e☆イヤホンクリニックでは、実はこんなケーブルのカスタマイズもできちゃうんです。

 


 

 

皆さんこんにちは。

イヤホン・ヘッドホン専門店『e☆イヤホン』のだいせんせいです。

 

突然ですが、皆様は『SuperBaX』というケーブルをご存知でしょうか。

 

すこすこのすこ

 

デンマークの大手ケーブルメーカー・Estronlinumブランドで展開されているケーブルの1つで、極めて細い線材に定評のある『BaX』2本分の線材で制作されたハイエンドモデル。色付けの少ないピュアな音質と取り回しの良さに定評があり、大手カスタムIEMメーカー・UltimateEarsが標準のケーブルとして採用しているのも、その性能の裏付けと言えるでしょう。

 

かくいう僕も、SuperBaXを愛用しているユーザーの1人。CIEM2pinモデルを手持ちのCT-300Proに装着して、リスニングを楽しんでいました。

 

 

しかし、愛用しているうち、不意に1つの疑問が。

 

 

 

BaXを2本掛け合わせたSuperBaXは、確かに素晴らしい。

 

 

 

ならば、SuperBaXを2本掛け合わせた『UltraBaX』を作ったら、もっと素晴らしいのでは……?

 

 

 

ウォーズマンのような理屈ですが、一度考えだしたら止まりません。気付けば僕はe☆イヤホンの中古コーナーでSuperBaXをもう1本購入していました。

 

豊富な在庫が嬉しいeイヤの中古コーナー

 

そしてそのまま、買取&クリニック専門店へ。e☆イヤホンの修理サービス『e☆イヤホンクリニック』では、実は修理の他にもカスタマイズのサービスを行っているのです。

 

ケーブルの長さを短く調整したり、シングルエンドのケーブルにバランス接続用プラグを換装したりと、ユーザーの使い勝手にあわせた柔軟な対応に定評があります。今回は、そんなカスタマイズのオーダーとしてたまに入ってくるという『2本のケーブルの線材を使って1本のケーブルにまとめる』を実践してみることに。

 

「この2本のケーブルを組み合わせて、UltraBaXを作ってください!!」

 

2本のSuperBaXを手に、嬉々とした表情でやってきた僕を見て「やべー奴が来た」という顔をしていたまりりんさん(クリニックのDr.)でしたが、無事オーダーを受けて頂けました。完成が楽しみです。

 

 

 


 

待つこと一週間ほど。クリニックから完成の連絡がありました。

※お客様優先のため、通常より少し時間がかかっています。

 

 

 

ドドン

 

か……かぁっこいい〜!!!

 

なんということでしょう。そこには「もとからこういうケーブルだったのでは?」と錯覚するほど自然な形にまとまっているSuperBaX達……もとい、『UltraBaX』の姿が。

 

 

 

 

SuperBaXのツイストのクセを生かした特殊な編み方ということで、通常の8芯編みより少し複雑な工程が必要とのこと。それも納得の完成度です。

 

 

 

 

カスタムIEMに装着するとこんな感じ。取り回しも極めて良く、軽く巻いただけでふわっとまとまります。使い勝手も抜群。

 

 

 

 

2pinプラグ&ステレオミニプラグには、NOBUNAGA Labsのパーツをチョイスしました。精度も良く、LRの視認性も良好。埋め込み式の2pinにもしっかりと挿さります。各プラグは熱収縮チューブで入念に保護されているので、ヘビーユーザーにも安心ですね。

 

 

 

 

まず驚いたのは、水平方向のサウンドフィールドがグッと広く感じられたこと。CT-300Proはどちらかというとやや小さくまとまりつつ、中身の詰まった濃いめの鳴り方が特徴でした。にも関わらず、ここまでしっかりと広がりのある音が楽しめるとは驚きです(しかもシングルエンドなのに)。

 

加えて、広がった分スカスカに感じることもなく、CT-300Proが持つ密度感も健在。情報量に富んでおり、解像感の高いイヤホンであれば更に真価を発揮出来そう。元々のSuperBaX自体が色付けの少ないケーブルであることもあり、ケーブル自体の主張は強くないながら、非常に堅実なパワーアップを果たしてくれる実力派な1本に仕上がりました。

 

また、カスタムIEM専門店の試聴機を使って色々試してみたところ、個人的にはMASON IIとの組み合わせが素晴らしく良かったです。

 

 

こういうのを試して結果が良いと、追加でオーダーしちゃいたくなっちゃいますね……。うごご……。

 

 

 


 

以上、クリニックのケーブルカスタマイズサービスのご紹介でした。

 

今回の工賃は、合計で42,660円となりました。

(内技術料40,000円パーツ代2,580円

 

 

Estronで使用されているプラグや分岐パーツの分解が難しい構造であったこと、工程の複雑な編み方を選択したためになかなかに高額なカスタマイズとなってしまいましたが、相応の価値があるケーブルが完成しましたので大変満足しております。

 

 

 

これらのカスタマイズは現在、

にて受付しております。

 

また、宅配による修理・カスタマイズも可能ですので、詳しくは修理案内ページをご確認ください。

 

お使いのイヤホン・ヘッドホン・ケーブルなどで気になる点がありましたら、ぜひぜひe☆イヤホンクリニックまでご相談くださいませ!

※修理・カスタマイズを行った製品はメーカーサポートの対象外となりますので、予めご了承下さい。

 

 

 

お相手はだいせんせいことクドウでした。それではまた次回。


 

※記事中の商品価格・情報は掲載当時の物です。

 

だいせんせい
e☆イヤホンPRディレクターのだいせんせいです。
e☆イヤホンTVパーソナリティ。

実力にそぐわぬ大層なあだ名ですが、名前負けしないように頑張ります。
アイドルマスターとゲームのサウンドトラックが好き。

▼愛機
カスタムIEM:UE Pro RR, CT-300Pro
イヤホン:IER-Z1R, IER-M9, IE800, IE80S, IE80, etc.
ヘッドホン:MDR-Z1000, HD700, MDR-1Rmk2, HD25, PortaPro, etc.
プレイヤー:AK300, AK100mk2, SL-XP150, etc.
  

この記事を読んだ人におすすめ