たっちゃん

 

この間の休みでふと子供のころを思い出していました。

学校から帰ってテレビを見ながら簡単なご飯を作って、宿題して…。

今考えると「あれ、当時のほうが活発的じゃね…?」と思ってしまいます。

まずは久々に料理をしようかなと考えています。とりあえずエプロンを買おう。

 

 

皆さん!こんにちは!こんばんは!

名古屋大須店のたっちゃんでございます!

Twitterはコチラ→@eear_tatchan

 

本日11時より予約開始!!

Campfire Audio 「VEGA」&「LYRA II」

 

VEGA

 

Web_Vega_PT01_(1)

 

 

 

■VEGA
「VEGA(ベガ)」は、チタンよりも硬い全く新しい流体金属のハウジングに、非結晶カーボン(ADLC)をコーティングした
直径 8.5mm のダイナミック型ドライバーを搭載させた、世界初のイヤホンです。
妥協を排し、 一つ一つのパーツを突き詰め、より広いサウンドレンジの実現、高音域再現の更なる高み、
そしてダイナミック型ドライバーらしいパワフルで深い低音域の再生、これら全てを兼ね揃えた設計がVEGAに込められています。

 

 

 

LYRA II

 

Web_LyraII_PT01_(1)

 

 

 

■LYRA II
「LYRA II(レイラ II)」は、Campfire Audioが初めて手掛けたダイナミックドライバー型イヤホン「LYRA」の後継機として誕生した新しいイヤホンです。
この LYRA II には、 従来機 「LYRA」 で高い評価を得ていた8.5mm のベリリウムPVDダイナミック型ドライバーを引き続いて採用し
ハウジング(イヤホン筐体)には、 全く新しい合金製流体金属ハウジングを採用、 LYRA の正統な後継機として誕生しました。

 

 

実際に聴いてみました!

 

装着感は、以前販売していた、ORIONなどと比べると非常に装着しやすくなっています。

ただ、イヤーピースがかなり装着感に影響が出てきます。

付属品として、シリコンタイプ、フォームタイプ、さらにSpinFitも同梱しているので

耳に合った、イヤーピースをお選びください。(僕はフォームタイプが一番合いました。)

 

 

まず、VEGAを試聴しました。

第一印象は「優等生な音」という印象でした。

各帯域のバランスもよく、定位も正確、音場も広め。解像度も高いです。

金属筐体にカーボンをコーティングしたとの事ですが、

音が鋭いということもなく、非常に聴きやすい音質です。

色んな音楽を聴く方にオススメです。

 

 

次に、LYRA IIを聴きました。

VEGAと比べると、少しドンシャリ傾向になった印象です。

ベース、ドラムの押し出しが強くなり、電子音などの中高音域もぐっと前に出てくるように思います。

前モデルのLYRAと比べると逆に落ち着いた印象を受けます。

高音が刺さらず、ボーカルも遠くない。より、多くの人に楽しんでいただけるサウンドに生まれ変わったイメージです。

女性ボーカルの伸びが気持ちよく聴けます。

バンドサウンドなどをもっと楽しく聴きたいという方にオススメだと思います!

 

 

 

コチラのVEGA、LYRA IIは本日より予約開始です!

発売は11月7日(月)です!

気なる方は是非ご予約を!!

 

 

 

 

では、名古屋大須店のたっちゃんがお送りいたしました~!

 

↓店舗案内↓

  

この記事を読んだ人におすすめ