「SR-009S」の性能を超え、進化した静電型イヤースピーカーのフラグシップ機!

 

 

 

どうも!

イヤホン・ヘッドホン専門店e☆イヤホンのPRスタッフのまるちゃんです!

 

本日はe☆イヤホン店員もファンが多いあのSTAXから新製品が出たとのことでご紹介させていただきます!!!!

 

 

STAX SR-X9000

▼STAX SR-X9000 ☆イヤホンWEB本店価格 ¥693,000-(税込)

 

 

 

10月8日(金)発売予定

お取り寄せ商品になります

 

 

 

SR-X9000は、静電型ヘッドホン「SR-009S」を超える新しいフラグシップ・イヤースピーカーであり、イヤースピーカーの頂点を極めたフラグシップ機です!

 

STAXとは、1938年(昭和13年)の創立した日本の音響機器メーカーで、1960年に世界初となるイヤースピーカーと呼ばれるコンデンサー型ヘッドフォンを製作しました。音質面での評価は非常に高く、58年もの長きにわたって静電型ヘッドホンを作り続けている老舗メーカーでもあります!

 

STAXへ工場見学している記事もございますので、ご覧ください!

【いってみた】STAX本社工場にいってみた!Vol.1

【レポート】資料室が新たにオープンした『STAX本社工場』に伺いました。

 

 

そんな待望の新製品、SR-X9000の凄さをご紹介していきます。

 

 

 

金属メッシュ採用4層構造 新開発固定電極「MLER-3」


SR-009Sの多層固定電極MLER-2 (Multi Layer Electrodes)にさらに、大型の金属メッシュを組み合わせて進化させた4層構造の固定電極「MLER-3」を採用しています。

 

開口部がきめ細かい金属メッシュは、空気抵抗や反射の影響が少なく音の透過性に優れており、固定電極の素材として理想的な特性を持つそうで、金属メッシュはこれまで製造面の難しさから固定電極への実装が難しかったパーツですが、SR-009、SR-009Sの製造時に得た熱拡散結合の技術を応用することにより固定電極への採用が可能になったとのことです。

 

 

 

前のフラグシップから20%の大型化を果たした振動膜

サウンドの核となる振動膜は極薄のスーパーエンブラフィルムによるダイヤフラムを採用しています。

 

限りなくゼロに近い軽質量化により優れた過渡特性を実現し、低域から高域にわたって音の追従性を向上しているとのことで、振動膜面積はSR-009Sに比較して20%の大口径化に成功し、ヘッドホンリスニングの限界を打ち破る広大な音場を獲得したとのことです。

 

 

 

不要な共振を排除するアルミ削り出し筐体

発音ユニットを収める本体部分は強靭なアルミ削り出し筐体が採用されています。

 

発音ユニットの強固な固定と筐体自身の不要な共振を徹底的に排除する新設計を採用し、筐体内の音響特性の向上により、不要な共振の影響を受けないさらなるクリアな音質を実現しているとのことです。

 

 

 

チルト・ガードメッシュ構造

発音体に対して平衡に備えたガードメッシュは音の聞こえに悪影響を及ぼすダイレクトな反射を多く発生させてしますそうで、SR-X9000ではこの問題を解消するために、発音体とガードメッシュとの隙間の高さを変えるために前後で高さの違う支柱構造を採用

 

これによりガードメッシュは発音体に対して平行になることはなく、音の反射角のコントロールに成功し、スムーズな音波の流れを実現したとのことです。

 

 

 

ねじれ耐性をアップしたステンレス製アークASSY

アークASSYにはステンレスを採用しています。

ひねりやねじれへの耐性を上げ、より安定感のあるリスニング・フィットを目指しており、位置は10段階のクリック機構を持つアジャスターにて調整が可能です。

 

 

 

高純度6N OFC+銀メッキ軟銅線ハイブリッド構造幅広低用量ケーブル

ケーブルには低域再生に優れた6N OFC高純度軟銅線(Φ0.14×3)を使用、その外周に高域特性の高い銀メッキ軟銅線(Φ0.08×9)を配置しています。

 

交換可能なリケーブル機構を採用しており、リスニングスタイルに合わせて交換可能な2.5mと1.5m仕様の2本のケーブルが付属されています。

 

 

 

通気性と装着感に優れた本革製イヤーパッド

通気性と柔軟性に優れた本革(羊皮)をイヤーパッドが採用されています。

 

イヤースピーカーと頭部の適切な密着感を長時間キープすることができるので、疲労感の軽減や長時間快適なリスニングができ、質の高い低域表現や鮮度感の高い音質を余すことなく実感できます。

 

 

 

調湿効果に優れた桐材質ケース

収納ケースには「桐材」を採用しています。
熱伝導が低く優れた調湿効果があり、イヤースピーカーにとって最適な保管コンディションを提供してくれるとのことです。

 

 

 

スペック

■ドライバー構成:プッシュプル・エレクトロスタティック ( 静電型 )、後方解放型エンクロージャー
■インピーダンス:145k Ω (10kHz にて /2.5m 附属ケーブルを含む )
■音圧感度:100dB/100Vr.m.s.
■再生周波数帯域:5-42,000Hz
■ケーブル仕様:

●ケーブル導体:6N(99.9999%)OFC + 銀メッキ軟銅線

●ケーブル形状:平行 6 芯、幅広低容量ケーブル、2.5m、1.5m

●ケーブル左右表示:金色の実線 ( 左 )、金色の点線 ( 右 )

■本体重量:約432g
■付属品:桐材製ケース

 

 

 

 

そしてなんと試聴機があまりないSTAX製品ですが、

今回秋葉原店にて特別ご購入相談会が開催されます!

 

SR-X9000 特別ご購入相談会

 

 

イベント内容

 

秋葉原店にある多種製品を組み合わせて試聴、比較をして購入を検討していただけます。
両日店頭でメーカーの方にもご相談もできます!

 

 

 

開催日

 

10月8日(金)~10月9日(土)

 

 

 

開催時間

 

11:00~20:00

 

 

 

開催店舗

 

e☆イヤホン秋葉原店   本館3F

 

ぜひぜひ10月8日・9日にe☆イヤホン秋葉原店にお越しください!

 

 


 

 

▼STAX SR-X9000 ☆イヤホンWEB本店価格 ¥693,000-(税込)

 

 

10月8日(金)発売予定

お取り寄せ商品になります

 

 

STAXは私も何度も聴いたことがありますし、メーカー様の勉強会にも参加させて頂いたこともありますが、音は感動しますしヘッドホンにかける思いもあつくて感動したのを覚えています。

そんな新しい製品も私も聴きたいです(*´ω`*)

 

ぜひ気になる方は、相談会の日に秋葉原店へレッツゴーです!

 

ぜひご検討ください!まるちゃんがお送り致しました!

まるちゃん
どうも!PR部のまるちゃんです!(*´ω`*) YouTubeチャンネル【eステ】にて毎週生配信。水曜日担当MC。 劇団歴7年、お笑い芸人を目指し漫才コンビを組みライブしていた日々、そして今は街鳴りというバンドでギターボーカルをしています。 愛機はAstell&Kern KANN、Astell&Kern KANN ALPHA、Westone ES60、NUARL N6PROです。音楽は幅広く好きです。憧れの人は明石家さんまさん、ダチョウ俱楽部です。好きなバンドは、Hamp Back、KANA-BOON Twitter:https://twitter.com/eear_maruchan
  

この記事を読んだ人におすすめ