:【レビュー】完全なるワイヤレスイヤホン比較!fFLAT5 Aria One vs EARIN

0001

【レビュー】完全なるワイヤレスイヤホン比較!fFLAT5 Aria One vs EARIN

 

関連記事:【まるで未来ガジェット】”EARIN” 左右完全セパレート、超小型Bluetoothワイヤレスイヤホン

【まるで未来ガジェット】”EARIN” 左右完全セパレート、超小型Bluetoothワイヤレスイヤホン

 

関連動画:


ONKYO(オンキヨー)

W800BTB

W800BTB

W800BTB

 

ONKYO W800BTB

Bluetooth®技術を採用し、ケーブルを完全に排除したストレスフリーなイヤホン。Φ8.6mmダイナミック・ドライバー搭載で、ピュアで精度の高い音質再生が可能です。また、人間工学に基づいたデザインにより、快適なフィット感が得られます。6Hz~22kHzの再生周波数帯域を持つΦ8.6mmダイナミック・ドライバーにより、厚みのある低音、バランスのとれた中域、クリアな高域を実現。また外部からの雑音を遮り、クリアで正確な音質再生を可能にする密閉型構造を採用しています。

0101

搭載ドライバー:8.6mmダイナミック・ドライバー

駆動時間:約3時間

通話用マイク付

 

<はまちゃんの満足度>

高 音:★★★★☆

中 音:★★★★☆

低 音:★★★★☆

装着感:★★★★☆

 

コメント

今回の聴き比べの中で最も正統派。高中低とバランスのとれた優等生です。なんでも音楽を楽しみたいし、聴きやすいバランスのイヤホンをお探しのお客様にオススメ。通話用マイクも搭載されています。各音域の満足度は星4つ程度に収めましたが、これは各帯域がおんなじぐらい優れていると感じたからです。ロックも、EDMも、クラシックも、アニソンも楽しみたい、そんな幅広さと、ONKYOらしい誠実なチューニングが感じられました。

 

関連記事:【発売前に聴いてきた】ONKYOの新作イヤホンはハイブリッドと完全ワイヤレス!E900M・W800BT【ご予約受付中】

006

【発売前に聴いてきた】ONKYOの新作イヤホンはハイブリッドと完全ワイヤレス!E900M・W800BT【ご予約受付中】

 

関連動画:


ERATO(エラート)

Apollo7

Apollo7

Apollo7

 

ERATO Apollo7

Apollo7は、本体重量4.0g、サイズ φ15.4mm x 22.2mmの 超軽量・超小型タイプ。本体内部には、ワイヤレス用のBluetooth 用チップ・アンテナを実装した基盤、充電式のリチウムイオンバッ テリー(容量50mAh)、マイクロスピーカードライバーが収められ ています。
驚くべきことに、この世界最小ワイヤレスイヤホンには “ハンズフリー通話用マイク ”が搭載されています。

5_000000103616

搭載ドライバー:5.8mmマイクロダイナミック ドライバー

駆動時間:約3時間

・通話用マイク

IPX7の防水機能

 

<はまちゃんの満足度>

高 音:★★★★★

中 音:★★★★★

低 音:★★★★★

装着感:★★★★★

 

コメント

思い切って満点つけました。完璧かもしれない。音のバランスも行き過ぎたところ、物足りないトコロが見当たらない。程よくメリハリのついたチューニングで迫力もばっちり。音の分離感、解像度もしっかりしてます。筐体の大きさもEARINに次いでコンパクト。完璧超人ですよこれは。充電器もスマートです。360度どの角度でハメても充電できるようになっています。操作もイヤホン本体で行えますのでスマホを直接操作しなくてもいいという点もかなりかっこいい。重低音がガツガツ出力できるのでノリノリで楽しめること間違いなし。さらにIPX7という防水性もかなり高いのでスポーツにもオススメです!

 

関連記事:iPhone 7のベストパートナーはやっぱり”完全ワイヤレス”?ERATO Apollo7レビュー

iPhone 7のベストパートナーはやっぱり”完全ワイヤレス”?ERATO Apollo7レビュー

 

関連動画:


 

いかがでしょうか?ひと昔前なら考えられなかったような”近未来”を思わせるイヤホンでしたね。iPhone7からイヤホンジャックが無くなってますますワイヤレスイヤホンに注目が高まっていくように感じます!完全ワイヤレスイヤホンを導入してスマートに音楽をお楽しみくださいませ!

 

以上!

メディア部から、はまちゃん(eear_hamachan)がご案内いたしましたー!

↓店舗案内↓

 

《5000円以下》専門店スタッフが選ぶU5000イヤホン2016年秋決定版

U5000店舗-e-900-200

《A10000円ワイヤレスイヤホン》専門店スタッフがアラウンド10000円ワイヤレスイヤホン

A10000W店舗-e-900-200

はまちゃん
e☆イヤホン大阪日本橋本店勤務!
身長180cm!
髪の毛は伸ばして寄付する、
へアドネーションしてます!
PR担当!SNS・Youtube・ブログ等々です!
バンドマンで2017年11月現在はベーシストとして関西で活動中!

ベースボーカルもしてます!
あんまり知られてませんが、お料理するの好きです☆

【Youtube】
チャンネル
https://www.youtube.com/user/eearphone

【sixteencoins】ってバンドやってます!
HP
http://sound.jp/sixteencoins/

自主レーベルはじめました!
【Dreadnoughtus Records】
HP
http://dreadnoughtus.wix.com/official

この記事を読んだ人におすすめ