DACチップ「CS43198QFN」をデュアル搭載のDAP「DX160」が登場!

 


 

 

皆様こんにちは、PR部たにみくです!

今回ご紹介する新製品はこちら!

 

 

 

iBasso Audio DX160

 

2019/10/11発売予定!

(2019/10/4予約開始)

 

 

 

高解像度液晶

1670万色、445画素密度の高解像度液晶の1080P Full HDの全面ディスプレイ。

精巧な設計でより自然なデザインとなっています!

 

 

ファッショナブルに日常を着飾る

精密加工による曲面仕上げのアルミニウムボディで、マルチカラーのアルマイト処理によるカラーバリエーション。

5inch 1080P 全面ディスプレイの3D曲面仕上げのガラスバックカバーとなっています。

 

 

強力な心臓部

Cirrus Logic社のフラグシップDACチップのひとつである「CS43198QFN」をデュアルで搭載。
3.5mmシングルエンド出力、4.4mmバランス出力に関わらず両方のDACが同時に駆動します。

「CS43198」の繊細さを維持しつつも、より上品で音楽を楽しく聞けるようなチューニングが行われているそうです。

 

また、S/Nにも優れ、高感度なヘッドホンであってもノイズフロアはほとんど感知できないとのこと!

 

 

 

音楽ストリーミング

DX160にはAndroid 8.1をベースとしたカスタムOSが採用されています。

あらゆる種類のアプリケーションを簡単にインストールでき、いつでもオンラインで高解像度の音楽を楽しめます!

 

また、Tidalを始めMQAに対応するストリーミングサービスの利用が可能です。

 

 

 

豊かな機能性

急速充電によって1.5時間で充電完了、最大13時間の稼働時間
QC3.0, PD2.0, MTK PE+ の三つの急速充電規格をサポートしています

 

 

 

2-WAY Bluetooth 5.0

DX160はBluetooth出力だけでなく、Bluetoothレシーバーとしてもお使いいただけます。
LDACとaptXに対応しています。

 

 

 

USB-DAC
オーディオプレイヤーとしてだけでなく、PCやとスマートフォンと接続することで、USB- DACとしてもお使いいただけます。
384kHz/32bitまでのPCMと11.2MHzまでのDSD音源の再生が可能です。

 

 

 

4.4mmバランスジャック
DX160の4.4mmバランスジャックには、信頼性と耐久性に優れる日本ディックス製の「Pentaconn」を採用しています。

 

 

 

スペック

ボディ材質 アルミ合金
サイズ 123mm x 69mm x 15mm
重量 178g
搭載 DAC CS43198QFN x2
対応ファイル形式

MQA、APE、FLAC、WAV、WMA、AAC、ALAC、AIFF、OGG

MP3,DFF, DSF, DXD, DST(CUE), ISO, M3U, M3U8

出力系統

3.5mm ステレオ出力、4.4mm バランス出力

3.5 mm ライン出力、3.5mm 同軸出力

Bluetooth V 5.0
内蔵ストレージ 32GB
連続再生時間 約13時間
製品内容物

DX160 本体、USB-Type C ケーブル、TPU 製本体保護ケース

ガラス面保護シート、クイックスタートガイド、保証書

 

 

 


こちらは2019/10/11発売予定です。

 

 

 

以上、DX160のご紹介でした。

最後までご覧いただきありがとうございます。PR部たにみくでした!


 

※記事中の商品価格・情報は掲載当時のものです。

 

たにみく
PR部のたにみくです バンドおんがくが好きです どうぞ宜しくお願いします
  

この記事を読んだ人におすすめ