ブログ

 

どもども。。

 

最近発売されたハイエンドのヘッドホン(約20万円)SENNHEISERのHD800sはもう聴かれましたでしょうか?

実はこのHD800sに関しては名機とも言われているあのHD800からの純粋な後継機種にあたるヘッドホンになるのです。

なので待ちに待ったという方も少なくはないかと思います。

 

なので今回はそんなHD800とHD800sの音質の比較したいと思います!

 

hd800

 

 

 

もちろん繋げる据え置きアンプはSENNHEISERのHDVD800!

 

【お取り寄せ】SENNHEISER HDVD800【デジタルヘッドホンアンプ】

 

 

これで実際にHD800とHD800sとの音質の違いをレビューします。

 

SENNHEISER HD800【ゼンハイザーの最高峰オープン型ヘッドホン】

まずはHD800

改めてHD800を聴くとやはり音場の広さと細やかな音質、あと程よい低音感がさすがこれまでヘッドホンの中でも名機と言われるほど表現が豊かだなと改めて思いました。前に音出しが来るというよりは全体的な音の空間の広がり方が重視されてリラックスされるような状態で音楽を楽しめるなという印象ですね。

 

【新製品】SENNHEISER HD800S 【HD800の後継機】

そしてHD800s

これは、、HD800と比べてみて別物だと確信しました。まず音量が大きく感じられる。駆動しやすいヘッドホンですね。そして低音の量感ももちろん増えHD800より肉厚になった印象。じゃっかんベイヤーのT1っぽいなと感じられるところもありますが、音場の広さはもちろん感じられます。ただ、HD800よりは音が前に出やすい分音場が狭く感じるかもしれないですね。

 

そして2つ聴き終わった後に思いました。

「これ違いわかりやすくない?」

 

なので急遽検証!

 

検証にお願いしたのが新しくeイヤホンのスタッフになったスタッフに実際に違いがわかりやすいか検証してみた。

 

新しく入った大阪日本橋本店スタッフの「まーりー」です。 

 

ma 

 

実際に聴いてもらったところ。。

 

「これ音質違いますね。わかりやすいです!HD800がスキっとしていてクリアでHD800sが暖かくて迫力あります。」

 

そして僕は言いました。

「どっちが好みだった?」

 

「私は正直なとこHD800です。。すいません。」

 

もし僕が金の斧銀の斧の神様だったらこう言うでしょう。

「なんて素直な子なんでしょう!このブログ潰す気かしら?」

 嘘です嘘です。

 

でも実際に試聴されるお客様の反応も様々で、「やっぱ前のほうが好きやわ。」という方もいらっしゃいますし、「これいいね!」という方それぞれいらっしゃいます。ただやはりどちらも音場、音質はさすがハイエンドヘッドホンというくらいレベルが高いです。

 

そしてこのHD800sはeイヤホンで実際に試聴可能です!

 

ぜひこの違いを確かめてみては?

 

 

 

 

 

たらお
大阪日本橋のイヤホンヘッドホン専門店eイヤホンで働いています。DJやトラック作ってます。あとスケボー好きです。イヤホンやヘッドホン以外にもDJの大会や機材に関してのちょこっとした情報もつぶやきます。宜しくお願いします。
  

この記事を読んだ人におすすめ