A4サイズのコンパクトさで、最新オーディオ技術とネットワーク技術を融合したアンプ

 

 

イヤホン・ヘッドホン専門店e☆イヤホンのPRスタッフうらやんです。

 

 

今回の記事でご紹介をさせていただくのは、ホームオーディオからハイエンドオーディオまで、音楽を豊かに楽しむための製品を販売している日本のブランド「TEAC」の新製品『UD-505-X』と『NT-505-X』です。

 

 

『UD-505-X』と『NT-505-X』は、「Reference 505シリーズ」の新モデルで、DACやアナログ処理部の変更をして、さらに音質強化を図ったアンプでございます!

 

 

 

TEAC 『UD-505-X』『NT-505-X』

 

TEAC 『UD-505-X』

 

 

▼TEAC UD-505-X ブラック e☆イヤホンWEB本店価格 ¥173,800‐(税込)

▼TEAC UD-505-X シルバー e☆イヤホンWEB本店価格 ¥173,800‐(税込)

 

 

 

TEAC NT-505-X

 

 

▼TEAC NT-505-X/B e☆イヤホンWEB本店価格 ¥206,800-(税込)

▼TEAC NT-505-X/S e☆イヤホンWEB本店価格 ¥206,800-(税込)

 

 

 

9月18日(土)発売予定!!

※お取り寄せ商品でございます。

 

 

 

UD-505-Xはとにかく音質にこだわりたい、バランスヘッドホン接続を重視する方におすすめのUSB DAC/ヘッドホンアンプで、NT-505-Xは、ネットワーク再生を主体とするUSB-DAC/ネットワークプレーヤーです。

 

 

 

UD-505-XとNT-505-X 共通の特徴

  • DSD22.5MHz、PCM768kHz/32bit のハイサンプリングレートハイレゾ音源に対応
  • ESS Technology ES9038Q2M を左右に1基ずつ搭載したデュアルモノーラル構成
  • 独自の電流伝送強化型出力バッファー回路『TEAC-HCLD2 回路』
  • 最大DSD24.5MHz、PCM 384kHz/32bitへのアップコンバート機能を搭載
  • 高音質コーデック LDAC、Qualcomm aptX HDにも対応したBluetoothレシーバー機能を搭載
  • より自然で豊かな響きを表現する新開発 3 点支持“Stressless Foot”採用
  • 音に開放感を与えるセミフローティングトップパネルを搭載
  • 4種類の転送モードによる音質の変化を楽しめるUSB伝送技術「Bulk Pet」を採用
  • 高精度ボリューム『TEAC-QVCS』を採用したフルバランス・アナログボリューム回路を搭載
  • Windowsと Mac 両方での DSD 22.5MHz 再生に対応した『TEAC HR Audio Player』を無償提供

 

 

 

「UD-505-X」の主な特徴

 

A4サイズのコンパクトな筐体に、長年培ってきたTEACのオーディオ設計のノウハウと、ハイエンドオーディオの設計思想を凝縮させたデュアルモノ―ラルのUSB DAC/フルバランス・ヘッドホンアンプです。

 

 

ステレオ信号をよりピュアな状態で処理するデュアルモノ―ラル構成で、D/Aコンバーター部はESS Technology ES9038Q2Mを左右に1基ずつ搭載しています。

 

各々のDACをモノラルモードで使用することにより高S/N値を獲得し、DSD 22.5MHz やPCM 768kHz/32bitのネイティブ再生も可能になっています。

 

音質の要とも言えるアナログ処理部には、従来の『TEAC-HCLD』をさらにブラッシュアップした『TEAC-HCLD2』を4回路搭載しています。

 

バランス出力時にはフルバランス駆動、アンバランス出力時には4回路を使ったパラレル駆動により、更に音楽の表現力をアップしました。新たに採用したダイヤモンドバッファ回路によるヘッドホン出力は、2基の6.3mm標準端子に加え、4.4mm5極端子を採用し、1本のプラグでバランス接続やアクティブグランド接続が可能です

 

ハイレゾ品質相当のワイヤレス再生が可能なLDACをはじめ、Qualcomm aptX HDや、AAC、SBCなど多彩なコーデックに対応したBluetoothレシーバー機能も搭載しているので、スマートホンからのワイヤレス再生でも、ハイスペックDACによる高品位な音質をカジュアルにお楽しみいただけます。UD-505-Xは、次世代のハイレゾ音源に対応した小型でハイスペックなUSB DAC/ヘッドホンアンプです。

