前回モデルより途切れにくく、ライティング機能もアップし、低音が強化されています。

 

 

イヤホン・ヘッドホン専門店e☆イヤホンのPRスタッフうらやんです。

 

今回の記事でご紹介をさせていただくのは、コンサートホールやレコーディングスタジオなどプロの現場でも使われる幅広いスピーカーを手掛けるアメリカのブランド「JBL」の新製品です。

 

133mmウーファー2基と57㎜ツイーター2基の搭載で、最大出力約160Wという迫力のあるサウンドだった「PartyBox 100」がパワーアップして登場します!

 

 

JBL PartyBox 110

JBL PartyBox 110e☆イヤホンWEB本店価格 ¥35,640-(税込)

 

9月17日(金)発売予定!!

 

 

前回モデル「PartyBox 100」と比べ進化した点

・新たにIPX4の防水機能が搭載され、濡れた手での操作や、軽い水しぶきも気にせず音楽を楽しめます。

 

・バスレフポートの構造の最適化によって低音が強化されています。

 

・Bluetoothバージョンが4.2から5.1にバージョンアップしています。

 

・前回モデルよりライティングの発光面が拡大しており、よりパワフルなライティングでその場を盛り上げてくれます。

 

 

 

サイズを超える広がりを実現した迫力のパワフルサウンド

 

133mmウーファー2基と57㎜ツイーター2基の搭載で、最大約160Wという迫力のある出力を前モデルから継承しつつ、「PartyBox 100」の後継機となる本モデルでは、バスレフポートの構造を最適化することで低音を強化しました。

 

「BASS BOOST」機能と合わせることで、より迫力のある低音域再生を実現し、パワフルで深みのある低音からクリアで抜けのある高音域まで音を再現します。さらに、本体中央のツイーターを外向きに配置することで、サイズを超えた広域な音場を実現し、ライブ会場のような臨場感のある高音質を楽しめます。

 

 

 

空間を彩る鮮やかで躍動感のある進化したライティング

 

ボディの正面に配置されたウーファーの外周をリング状のライトが囲み、華やかに光るライトショー機能を搭載しています。

 

本モデルでは、ツイーターの外周も光るようになり、前モデルよりも発光面が拡大しています。3種類から5種類(ロック、ネオン、クラブ、フロー、リップル)に増えたライティングパターンは、本体操作パネルから音楽やシーンに合わせて選べます。また、より細かい設定やライティングカラーは、専用のスマートフォンアプリ「JBL PARTYBOX」より、お好みでカスタマイズ可能です。

 

 

 

Bluetoothをはじめ様々なソースとの接続に対応

 

Bluetooth接続により、お手持ちのスマートホンやタブレットからストリーミング再生できるだけではなく、USBメモリでの接続で音楽を長時間再生したり、AUX端子で外部入力も可能です。

 

また、個別にゲインの設定や音量調整ができるギター入力やマイク入力端子も搭載しているため、再生している音楽に合わせて歌うことや、ギターの練習などにも最適です。高い音圧を活かして、広い会場でのスピーチやセミナーなどにも便利で、さまざまな用途でご活用いただけます。

 

 

 

使用シーンを広げる防滴機能IPX4搭載

 

前モデルにはなかった、生活防水に対応した防滴機能IPX4を新たに搭載しています。濡れた手で触れたり、思いがけない雨の降り始めにも耐えられる仕様のため、ご自宅をはじめ、屋外でも水辺での使用など活躍のシーンが広がります。

 

 

 

チャージング機能も装備した最大約12時間のワイヤレス再生を実現

 

大容量の充電式バッテリーの内蔵により、約3.5時間の充電で、最大約12時間の連続ワイヤレス再生が可能です。長時間にわたる講演やセミナー、ダンスステージなど様々シーンでも、充電切れを気にすることなくお使いいただけます。スマートホンなどのデバイスを充電できるチャージング機能が搭載されています。

 

 

 

シンプル設計のコントロールパネルと専用アプリで手軽に操作

 

大型のジョグダイヤルを採用したことで、再生、音量のコントロールやライトショーの切り替えの操作が、より手軽にできます。また専用スマートフォンアプリ「JBL PARTYBOX」でも、ライティングの設定やボーカルの微調整が可能となり、自由にカスタマイズしたサウンドとライティングで、オリジナルの空間を簡単に演出できます。

 

 

 

ワイヤレスでスピーカーを増設できる「TWSモード」

 

「TWS(True Wireless Stereo)」モードでは、Bluetoothで2台のスピーカーを接続し、ワイヤレスでの増設が可能です。また、2台目以降は3.5mmケーブルを使用してデイジーチェーン接続することでさらに多くの台数を追加することができます。大規模な会場や屋外においても、妥協のない本格的なJBLサウンドを大音量で再生できます。

 

 

 

スペック一覧

タイプ: ワイヤレスパーティースピーカー
カラー: ブラック
Bluetooth バージョン:5.1
防滴機能: IPX4
対応プロファイル: A2DP 1.3, AVRCP 1.6
オーディオ入力: Bluetooth、USB、マイク入力、ギター入力(マイク入力兼用)、AUX
使用ユニット: 133mm ウーファー×2、57㎜ツイーター×2
周波数特性: 45Hz – 20KHz 
出力: 160W RMS
サイズ(HxWxD) :568 x 295 x 300(mm)
重量 :約10.8kg
電池: リチウムイオン充電池 <充電:約3.5時間、再生:約12時間※4> 
付属品: 電源ケーブル(2m)
USB対応ファイル:フォーマット.mp3/ .wma/ .wav

 

 

 

気になったポイント

・マイクやギターも繋げられるという事なので、セミナーからダンス、弾き語りの路上ライブまでこれ1台でできます。

 

・パワフルなサウンドと見た目にも綺麗なライティングで、BBQなど野外の楽しい場にはピッタリです。

 

・スマホからBluetoothで音楽を楽いんでいる時、もしスマホの充電が切れても充電ができるチャージング機能もあって非常に便利です。

 

 


 

JBL PartyBox 110 e☆イヤホンWEB本店価格 ¥35,640-(税込)

 

今回ご紹介させて頂いたJBL「PartyBox 110」は9月17日(金)発売予定です!!

e☆イヤホン全店で試聴機をご用意する予定です。ぜひ一度お試しください。

 

 

以上PR部のうらやんがお送り致しました!

最後まで読んで頂きありがとうございました!

 

 

うらやん
eイヤホン日本橋本店PRスタッフ 和歌山出身シンガーソングライターとして活動してます。 オリジナル曲をレコーディングする中で音に興味を持ち、 生楽器を使ったバンド系の音楽を好んで聴く傾向にあります。 J‐POP、一昔前の音楽好きです。オーディオ勉強中です。 オリジナル曲はストリーミング配信してるのでぜひ聴いてください!
  

この記事を読んだ人におすすめ