ゲーミング担当のれおです!

 

今回は、「ONKYO」より登場したゲーミングブランド「SHIDO」のヘッドセット&アンプのレビュー記事になります!

 

 

 

SHIDOとは

ゲーミングヘッドセット・アンプをクラウドファンディングにて先行販売を実施し、

支援者約1700人、約2100万円を超える支援金額を達成。

また、クラウドファンディング支援者からのフィードバックを元に、

ヘッドセット・アンプを改良し、遂に一般発売が決定しました。


 

 

それではSHIDOゲーミングヘッドセット&アンプをレビューしていきたいと思います!

SHIDO SHIDO:001

商品ページはこちら

 

まずは、ヘッドセット本体の特徴を簡単にご紹介!

 

 

製品特徴

 

▼長時間快適にプレイできるよう、イヤークッションには形状記憶フォームと冷却ジェルの2層構造を採用。

イヤーパッドはさらりと肌触りが良く、クッション性も程よい弾力

 

▼伸縮に優れた速乾性素材で、頭頂部に触れるヘッドバンド内部にも 速乾性素材を採用しており、長時間の使用でも快適。

ヘッドバンドの厚みは薄く見えますが、ヘッドセット本体が軽いので頭部への負担も軽減されています

 

▼装着時の快適性にこだわり、接触面の素材選定に加え人間工学に基づく構造設計。

ハンガーは耐久性に優れたアルミダイキャストを採用しており、手に取った際、耐久性の高さを実感できます。

 

▼着脱可能なマイク&インラインコントローラー

インラインコントローラーはシンプルなデザイン

マイクミュートはボリュームコントロールの下にあるスライド式のスイッチで切り替えが可能

ヘッドセット側を5極プラグにする事によって、ゲーム音声信号とボイスチャット音声信号の混線現象を改善

 

 

 

レビュー

【装着感】

ヘッドセット本体は約305gとヘッドセットの中でもスタンダードな重量ですが、見た目より軽く感じます!

長時間使用に最適化する為、イヤーパッドには形状記憶フォームと冷却ジェルの2層構造を採用しており、さらに「スラント構造」と言う耳に添うような形状のイヤーパッドが採用されているのも相まって、装着時の快適性が抜群です。

イヤーパッドのクッション量も計算されているので、装着感にはかなり拘って作られています。

1時間ほど使用した感想としては、装着時のバランスが良いと思いました。

耳や頭部だけに圧力が掛かってる感じは無く、上手く分散されているので長時間使用でも不快感なく使用できました!

 

【音質】

SHIDOのヘッドセットはクリアで原音に忠実なサウンドが特徴的で、ヘッドセット背面にあるベントの恩恵で音の広がりがプラスされています。

実際にFPSで使用した感想としては、敵との距離感であったり、上下・左右といった音の方向性が分かりやすく、50mmドライバーとフラットチューニングのおかげで、パワーのある音でありながらもクリアな音質でゲームを楽しめます。

派手に低音がドンっと出ている訳ではありませんが、足音の聴きやすさ等、音のトータルバランスが良いので、FPS以外のゲームジャンルでも音質の良さを体感できると思います。

後ほど紹介しますアンプと組み合わせれば、ヘットセットの音を保ちつつ低音ブースト等が可能なので、アンプとセットでの使用をおすすめします!

 

 

 

続いてはゲーミングアンプをご紹介!

SHIDO SHIDO:002

商品ページはこちら

 

 

製品特徴

 

▼付属のUSBケーブルで接続するだけで、EQやバーチャル7.1などの機能がソフトウェア不要で使用可能。

見た目はシンプルで、左から順にEQノブ・ボリュームノブ・Game&Voice MIXノブ・Virtual7.1ボタン

入力は背面部のUSB Type Cと3.5mmステレオ

 

▼Game&Voice MIXノブでゲームの音声とボイスチャットアプリの音量バランスを調整できます。

※Voice&Chat MIXダイヤルはPC専用の機能なのでPS4等では使用できません。

 

▼5つのEQプリセットイコライザーを搭載

ヘッドセットの音色を崩すことなく、特定の音域をブースト可能で、Virtual7.1がONの状態でもEQの効果を付加することが可能。

 

 

レビュー

本体サイズが非常にコンパクトで、デスクに設置した際にもスペースを圧迫する事がなく、アンプを使用する際にソフトウェアは不要で、USB接続するだけでEQやVirtual7.1がお手軽に使用できます。

PCのみでの機能にはなりますが、ゲーム音とチャット音を個別でアサイン可能で、ボイスチャット側にはEQとVirtual7.1の効果は付加されないのも魅力の1つです!

 

プリセットEQは5種類あり、ダイヤルノブで簡単に切り替える事が可能で、実際にFPSで試した感想がこちらです!


※接続したヘッドセットはSHIDO:001です

【プリセット1】

銃声と足音がブーストされた印象で、全体的に低音が響く音の鳴り方なので、低音に迫力が欲しい方にはおすすめのプリセットです。

 

【プリセット2】

1と比べると足音の部分のみブーストされ、銃声が余分に響かないので足音が聴き取りやすい印象です。

 

【プリセット3】

全体的に音の輪郭が分かりやすい、引き締まった音の印象で、スッキリした音が好みの方におすすめです。

 

【プリセット4】

3のプリセットと少し似ていますが、高音の部分が強調されるので、FPSだと銃声が強調され方向が絞りやすいプリセットです。

 

【プリセット5】

全体的にマイルドな音に変化し、爆発音や銃声等も耳に刺さらない音になるので、キツい音が苦手な方にはおすすめのプリセットです。


 

足音の聴きやすさを重視するのであれば、プリセット2→1→3→5→4の順番が個人的には聴き取りやすいと思いました!

全体的な音のバランスを重視するのであれば、プリセット3と5がおすすめのプリセットで、引き締まったシャープな音が好みの方は、プリセット3と4が良いと思いました!

 

そしてVirtual7.1を使用した感想ですが、平面的な音に奥行き感がプラスされ、更に臨場感のある音に変化します。

Virtual7.1使用時にもプリセットEQで更に音色の変化を加える事が可能なので、組み合わせを楽しめます!

 


 

まとめ

長時間の使用環境でも「快適さ」を維持する為に計算し尽されたヘッドセットで、音質に関しても万人受けしやすい、聴きやすい音に仕上げられているので、男性・女性共に馴染みやすいヘッドセットだと思いました!

アンプに関してはコンソール機での機能制限はあるものの、音質の変化を感じやすく、勝つための音に変化してくれます。

 

お持ちのヘッドセットをアンプに繋げて音質変化を楽しんだり、SHIDOゲーミングヘッドセット&アンプの組み合わせで、ランクアップを目指すのに最適なヘッドセットです!

 

e☆イヤホンでは、SHIDOゲーミングヘッドセット&アンプを実際に店舗にてお試し頂けますので、是非お試し下さい!

 

以上、SHIDOゲーミングヘッドセット&アンプのご紹介をゲーミング担当れおがお送りしました。

 

e☆イヤホン WEB本店の特設ページはこちら!

☆専門店ガチゲーマーが選ぶゲーミングヘッドセットランキング 2019☆

 

☆PS4で使えるおすすめヘッドセット特集!!☆

 

レオ
日本橋本店ゲーミング担当のレオです! ゲームはプレイするより観戦する方が好きです('▽') ホラゲーがそこそこ得意でFPSも好きです。 R6S y1s2~からダイヤです('▽')
  

この記事を読んだ人におすすめ