バナー

皆様いかがお過ごしでしょうか、秋葉原店のすーさんです!!

かなり久しぶりに登場したので、かなり緊張していますが、

どうか暖かい目で見守っていただければ幸いで御座います。

 

さて、皆様は普段音楽を聴くときは、プレーヤーなどは何をお使いでしょうか?

携帯で音楽を聴く方もいれば、専用の音楽プレーヤーで聴かれる方も

いらっしゃると思います。

そんな、音楽を愛してやまない皆様に

本日はこちらの商品を自信をもってご紹介いたします。

 

はいドン

 

FiiO X1 2nd generation &  FiiO A5

 

 

 


 

 

  FiiO X1 2nd generation

X1 2nd generationはFiiO X1の後継機となります。

FiiO X1といえば圧倒的なコストパフォーマンスの良さと、素直な音質、

使いやすい操作性で人気を博した名プレーヤーです。

また、 FiiO A5 はパワフルかつ高音質で人気を博したE12/E12Aの後継機という事で、

非常に注目度の高い商品でございます。

 

それでは、FiiO X1 2nd generationから詳しく見ていきましょう!

 

fiio silver

 

んん~かっこいい!!!非常にスタイリッシュですね!!

本体サイズがかなり小さいので、スーツの内ポケットに入れても

膨らむことなく高音質の音楽を楽しむことが出来ます!!

X1との大きな違いといたしましては、物理スクロールホイールから

タッチホイールに変更となっています。

また、Bluetooth機能(version 4.0)を新搭載しているので、ワイヤレスでも音楽を楽しむことが出来ます。

外部microSDカードスロットの最大容量が前モデルの128GBから256GBにグレードUP!!

これによりハイレゾなどの高音質な音楽をより多く外に持ち出すことが可能になっています。

 

それでは、X1 2nd generationのスペックのご紹介です。

  • エントリークラスのハイレゾ・ミュージックプレイヤーとしての圧倒的なコストパフォーマンス

  • Bluetooth機能搭載により、さらに広がったポータブルプレイヤーとしての利便性

  • 新搭載のタッチホイールによる滑らかな操作感

  • メモリー再生フォルダスルー再生ギャップレス再生キーロック自動シャットダウンなど様々な機能を搭載

  • FLAC/APE/ALAC/WAV/WMA/AAC/MP3など多彩なフォーマットに対応

  • microSDカード(SDHC/SDXC)対応のカードスロット搭載 [最大256GB]

  • 信頼のTexas Instruments製DACチップ「PCM5242」を使用

  • オペアンプバッファーにはIntersil ISL28291を使用

  • ヘッドフォン出力ライン出力はシステム設定での切替により1つのジャックで兼用(3.5mmステレオミニ)

  • ドラッグ&ドロップによるファイル移動と自動ライブラリ更新機能搭載

  • 再生ファイルの音質を周波数帯域ごとに細かく調整可能な7バンド・グラフィックEQを搭載。ユーザーカスタムも合わせて8個のプリセットが使用可能

  • ブラック/ピンク/ライトグレー/ブルー/ダークグレー/ベージュの6色からUIの背景テーマを選択可能

  • 初代X1からさらに軽量化したアルミニウム合金のボディは僅か102gの軽さ

  • 非常に手になじみやすいポータブルユースにとって完璧なサイズ感を提供。

  • 連続約12時間以上再生可能(再生ファイルにより変化)

対応フォーマット
(ハイレゾ)
FLAC/WAV/ALAC/APE/WMA
対応フォーマット
(16bit以下のみ)
MP3/MP2/AAC/WMA/OGG/etc…
出力 >90mW(16Ω) / >70mW(32Ω) / >8mW(300Ω)
S/N比 ≥113dB (A-weighted)
歪み率 >0.003% @1KHz
ビットレート

16bit/24bit/32bit (32bitはWAVとAIFFのみ)

サンプルレート

PCM [44.1/48/88.1/96/176.2/192KHz]

適応インピーダンス

16Ω~100Ω

アウトプット

ヘッドフォン/アナログライン(兼用)

メモリ用カードスロット

microSD x 1基搭載 (最大256GB)

オペアンプ IC

ISL 28291

DAC IC

TI PCM5242

USB充電

microUSB 5V/500mA [5V/2A推奨]

バッテリー 内蔵リチウムイオンバッテリー [1800mAh]
連続駆動時間 約12時間以上(再生ファイルにより変化)
充電所要時間 約3時間 (5V/2AのACアダプタ使用時)
外寸 55.5 × 97 × 12 mm
重量 102g
付属品 本体
クイックスタートガイド
充電用USBケーブル(USB-A – microUSB)
スクリーンプロテクター x 2枚 (1個装着済み)
専用ケース
ステッカー x 2枚
発売日 2016年11月18日 
標準価格  オープンプライス (実勢予想価格 税抜16,000円前後)
JAN Black : 4582387102899
Silver : 4582387102905

 すごい・・・普通にすごい・・・

 

皆さまこれで驚いてはいけません。まだございます!

