大先生

どうも、僕です。

 

皆さん、ウェアラブルデバイスは好きですか?

AppleWatchのような腕時計型端末や、

MOVERIOといったメガネ型端末など、

未来的なガジェットが日々展開されている今日ですが、

僕としてはウェアラブルデバイスと言えばポケットピカチュウなわけです。

そしてポケットピカチュウといえばやはりシャカシャカですよね。

最近だと『ポケモンGOplus』なるものが出ているらしいですが、

僕としてはいわゆるシャカシャカのような遊び心が欲しいと切に思っております。

いかがお過ごしでしょうか。

 


 

さて、今回は新商品のご案内です。

SONYから、新たにBluetoothモノラルヘッドセットが登場!

早速ご紹介致しましょう……。

 

はいドン!!

 

SONY XPERIA Ear

XEA10

き……来たー!!

 

ついに来ました。何が来たかって?

そりゃあもう未来です。フューチャーそのもの。

耳元にアシスタントが宿るのです。

iPhoneで言うところのSiri、ジェフティで言うところのADAです。

これが熱くなくてなんだ!?

 

 

さて、気を取り直してご紹介に参ります。

こちらの『XPERIA Ear』は、モノラルヘッドセットです。

正確には『Bluetoothモノラルヘッドセット型コミュニケーションデバイス』。

 

どういうことか? と思われる方も多いでしょう。

というのも、現行のBluetoothモノラルヘッドセット市場において、

ここまで高額な商品というのは類を見ません。

せいぜい2〜3千円といったところだと思いますが、

もちろんそれを踏まえた上で登場したこの『XPERIA Ear』、

それだけの価値がある商品だということです。

 

まずは純粋に、ヘッドセットとしての機能をご紹介します。

IPX2相当の防水性能を持ち、約3.5時間の連続通話に対応。

付属のケースにより収納を兼ねた充電が可能で、

ケースには12時間分の容量のバッテリーが備わっています。

XEA10_001

ライターのような特徴的なケース。

僅か6.8gの本体質量から成る優れた装着性軽量性を持ち、

BAドライバ搭載による高音質な音声再生

そして高性能デュアルマイクによるストレスフリーな通話が可能です。

 

……と、ここまで聞いただけでも、

すでに既存のヘッドセットとは一線を画すコダワリを感じられたかと思いますが、

このXPERIA Ear、それに留まる商品ではないのです。

 

この商品の根幹たる肝、それは先述にもある通り『アシスタント機能』。

スマートフォンのように画面を見てタッチする必要もなく、

音声で各アプリを操作出来るという完全ハンズフリー機能なのです!!

 

 

 

例えば、タメスくんからメッセージが届きます。

すると、XPERIA Earがそのメッセージを読み上げてくれます。

 

タメスくんだよ!

この間はお店に来てくれてありがとう!

君のような可愛い娘に来てもらえると、とっても嬉しいよ!

次はいつ会えるかな?

プライベートで会うのも全然OKだよ!

楽しみにしてまーす☆

 

いたたまれない気持ちになりました。

すぐにタメスくんから、再びメッセージが届きます。

 

無題

ごめんまちがえたすぐけして

 

そこで、XPERIA Earにこう伝えます。

『タメスくんに『全然OKだよ!』とメッセージを送って』

 

たったこれだけで、メッセージの送受信が完了するのです!

まるでアシスタントが傍に立っているかのよう。未来的ではありませんか!

 

IMG_0475

 


 

さて、タメスくんが、

『僕に何の恨みがあるんだ』

『根も葉もないデタラメを吹いて回らないでくれ』

『火のない所にわざわざ煙を立てるな』

と言って去っていったところでご案内を続けます。

 

上記の通り、声だけで各アプリ操作が可能になるので、

メッセージアプリに限らず、

LINETwitterといったSNSツールであったり、

Googleマップのようなナビゲーションアプリや、

プレイヤーアプリでの音楽再生、

Wikipediaなどでの検索、といった操作も可能。

もちろん電話をかけることも意のままです。

 

いかがでしょうか?

ここまで聞いて頂ければ、この『XPERIA Ear』、

ただのヘッドセットに囚われない商品であることがお分かり頂けるかと思います。

言わばコレは、スマートフォンスマートウォッチに次ぐ、

スマートヘッドセットだと言っても過言ではありません。

 

冒頭では『ん?』と思われたかもしれないこの価格にも、

相応の価値があることが納得して頂けたでしょうか。

むしろ僕的には『このサイズにどうやってその機能を詰め込んだのだ』

という疑問が渦巻いて仕方ありません。

改めてSONYさんのオールラウンダーな技術力に感嘆を覚えつつ、

その最先端テクノロジーぶりに俄然興味を掻き立てられます。

 

改めましてSONY『XPERIA Ear』は、

本日11/18発売!

 

お相手は大先生ことクドウでした。それではまた次回!

 


 

↓店舗案内↓

だいせんせい
e☆イヤホンPRディレクターのだいせんせいです。
e☆イヤホンTVパーソナリティ。

実力にそぐわぬ大層なあだ名ですが、名前負けしないように頑張ります。
アイドルマスターとゼルダとゲームサントラが好き。

▼愛機
カスタムIEM:UE Pro RR, MACBETH Custom, CT-300Pro
イヤホン:IER-Z1R, IE800, T5 True Wireless, etc.
ヘッドホン:MDR-Z1000, HD700, HD598, HD25, etc.
プレイヤー:AK300, AK100mk2, SL-XP150, etc.
ゲーミング:GSP600
  

この記事を読んだ人におすすめ