MOMENTUMヘッドホンシリーズに待望の最新作が登場。ANCモード×3を搭載!

 


 

 

皆さんこんにちは。

イヤホン・ヘッドホン専門店『e☆イヤホン』のだいせんせいです。

 

あのSENNHEISER(ゼンハイザー)から、スペシャルなBluetoothヘッドホンが登場!

 

本日行われた製品発表会での写真・感想も交えつつご紹介いたします。

 

 

 

SENNHEISER MOMENTUM Wireless

2019年9月30日発売予定

 

こ……これはー!!

 

カジュアルなデザインと確かな性能で幅広い層から人気を集める、ゼンハイザーの『MOMENTUM(モメンタム)』シリーズ。2012年の発売以降もラインナップはブラッシュアップされ、近年では完全ワイヤレスイヤホン『MOMENTUM True Wireless』が発売されるなど、同社の看板的シリーズとなっています。

 

そんな『MOMENTUM』ですが、ヘッドホンは2016年に第2世代が発売されて以降、新製品の発表はありませんでした。いくら優れたBluetooth機器といえども、3年前のモデルとなるとやはりスペック的に古さを感じてしまいます。

 

『最新のMOMENTUMヘッドホンが欲しい……』そんな要望を叶える1台がついに登場です! 早速ご紹介していきましょう!

 

 

 

圧迫感から開放する3モードANC

 

第2世代では『ノイズガード』という機能が搭載されていましたが、本モデルではより高性能になったANC(アクティブノイズキャンセリング)機能が搭載。

 

イヤーカップの外側&内側の2つのマイクを使った通常のANCモードに加え、外側のマイクのみを使用するウィンドカットモード、内側のマイクのみを使用するプレッシャーカットモードの3種類のモードを切替可能。好みに応じて使い分けができます。

 

 

 

ANC/外音切り替え用のレバースイッチ

 

また、新たに外音取り込み機能も搭載。ANCモード切り替え用のレバーを下に倒すことで、ヘッドホンを着けながら外の音を取り込むことができます。

 

ノイズキャンセリングにおいて重要になるのがマイク性能。しかし、そこは世界最大手の音響メーカーのひとつと言ってもよいゼンハイザー。こういった製品に搭載されるマイクにおいても、素晴らしい性能を発揮するとのこと。もちろん、通話もクリアに行えるそうです。

 

 

 

洗練されたデザイン

 

どちらかというと工業的な美しさが目立つゼンハイザー製品の中で、『MOMENTUM』シリーズは一際カジュアルなデザインが目を惹きます。

 

 

 

しっとりやわらかなシープスキン

 

ヘッドバンドとイヤーパッドには本革(シープスキン)を採用し、極めて柔らかく肌触りの良い仕上がりになっています。前世代と比べても更に装着感に優れ、特にもっちりと耳を包み込んでくれるイヤーパッドは至高の着け心地。遮音性や音漏れ耐性にも一役買っているでしょう。

 

 

 

金属パーツも高級感のある仕上がり

 

金属パーツとしては、スライダー部にステンレスを、ロゴプレートにはアルミニウムをそれぞれ採用。スライダー部は落ち着いたマットな質感で、ロゴプレートはおなじみのラインが入った美しいデザインです。

 

 

 

自動ON/OFF機能&『Smart Pause』機能

 

また、新たに追加された機能がこちらの『Smart Pause』機能。

 

 

 

 

頭からヘッドホンを外すと、自動で再生していた音楽がポーズされます。もう一度装着するとポーズしたところから音楽が再生されるので、ふとしたタイミングでヘッドホンを外しても、聴いていた音楽が終わってしまった……ということはありません。

 

また、ヘッドホン本体の折りたたみによって電源をON/OFFにできるという面白い機能も。いちいち電源ボタンに触れることなく、折りたたんでケースにしまう/取り出すだけで電源の操作が可能です。

 

 

 

ファブリック地のキャリングケースが付属

 

 

 

専用アプリ『Smart Control App』でカスタマイズ可能

専用のスマートフォンアプリ『Smart Control App』にも対応。

 

 

ノイズキャンセリングモードの切り替えや、外音取り込みモードのセットアップ、イコライザーの調整などを直感的に行うことができるようです。

 

また、デバイスのアップデートもアプリ経由で行うことが可能。将来的なサポートも安心ですね。

 

 

 

聴いてみた!

 

今回は情報解禁と同時に製品発表会が開催されたので、PRチームからだいせんせいたにみくが参加させていただきました!

 

 

 

今までの『MOMENTUM』シリーズのヘッドホンよりも厚みのあるイヤーパッドになっていて、やさしく包み込んでくれるような装着感!

 

音質としては解像感が高く、バンドサウンドなどにもしっかり合っていました。沈む感じの深い低音が特徴的で、ベースラインなども気持ちよく聴かせてくれます。

 

ノイズキャンセリングも強すぎず弱すぎずの絶妙なバランスなので、ノイキャンに苦手意識のある方にもオススメです!

 

 

 

MOMENTUMといえば「強すぎない絶妙なノイズキャンセリング」が魅力でしたが、そのバランスの良さは最新モデルでも継承されています。今回は3つのモードから選べるようになったことで、第2世代のような自然なノイキャンに加え、他社製品にも負けないようなハッキリとしたノイキャンに切り替えることもできました。飛行機内など、大きなノイズが目立つ場所でも使いやすそうですね。

 

肝心の音質も良く、MOMENTUM特有の力強くドシリとくる低音と、カラッとしたクリアなサウンド。S/Nも向上しており、1音1音をしっかりと感じられる粒立ち、見通しの良さが印象的でした。

 

ただ、それでいて「やりすぎ感」は全く無く、適度なマジメさでまとまっているのはさすがのゼンハイザー。装着感や使い勝手も前世代から向上しており、一言で表すなら「めっちゃ最高」ってこと……。おかえり、MOMENTUM……。

 

 

 


以上、『MOMENTUM Wireless』のご紹介でした。

こちらは9月30日発売予定です。

 

 

秋葉原店名古屋大須店梅田EST店大阪日本橋本店にて試聴機の展開も予定しております。

ご来店の際にはぜひぜひチェックしてみてくださいね!

 

 

 

 

お相手はだいせんせいことクドウでした。それではまた次回。


 

※記事中の商品価格・情報は掲載当時の物です。

 

だいせんせい
e☆イヤホンPRディレクターのだいせんせいです。
e☆イヤホンTVパーソナリティ。

実力にそぐわぬ大層なあだ名ですが、名前負けしないように頑張ります。
アイドルマスターとゼルダとゲームサントラが好き。

▼愛機
カスタムIEM:UE Pro RR, MACBETH Custom, CT-300Pro
イヤホン:IER-Z1R, IE800, T5 True Wireless, etc.
ヘッドホン:MDR-Z1000, HD700, HD598, HD25, etc.
プレイヤー:AK300, AK100mk2, SL-XP150, etc.
ゲーミング:GSP600
  

この記事を読んだ人におすすめ