どうもこんにちは!

ご無沙汰しておりました!!

今日も元気な名古屋大須店のお嬢@eear_ozyo です(・∀・)ノシ

いやぁ… 最近もう、「心機一転したい!!」と思い髪をバッサリ切りまして、凄く気持ちが清々しい…!ここまでショートカットにしたのは多分5年振り位なんですが、友人にも驚かれるレベルの短さにイメチェンしました(*ˊᵕˋ*)(イメージは変わったけど中身は大して変わってない(笑))

 

さぁ、そんな事は置いておきまして…!!今回実は何と第3弾!ちゃっちゃか初めて行きますよ!

 

 

バックナンバーは下記画像をクリック!

 

 

#お嬢の愛機紹介

SHURE SE215

 
 
 
 
 
 

 

 

 

 

選んだ理由

あれは、私が入って4ヶ月ぐらい経つ頃でした。

 

まだ右も左も解らず、ただ漠然と「あ、イヤホン音違うじゃん!」とか、「バランスってどんなんだろう…?」位の感覚でいた頃のお話です。当時リケーブルのご接客をさせて頂く機会が多く、正直わけも分からないまま言われるがままにケーブルをお出しして試聴して頂いておりました。「これじゃダメだ…!」と感じ、何を始めたかと言うと何故かケーブルの線材を調べるという方向に走り、実際聴いてみよう!という流れになり暗中模索し、他の詳しいスタッフに相談したら「SE215がいいんじゃない?」という話しになり、Special Editionとそうじゃない方を聴き比べた結果、通常版のSE215のブラックにすることになりました。

 

 

初めて屋外で使用した時の、付属のフォームイヤーピースの感動を私は今でも鮮明に覚えています。歩いていると知らない人に声を掛けられたりする事が多いのですが…。初めて外で使った日もたまたま知らない人に声を掛けられました…私は内心「なんか言ってる、でも何言っとるか全然聞こえんが!え、遮音性凄ない!?遮音性でらすげぇ!!」と1人で興奮してフォームイヤーピースの素晴らしさを知る事になりました。

 

いやぁ、正直検証出来てとてもるんるんで歩いていました(*`・ω・´)

 

スーパー惚気タイム。

先ず私の一番最初のプレイヤー、AK100Ⅱとの相性が頗る(・∀・)イイ!!

ちょっと高域が伸びる様に作られてるAK100Ⅱとの相性が良すぎるのと、何よりボーカルも綺麗に聴こえるのに、楽器の音(特にギターの音)を凄く忠実に再現してくれるのがとても聴きやすくてもぅ…おっと、考えただけでヨダレが…(笑)

 

少しボーカルが前目に出てくる音作りと、全体的にとてもバランスのいい音作りになっているので、楽曲全体を楽しみたい!そういう方にとても聴きやすい音になっていると思います!そして、アーティスト様も使っている方は多数いらっしゃるのですが、本当にバランスがいい!

 

バランスがいいと一口に言っても、「何処がどういいの…?」と感じる方が多いと思いますので、聴いた事がある方も勿論沢山いらっしゃるとは思いますが、ちょっとばかり説明させて頂きたいと思います。先ず音が中心から外側に向かって広がっていくところ。これはもう、イメージ的にはライブハウスの音響さんの所で聴いているかのような距離感です!

 

全体的にとても見やすさがあって、かと言ってつやつやしすぎていないこの絶妙な感じが楽曲本来の音の美しさを綺麗に表現してくれているように感じます。また、ボーカルなんですが、位置的には少し前に来るんですが、人によっては少しこもって聴こえる方もいらっしゃるかと思います。全体的に綺麗に音を出そうとして透明度が高くなると、高域が痛く感じるようになるからこの様なチューニングになっているんじゃないのかな…と個人的に感じました。あくまでも私の一個人の感想なので、「そうじゃないよ!」って言う方もいらっしゃるかと思いますが、暖かくさらっと聞き流してやってください(笑)

 

 

