ちゃい、じょーだんだお

 

(」°ロ°)」『今回は新機種の発表ですよー!あの機種がついに….!?』

 

ということで発表していきましょう!

今回発表された機種は3つ!それぞれメーカーも異なります!

 

こちらのメーカー!!

 

 

 

もう発表される機種がお分かりの方もいるかと思います!

 

そう!

 

MAVERICKⅡ

 

A18

 

Gemini

 

上記3機種です!

聞こえます…聞こえてきますよ…みなさんの雄たけびが!

ちなみにMAVERICK Ⅱ優待販売のキャンペーンもありますよ!

詳しくは下記の紹介にて!

 

では早速紹介していきましょう!

試聴する機会がありましたのでレビューも載せてます!

 


Unique Melody MAVERICK II

 

スペック

ドライバー:ハイブリッド型

5 ドライバー:Low x 2 (Dynamic x 1 + BA x 1), Mid x 1, High x 2

クロスオーバー:4 ウェイ・クロスオーバー
周波数特性:10Hz – 20kHz
感度:112.35dB
インピーダンス:24.1Ω
入力端子:3.5mm ミニ端子
出力端子:2pin 端子

製品特徴

-カスタムIEM(インイヤーモニター)モデル
– MAVERICK 特有の低域再生にダイナミックドライバーとBA ドライバーを使用したハイブリッド設計
– 直径10mm のダイナミック型ドライバーを搭載
– フェイスプレート上のベントを2 ポートにし、音の空間表現を拡張
– 従来機からクロスオーバーポイントの最適化
– プラチナ塗装の合金製サウンドチューブを採用し、音をよりストレートに鼓膜へ届ける
– イヤホン側端子は着脱可能な2pin 端子を採用(リケーブル対応)
– 独自設計のドライバーを搭載

実際に聴いてみて

MAVERICKと比べて明るくなり、細かい部分の表現がより器用になりました。

特徴としては音の見通しが良く、ダイレクトに聴こえてきているような聴こえ方がします。

空間の表現が独特で、出てくる、聴こえてくる音の規模の表現に長けています。大胆に出す部分もあれば繊細さも損なっているわけでもない。

なので聴いていて曲の持つ世界観や情景がより一層イメージしやすくなると思います。

また、音情報の処理も得意な印象を持ちました。色んな音がドッと押し寄せてきても聴いていてごちゃっとするような場面はありませんでした。むしろちょっと余裕を感じたくらいです。

ジャンル問わず大活躍してくれる機種です。これなら沼抜け出せるかもしれませんね。

☆キャンペーン情報!

通常価格¥188,500-が、なんと!

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 

ご優待販売価格¥145,000-でオーダーできてしまうキャンペーンです!

ですがこのキャンペーン条件があります。

① 既にUnique Melody製品をお持ちであること。

え、これだけ?全てのモデルが対象?ということは….

そうなんです、ユニバーサルモデルでも大丈夫なんです!

ただ、1つだけ注意点がございます。

イヤホンの筐体に記載してあるシリアル番号をオーダー用紙に記載する必要がありますので予めご了承ください。

キャンペーンは4/28(金)~6/30(金)までです!

むちゃくちゃお得なキャンペーンです!お見逃しなく!

 

 


64 AUDIO A18

 

スペック

ドライバー:バランスド・アーマチュア型(BA 型)

18 ドライバー:Low x 8, Mid x 8, Mid/High x 1, tia High x 1

クロスオーバー:4 ウェイ・クロスオーバー

感度:116dB

インピーダンス:9Ω

周波数特性:10Hz – 20kHz

製品特長

5つの独自技術を採用。

-tia System

-tia Single Bore

-apex Technology

-CenterDrive Technology

-True Phase Design

実際に聴いてみて

片側18基と構成を聞いて殴られるような迫力と情報量を想像していました。

いざ実際に聴いてみると

Σ(゚Д゚)

となりました。歯切れのよい超絶スッキリサウンド、余韻も現行のどの機種よりも鮮明で余裕があります。

尖った部分は無く、ボーカルもマスクせず、各帯域のバランスも不満に思うような部分、一切ないです。むしろこのままでいてほしいくらい。

何より度肝を抜かれたのは片側18基も積んでいて

 

聴き疲れする気配が一切ない

 

恐ろしい機種が出てきましたね、金額無視で選ぶとしたら間違いなく筆頭候補です!

 


qdc Gemini

 

スペック

ドライバー:独自開発のバランスド・アーマチュア型(BA 型)

8 ドライバー: Low/Low-Mid x 2, Mid x 2, Mid/Mid-High x 4

クロスオーバー:4 ウェイ・クロスオーバー

周波数特性:20Hz – 20kHz

入力感度:112dB

インピーダンス:25Ω

入力端子:3.5mm ミニ端子

製品特長

– オーダーメイド製品(カスタムIEM)

– バランスド・アーマチュア型ドライバーを8 基搭載

– 搭載されているバランスド・アーマチュア型ドライバーは、qdc 社がカスタマイズを行った特注のドライバーを採用

– フェイスプレートにマイクロスイッチを搭載し、一つの製品で異なる2 種類のサウンドを持つ

実際に聴いてみて

粒立ちや解像度など、音のクオリティが非常に高いです。

聴いた瞬間8ドライバーが持つ情報量の多さに驚かされ、余すことなく聴かせてくれる表現能力の高さに感動させられました。

スイッチではサウンド全体の重心に変化があるように感じました。

音量抑え目でしっとり聴く事が出来、パワーを上げるとパワフルに聴く事が出来ました。

立ち上がりがとてつもなくスピーディで正直聴いていて無茶苦茶楽しい機種です。

 


今まで問合せの多かったMAVERICK ⅡとA18がついに発表になりましたね!

僕もイベントのなどで聴こう聴こうと思ってはいるのですが聴く機会に恵まれず(´・ω・`)

ですがやっとオーダー受付が出来るようになり、ホクホクです!

qdcも最近じわじわと評判が広まり注目が高まっているメーカーです!

このGW、注目製品いっぱいで目が離せませんね!

 

今年は豊作です!断言できます!

 

気になる展示、オーダー開始日ですが3製品とも4/28(金)です!

試聴機は大阪日本橋本店、梅田EST店、名古屋大須店、カスタムIEM専門店で可能です!

ご来店お待ちしてまーす!

 

もちろんWEBでもオーダーできます!

今回紹介した機種はこちらです!

 

では、じょーだんでした~

 

ばいぴち!

 

 

↓店舗案内↓

 

  

この記事を読んだ人におすすめ