普通「このレベルのスペックなら当然お高いんでしょ~?」とお思いの方が多いと思います!!

しかし、こちらのプレーヤーのお値段、11月18日現在で何と・・・・・

 

17,280円(税込)!!

 

信じられないお値段です。

開いた口が塞がらないとはまさにこのことです。

初めてプレーヤーの購入を考えているお客様に超オススメ商品です!!!!!

また、プレーヤーの買い替えをお考えのお客様にも超オススメです!!!!!

つまりすべての人に超オススメなのです!!!!!!

カラーも2色からお選びいただけます!

 

お次は FiiO A5 を詳しく見ていきましょう!!

 

  FiiO A5

fiio e5

 

シルバーボディーがかっこいいですね!

こちらのアンプは、E12、そしてE12A、両者の優れた部分を統合し、パワフルサウンドかつ高音質なアンプとなっています。

 

こちらもスペックを見ていきましょう。

  • オペアンプには音の質感の徹底的な向上と空間の再現性を高めるために拘った回路技術とチップレイアウト、そしてフレーム材質など、新日本無線のオーディオIC 技術を結集し開発されたフラッグシップモデル「MUSES02」を搭載。
  • 高性能バッファー「LME49600」とのコンビネーションにより、お使いのIEMのポテンシャルを向上。
  • ロータリー型ボリュームコントローラーにより、スムーズな音量調整が可能
  • AUDIO IN/OUTのシンプルな構成で音質の向上に特化したデザイン
  • E12のパワーを継承した上、E12Aで実現した高解像度バックグラウンドノイズの静寂性を両立。
  • ベースブーストEQはON/OFFの2段階。
  • ハイ(12dB)とロー(-1dB)の2つのゲイン調整機能を装備。
  • 充電は付属のUSBケーブルで行い、空の状態からフル充電まで約180分。(ACアダプタ使用時)
  • 連続駆動時間は約13時間以上
  • APPLE iPhoneや代表的なスマートフォンとおおむね同等のサイズ。重ねて持ち運ぶのに便利な大きさ。(ゴムバンドが4本付属)
出力 >600mW (16Ω) / >795mW (32Ω) / >150mW (300Ω)
最大出力電圧 19Vp-p
S/N比 ≥115dB (A-weighted)
歪み率 >0.002%
クロストーク

≥75 dB

ベースブーストEQ

ON/OFF

周波数帯域

20Hz~40KHz

適応インピーダンス

16Ω~300Ω

オペアンプチップ

新日本無線 MUSES02

バッファー

LME49600

USBコネクタ

microUSB (DC5V/500mA)

電源供給 内蔵リチウムイオンバッテリー [880mAh]
連続駆動時間 約13時間
充電所要時間 約3時間 (AC電源経由)
外寸 124 x 65.5 x 14.5 mm
重量 168g
付属品 3.5mm ステレオミニケーブル (LL, 長さ約11cm)
USBケーブル (充電用)
シリコンゴムバンド x 4
シリコンパッド x 2
ソフトポーチ
クイックスタートガイド

 

こちらも素晴らしいスペックですね!!

そして皆様をたびたび驚かせてしまうことになり申し訳ございません!!

こちらの商品のお値段、11月18日現在で何と……

 

18,360円(税込)!!

 

こちらの商品も初めてアンプを買うお客様にオススメの商品です!!

操作も非常にシンプルなのでわかりやすいです。

 

DSC_7361k

 

先ほどのX1 2nd generationと組み合わせても非常にかっこいいです!!

2つを重ねると丁度 FiiOの文字が見えるのもなかなかおしゃれですね!!

 

そして、2つ合わせて購入しても、2016/11/18現在で、

35,640円(税込)でございます!!

 

安い! 圧倒的安さ!!

2つ合わせても、普通のプレイヤーと同じか、それ以下の価格です!

 

皆様もぜひこの2つの商品ご試聴くださいませ!!

 

改めまして、こちら2機種は11/18(金)発売!

 

 

 

以上、秋葉原店のすーさんがお届けしました!!

↓店舗案内↓

  

この記事を読んだ人におすすめ