流線形のデザインが目を引くハイグレードなプレイヤーです。レザーケースも同時発売!


 

イヤホン・ヘッドホン専門店『e☆イヤホン』PR部のバンブーです!

 

SHANLING(シャンリン)から新たに登場するプレイヤーをご紹介します!

 

SHANLING M7

SHANLING M7

SHANLING M7

 

▼SHANLING M7 チタニウム e☆イヤホンWEB本店価格 ¥169,400-(税込)

 

6/24(金)発売

ご予約受付中!

 

 

波打つウェーブライン・デザイン

 

M7 の筐体デザインには 2012 年に SHANLING が発売した Hi-Fi オーディオ製品群『25th Anniversary 600 シリーズ』からインスピレーションを受けた新しいデザインを採用しています。ボディには剛性の高い航空機グレードのアルミニウムを CNC 切削加工したシャーシを使用。このシャーシには精密加工により側面に複雑なラインパターンが配され、仕上げにチタニウムカラーの着色処理が施されます。このシャーシにガラス製のフロントパネルとリアパネル、そしてトップパネルが取り付けられることで、エレガントな M7 の筐体が完成します。

 

 

目を奪われる美しさ

 

M7 のディスプレイには 5 インチの SHARP 製液晶ディスプレイを採用しています。このディスプレイは 1920×1080 画素の高精細表示や鮮やかな発色、視野角の広さといった優れた特徴があり、M7 の“画面が浮き出して見える”独特のデザインと相まって、より先進的なユーザー体験を実現します。

 

 

フラグシップ DAC が導く上質な音楽体験

 

M7 のオーディオ回路は ESS 社のフラグシップ DAC チップ『ES9038Pro』電流出力モードで使用。2021 年に SHANLING が発売した Hi-Fi CD プレイヤー「CD3.2 Ver.21」でこのチップを採用した経験を活かし、ポータブル製品でもこの DAC チップの持つポテンシャルを活かせる回路設計を行いました。

 

 

MUSES8920(オペアンプ/OP)採用

 

M7 の高音質を実現するための基礎として、低ノイズ性・低歪性に優れる 2 回路入り J-FET オペアンプ『MUSES8920』をアンプ回路に採用しました。

 

 

強大なパワーをコントロール

 

シングルエンド出力時には最大400mW*、バランス出力時には最大 900mW*の強力な出力レベルを提供します。入力に敏感な IEM から強いエネルギーを必要とするヘッドホンまで、三段階のゲイン設定から適切なゲインを設定することで、幅広い機器とマッチングします。(*32Ω負荷時)

 

 

現代的な CPU パフォーマンス

 

11mm プロセス技術で製造され、「8 コア CPU」と「Adreno 610 GPU」を内蔵した SoC、Qualcomm 製『Snapdragon 665』は最新のアプリをストレスなく動作可能な処理能力を実現します。この SoC は低消費電力・低発熱なため、デバイスのバッテリーライフの延⾧にも貢献します。また M7 には 6GB のメモリ128GB の内蔵ストレージを用意しました。マルチタスクをスムーズに実行し、データの保存場所にも困りません。

 

Android 10 搭載

M7 はユーザーが自由にカスタマイズ可能な『Android 10』OS で動作するため、ニーズに合わせて様々なコンテンツにアクセスすることができます。また Shanling 独自のAGLO(Android Global Loss-less Output)テクノロジー」が組み込まれているため、Android OS のサンプルレート変換による音質の低下を受けることはありません。どのようなアプリで音楽を再生しても最高の品質で楽しむことが可能です。

 

 

便利なワイヤレスの世界へ

予めインストールされている「SHANLINGMusic」アプリを使用すれば、DLNA や Airplayに接続を行って、音楽をストリーミング再生することができます。またスマートフォン向けのアプリと連携することでリモートコントロールを行うことや、Wi-Fi 接続をすることで簡単にファームウェアのアップデートを行うことも可能です。

 

 

MQA に完全対応

 

M7 は MQA ファイルを最大 16 倍まで展開して再生することが可能です。

※「SHANLING Music」以外のアプリを使用して MQA ファイルを再生する場合には、アプリ側が MQA ファイルに対応している必要がございます。

 

 