 

 

 

「UD-505-X」の主な特徴まとめ

  • 新規にダイヤモンドバッファ回路を採用し、バランス駆動/アクティブグランド駆動にも対応した4.4mm5極ヘッドホン端子「Pentaconn」を採用
  • 7種類のPCMデジタルフィルターを搭載しています。
  • 44.1kHz系/48kHz系専用のデュアルクロックを搭載しています。
  • 音に開放感を与えるセミフローティングトップパネルを搭載しています。

 

 

 

スペック一覧「UD-505-X」

対応フォーマット
USB入力
PCM: 16 / 24 / 32bit、44.1k / 48k / 88.2k / 96k / 176.4k / 192k / 352.8k / 384k / 705.6k / 768kHz
DSD: 2.8M / 5.6M / 11.2M / 22.5MHz
同軸デジタル入力
PCM: 16 / 24bit、32k / 44.1k / 48k / 88.2k / 96k / 176.4k / 192kHz
DSD: 2.8MHz(176.4kHz/24bit DoP伝送で対応)
光デジタル入力
PCM: 16 / 24bit、32k / 44.1k / 48k / 88.2k / 96k / 176.4k / 192kHz
DSD: 2.8MHz(176.4kHz/24bit DoP伝送で対応)
DAC部
USB: DAC ESS Technology ES9038Q2M x 2
アップコンバート(最大): PCM384kHz/32bitまたはDSD 24.5MHz
デジタルフィルター
PCMフィルター: Linear phase fast roll-off / Linear phase slow roll-off / Minimum phase fast roll-off / Minimum phase slow roll-off / Apodizing fast roll-off / Hybrid fast roll-off / Brick wall / OFF
オーディオ入力
USB:USB B端子 USB2.0、アシンクロナスモード転送 / バルク転送
専用再生ソフトウエア: TEAC HR Audio Player(Windows, Macintosh)
同軸デジタル(リア): RCAピン端子 x 1(金メッキ)
入力レベル: 0.5Vp-p
入力インピーダンス: 75Ω
光デジタル(リア):角形光デジタル端子(TOS) x 1
入力レベル: –24.0 to –14.5dBm peak
同軸デジタル(フロント):3.5mmミニ端子※ x 1(光デジタル入力と兼用、自動検出)
入力レベル: 0.5Vp-p
入力インピーダンス:75Ω※付属のRCA-ミニプラグ変換ケーブルを使用することで、通常の同軸デジタル出力(RCAピン端子)と接続可能
光デジタル(フロント): 光ミニ端子 x 1(同軸デジタル入力と兼用、自動検出)
入力レベル: –24.0 to –14.5dBm peak
アナログ(リア): RCAピン端子 x 1系統(金メッキ)
入力インピーダンス: 24kΩ
入力感度 :130mV

 

 

 

「NT-505-X」主な特徴

 

NT-505-XはA4サイズのコンパクトな筐体に、長年培われてきたティアックの最新のデジタルオーディオ技術とネットワーク技術を融合させたデュアルモノーラルUSB DAC/ネットワークプレーヤーです。

 

ステレオ信号をよりピュアな状態で処理するデュアルモノーラル構成とし、D/Aコンバーター部はESS Technology社製 ES9038Q2Mを左右に1基ずつ搭載しています。

 

各々のDACをモノラルモードで使用することにより高S/N値を獲得し、DSD22.5MHzや、PCM768kHz/32bitのネイティブ再生(USB DACとして使用時)も可能としたハイスペック機です。

 

音質の要とも言えるアナログ処理部には電流伝送強化型バッファーアンプ『TEAC-HCLD2回路』を4回路搭載しています。バランス出力時にはフルバランス駆動、アンバランス出力時には4回路を使ったパラレル駆動により、音楽の表現力を高めます。

 

多彩な機能を誇るネットワーク部には、より高音質なネットワークストリーミング再生を実現するためにMQAデコーダーを搭載しています。さらに、TIDALやQobuzといった高音質定額音楽配信サービスや、Roon Readyにも対応しています。インターネット上の膨大な量の音楽をNT-505-Xの優れたデジタル/アナログ処理回路により高音質で快適に楽しめます。

 

