はいはい、どうも!!

そろそろ涼しくなってきたので今シーズンのヘッドホンをどうするか、

そんな悩みを抱えているけんさんです。

小さいサイズのが欲しいので個人的にはT51p辺りかなーと思ったり。

ご来店の際は是非皆様の冬ホンを教えてください\(^o^)/

 

 

 

 

さてさて、それはさて置き!本日は新発売ヘッドホンのお話ですよ!!

本日はAcoustic Researchからこちら!!

 

デデーン

Acoustic Research AR-H1!!

 

 

簡単なスペックはこちら↓

 

 

構造: オープンエア
駆動方式: 平面磁界駆動式
ドライバー設計: 86mm 平面型 ネオジウム磁石配列
周波数特性: 10Hz 60kHz
感度: 92dB/mW
インピーダンス: 33Ω
重量: 421g

 

 

こちらの特徴はなんと言っても平面磁気駆動というところですね!

平面駆動のヘッドホンも少しずつ増えている中で価格的にはちょうど

中間ぐらいですかね?

環境の向上&初平面駆動をご検討の方には絶妙な価格帯かと思います。

 

 

ちなみに平面駆動とはざっくり説明すると、

 

 

振動板を平面にしたことにより、ボイスコイルを全体に配置出来て、

振動板の端まで音が伝わる間のラグが少なく、

歪みの少ない音を鳴らせると言った感じです。

 

 

更にざっくり言うと振動板全体からほぼ同時に音を鳴らすので、

濃密な音をが楽しめる。

 

 

といった感じです。

あまり語りすぎても趣旨がブレるのでこの辺で(・∀・)

 

 

そして個人的に気になったのがインピーダンスが33Ω!!

スマホでも鳴らせちゃうようなインピーダンスです!

実際スマホでも鳴らしてみましたが、普通に聴くぐらいの音量であれば確保できました!

たださすがに大音量は難しそうですね。本当に心地よく聴く音量といった感じです。

この出力する側を選ばない感じはミドルクラスという価格帯で考えるとすごくいいですね!

初グレードアップだったりすると中々最初は高出力の環境を確保するのが難しかったりしますからね(^-^;

 

 

さて肝心の音質ですが、

 

 

非常に良いです。

 

 

全体的にバランスもよく鳴ってくれていて、定位感もよいです。

若干中域が前にくる感じはありますが、ソリッドな高音としつこくない低音で

後ろからちょうどよく支えてくれている感じです。

クラシック、アニソン、JPOP、R&B、HIPHOP、FUNK、バラード

あらゆる音源で聴いてみましたが、不得意はあまりなさそうですね。

すごく細かな音の表現が得意なので、遠ーーーーーーくの方の高音とかに注目していただきたい。

 

 

あ、この音そこで鳴ってたんだ。

 

 

みたいになります。いつでも新しい音の発見は感動ですね!

 

 

後は装着感ですが、

持った感じは硬く、側圧も強そうに感じましたが、

装着してみるとイヤーパッドが柔らくて心地よい!!

逆に緩すぎても落ちてきてストレスになるのでちょうどいい塩梅だと思います。

長時間のリスニングも快適そうです。

 

 

 

 

 

はい!つまりトータルで言うと、

 

 

とってもオススメです!!

 

 

平面駆動のヘッドホンが欲しい方、

 

ミドルクラス以上に挑戦してみようかなという方、

 

豪華なサブ機としても、

 

 

単純に音がいいのであらゆる方のニーズに応えられるヘッドホンかなと思います!

家でゆったり聴ける開放型のヘッドホンをお探しの方は是非ともご検討ください!!

もちろん店頭でご試聴いただけますよ!!

 

ではでは!

店頭でお待ちしておりますm(__)m

 

ばーい(・∀・)ノ

 

 

 

 

 

 

 

けんさん
はい、どうも!e☆イヤホン秋葉原店在籍! ラーメンのスープは残す派のけんさんです! ホールスタッフとして徘徊していることが多いので、 店頭で見かけたら是非声をかけてください\(^o^)/ こう見えて音質は意外と繊細な方が大好きです! ダンサーもしているのでダンストーク出来る方もお待ちしております!
  

この記事を読んだ人におすすめ