全体的に同じような平行線で音を出しているため少し低域が弱く感じる方も勿論いらっしゃるかと思います。けど、決して出ていない訳ではなく、少し薄目でレスポンスの良い低域があって、少しベースは弱めに感じるかもしれないですが、ドラムやギターの音、更には打ち込み系の電子的な音等…そう言った楽曲は得意にも感じます。総じて言うと“レコーディングして色をつける前の素の音”を楽しめる音作りになっているように感じます。初めて少しレベルアップしたい、今より良いイヤホンが欲しいけど全体的に綺麗に聴こえるのがいい!モニター用として使いたい!そう言った様々なニーズの方にバチッと答えてくれるイヤホンだと私は感じます。

 

そして! ライブで使うイヤーモニターとして使いたい!カスタムは欲しいけど、どんな感じか分からないし、少しお値段が…そう感じている方に是非試して頂きたいのが、

 

eA-Rです(*`・ω・´)

 

 

 

eA-Rについて…

\eA-Rについてはこちらのリンクをチェック!!/

 

実は私もeA-Rの以前あったモデル“カメレオン”を着けているのですが、ここで付属のフォームイヤピースとの違いを語らせて頂こうと思います!

見た感じ、フォームでもeA-Rでも見た目についてはあまり変わらないように見受けられます。

個人的に一番感じたが音の近さです!!本来イヤピースをつけていると、耳の奥まで入れる場所って決まっているんですが、eA-Rをつけることによって音導管が鼓膜に近くなるので、今まで聴いていたよりもかなり音が近くに感じられます!

 

 

更に言うと、もうあれですよ…自分の耳の形で作っているのだから当然のごとくフィット感がいい!!よくお伺いするいけんとしては、「カスタムは自分の耳の形で作るからフィット感が上がり、低域が強く感じる」と言う事でしたが、個人的には耳の穴が小さい方らしく余分なもこもこした低域がシュッと締まりとても聴きやすくなりました。更にフィット感が上がるので遮音性が上がる!と思う方もいらっしゃると思いますが、個人的には元々フォームタイプのイヤピースをつけていたのであまり遮音性に関しては上がった!と感じるというよりはあまり変わらないように感じました。これはあくまで一個人の意見なのであくまで参考にしていただけると幸いです。

 

 

そんな私ですが、声を大にして言いたいことがあります。それは長時間着用した時の耳への負担です。フォームタイプと言うものは本来小さくなったイヤピースが身の中で自然に広がるものなのですが、eA-Rは初めから自分の耳の形になっているので内側から押し広げられる圧迫感がないと言う事。SE215ではあまり感じたことがありませんが、ステムが大きいイヤホンでフォームタイプのイヤピースをつけると個人的に圧迫感が結構あるので耳が苦しく感じる事も過去に何度かありました。eA-Rは長時間つけていても個人的にはストレスをあまり感じることなく、むしろつけていることを忘れてしまう程の心地いい装着感で音楽が楽しめるので、装着感で悩んでいる方は是非一度試して頂きたいです。

 

 

 


 

 

SHUERを使った事あるよー!!っていう方は沢山いらっしゃるかと思います。始めて買ったのはSHUERだったけど、今はハイエンド機種を使ってるっていう方ももう一度改めて聴いてみると新たな発見があったりしてかなり面白いものです(*’ω’*)私は最初、リケーブルとはなんぞや…?と思いケーブルを知りたいがために購入しました。けれども今じゃ大好きな機種の一つになっています。色々なイヤホンも沢山持っています。

 

ハイエンドから、低価格帯迄色々な子がいますが個人的に久しぶりに聴くと耳障りが良くどうしても長時間聴き入ってしまいます。なにより、耳への装着感がいいと言う事も勿論あるし、遮音性も勿論理由にはあります。モニターイヤホンだから…と感じている方も、そうじゃないと感じている方も、この記事を読んだ機会にもう一度真剣にイヤホンに向き合っていただけると私はとても嬉しいです。

 


そんな感じです!!

今回も私が一人でにやにやしながらポチポチと愛情を語っているだけのブログでしたが、いかがでしたでしょうか…?

またお時間を見つけて書いていこうと思います!!

まだまだ紹介していない子が沢山居るので、皆さんにご紹介させてください(笑)

 

以上!

名古屋大須店のお嬢がお伝えしましたっ!

ではまたっ(・∀・)ノシ<アデュ!

 

お嬢
まだまだ色々と未熟ですが、何事にも全力投球! ハイテンションだけが取り柄です(笑) 休みの日はもっぱら布団の中から出てきません…。
  

この記事を読んだ人におすすめ