また、ハイレゾ品質相当のワイヤレス再生が可能なLDACをはじめ、Qualcomm aptX HDやAAC, SBCなど多彩なコーデックに対応したBluetoothレシーバー機能も搭載しています。スマートホンからのワイヤレス再生でも、ハイスペックDACによる高品位な音質でお楽しみいただけます。

 

 

 

「NT-505-X」の特徴まとめ

  • 定額音楽配信サービス TIDAL、Qobuzおよび Roon Ready に対応
  • MQAデコーダー搭載(ネットワークストリーミング)に対応
  • 最大DSD24.5MHz、PCM 384kHz/32bit へのアップコンバート機能が搭載
  • DSD5.6MHz、PCM192kHz/24bit 対応ネットワークストリーミングに対応
  • グランドセパレート対応した3.5mm4極ヘッドホン端子を装備
  • スマートホンやタブレットからハイレゾ再生を可能にする『TEAC HR Streamer』
  • 便利な USB メモリーからの再生

 

 

 

スペック一覧「NT-505-X」

光デジタル(フロント):光ミニ端子 x 1(同軸デジタル入力と兼用、自動検出)
入力レベル :–24.0 to –14.5dBm peak
USB(フロント): USB A端子
対応メディア :USBフラッシュメモリー
Bluetooth
Bluetoothバージョン :4.2
出力クラス :Class2 (到達距離約10m)
対応コーデック: A2DP, AVRCP
A2DPコンテンツ保護: SCMS-T
対応プロファイル: LDAC, Qualcomm® aptX™ HD, aptX™, AAC, SBC
ペアリング記憶台数: 最大8台まで
オーディオ出力
XLRバランス: XLR端子 x 1系統(金メッキ)
出力レベル設定: 固定(0dB)、固定(+6dB)、可変、出力オフを選択可能
最大出力レベル: 2.0Vrms(1kHz、フルスケール、10kΩ負荷時、固定 0dB設定時)、4.0Vrms(1kHz、フルスケール、10kΩ負荷時、固定 +6dB設定時)、12.0Vrms(1kHz、フルスケール、10kΩ負荷時、可変設定時)
出力インピーダンス:188Ω
RCAアンバランス: RCAピン端子 x 1系統(金メッキ)
出力レベル設定: 固定(0dB)、固定(+6dB)、可変、出力オフを選択可能
最大出力レベル: 2.0Vrms(1kHz、フルスケール、10kΩ負荷時、固定 0dB設定時)、4.0Vrms(1kHz、フルスケール、10kΩ負荷時、固定 +6dB設定時)6.0Vrms(1kHz、フルスケール、10kΩ負荷時、可変設定時)
出力インピーダンス: 150Ω
ヘッドホン出力
端子: 3.5mm 4極ミニジャック x 1(金メッキ)
端子極性: Tip: L+, Ring1: R+, Ring3: L–, Sleeve: R–
最大出力: 500mW+500mW (32Ω負荷時)
対応インピーダンス: 16~600Ω
クロック部
内部クロック
形式:水晶発振器
クロック搭載数:2基(44.1kHz系、48kHz系)
外部クロック入力
端子: BNC端子(金メッキ)
入力周波数: 10MHz
入力インピーダンス: 50Ω
入力レベル: 矩形波:TTLレベル相当
サイン波:0.5~1.0Vrms
オーディオ性能
周波数特性: 5Hz~80,000Hz(+1/–5dB、PCM 192kHz入力、RCA出力、DF=on)
全高調波歪率: 0.0015%以下(PCM 192kHz入力、RCA出力、DF=on)
S/N比: 110dB以上(A-Weight、PCM 192kHz入力、RCA出力、DF=on)

 


 

 

今回ご紹介させて頂いたTEAC 『NT-505-X』『UD-505-X』9月18日(土)発売予定です!!

こちらの商品はお取り寄せ商品でございます。

 

以上PR部のうらやんがお送り致しました!

最後まで読んで頂きありがとうございました!

 

 

うらやん
eイヤホン日本橋本店PRスタッフ 和歌山出身シンガーソングライターとして活動してます。 オリジナル曲をレコーディングする中で音に興味を持ち、 生楽器を使ったバンド系の音楽を好んで聴く傾向にあります。 J‐POP、一昔前の音楽好きです。オーディオ勉強中です。 オリジナル曲はストリーミング配信してるのでぜひ聴いてください!
  

この記事を読んだ人におすすめ