製品仕様

本体サイズ:128 x 78 x 20 (mm)
ディスプレイ:5 インチ, 1920 x 1080
重量:312g
OS:Android 10
対応フォーマット:DSD(iso, dsf, dff) / DST ISO / ISO / DXD / APE /
         FLAC / WAV / AIFF / AIF / DTS / MP3 / WMA /AAC /
         OGG / ALAC / MP2 / M4A / AC3 / M3U / M3U8
再生対応音声形式:最大 768 kHz/32bit までの PCM
         最大 22.4MHz までの DSD
MQA デコード:x16 展開 (SHANLING Music)
USB-DAC モード対応:最大 384 kHz/32bit までの PCM
           最大 11.2MHz までの DSD
USB オーディオ出力対応:最大 768 kHz/32bit までの PCM
            最大 22.4MHz までの DSD
ゲイン設定:3 段階 (ロー / ミッド / ハイ)
内蔵メモリ:6GB
ストレージ容量:128GB + Micro SD カード (最大 2TB まで対応)
DAC チップ:ES9038Pro
デジタルフィルター:7 つの異なるフィルターから選択可能
Bluetooth バージョン:5.0
対応コーデック:LDAC / SBC (送受信)
        LHDC / aptX HD / aptX (送信のみ)
Wi-Fi 対応周波数帯:2.4GHz / 5GHz
Wi-Fi 機能:SyncLink / DLNA / AirPlay (受信のみ) /
      オンラインアップデート
対応電源(AC アダプタ):5V-2A, (QC3.0 18W 対応)
最大連続再生時間:10 時間 (シングルエンド) / 8.5 時間 (バランス)
バッテリー容量:7000 mAh

 

 

音声出力仕様

-シングルエンド出力-

出力レベル:ローゲイン, 0.73V @32Ω (17mW)
              ミッドゲイン, 1.88V @32Ω (110mW)
      ハイゲイン, 3.61V @32Ω (406mW)
周波数応答:20Hz ~ 40kHz (-0.1dB)
THD+N:0.0007%
チャンネルセパレーション:75dB @32Ω
ダイナミックレンジ:126dB @32Ω
S/N 比:126dB @32Ω
ノイズフロア:>116dB (<1.6uV) *ローゲイン時
出力インピーダンス:<1Ω

 

-バランス出力-

出力レベル:ローゲイン, 1.46V @32Ω (66mW)
     :ミッドゲイン, 3.35V @32Ω (350mW)
     :ハイゲイン, 5.43V @32Ω (920mW)
周波数応答:20Hz ~ 40kHz (-0.1dB)
THD+N:0.0007%
チャンネルセパレーション:115dB @32Ω
ダイナミックレンジ:128dB @32Ω
S/N 比:128dB @32Ω
ノイズフロア:>113dB (<2.1uV) *ローゲイン時
出力インピーダンス:<1Ω

 

 

M7 専用レザーケース

M7 専用レザーケース

M7 専用レザーケース

 

▼SHANLING M7 専用レザーケース ブラック e☆イヤホンWEB本店価格 ¥4,840-(税込)

 

M7のために設計された滑らかな質感の牛革レザーケース も同時発売されます。内側にはシープスキンを使用することで製品の外装を優しく保護します。側面にはスリットが設けられ、M7の放熱を妨げることはありません。

 

 

買い替えキャンペーン

 

e☆イヤホンにて買取をご利用いただいたお客様に限り(ジャンク品は不可)、対象商品がお値引き(キャッシュバック)となるキャンペーンです。

 

SHANLING M7 チタニウム
10,000円引き

 

■対象店舗:e☆イヤホン大阪日本橋本店、秋葉原店、名古屋大須店、仙台駅前店、WEB本店

 

■対象期間:2022年6月17日(金)~2022年7月18日(月)

 

 


 

▼SHANLING M7 チタニウム e☆イヤホンWEB本店価格 ¥169,400-(税込)

 

6/24(金)発売

ご予約受付中!

 

 

『ESS ES9038Pro』搭載というのが個人的に注目したいポイントです。活かしきるの難しいがポテンシャルが発揮されたときに素晴らしい音を奏でてくれるDACチップだと感じています。音質重視のDAPをお探しの方はぜひご検討ください!

 

今回ご紹介した SHANLING M7 はe☆イヤホン全店で試聴機をご用意する予定です。ご来店の際はぜひご試聴ください!

 

以上、PR部のバンブーがお送りしました!

※記事中の商品価格・情報は掲載当時のものです。

バンブー
e☆イヤホンPRスタッフのバンブーです!e☆イヤホンに入る前からのオーディオ好き!入社後ずっと買取一筋からPR部へ異動しました。最近はBluetoothレシーバーと電音部とVTuberがマイブームです。
  

この記事を読んだ人におすすめ