tsukano-ameblo-Distinction

 

こんちゃ!

高音質プレーヤー市場に「Questyle QP1R」が新風を巻き起こします!

純A級アンプを搭載した本格派サウンドを一度お試し下さい!

だいちゃんですヽ(゜▽、゜)ノ

 

 

Questyle  QP1R 

1月21日(木)全2色 発売予定

アイキャッチ-min

Questyle(クエスタイル)  QP1R

 

【QP1R概要】
Questyle Audio Technology社はハイエンドオーディオユーザーの為に、
真の音楽性とポータビリティを両立するプレーヤー「QP1R」を開発しました。
フルディスクリート純A級アンプで10時間の連続再生を実現するという、
他に類を見ない圧倒的なハイスペックマシンに仕上がっています。

 

【スペック】
記憶媒体:内蔵ストレージ(32GB)/カードスロット(MicroSD 128GB×2)

対応フォーマット:
WAV、FLAC、ALAC、APE、AIFF、ADPCM、LPCM、MP3、WMA、WMA Lossless、OGG、AAC、DFF、DSF

PCMネイティブ:44.1kHz-192kHz(16bit/24bit)
DSDネイティブ:DSD64(1bit2.8MHz)/DSD128(1bit5.6MHz)
DAC:Cirrus Logic CS4398
出力端子:イヤホン出力(3.5mm)/ ラインアウト出力・光デジタル出力(3.5mm)
THD+N:0.0006%
出力インピーダンス:0.15Ω
バッテリー:内蔵リチウムポリマーバッテリー(3300mAh)
連続再生時間:10時間
本体サイズ(幅×高さ×奥行き):約65mm×133.5mm×15mm
質量:214g

 

 

 

 

そして今回、Questyle QP1R発売を記念して、

大阪日本橋本店にて店頭試聴イベントを開催致します!

0119開催日時:1月24日(日)11:0020:00

開催場所:大阪日本橋本店

アクセス:e☆イヤホン大阪日本橋本店

 

 

QP1Rは既に行われた試聴会でも、その音質には大変なご好評を頂いてきました。

今回はお客様からもお声が上がっていたホイールの操作性が改善し、

さらに専用のホイールシートも同梱されるとの嬉しい情報も!

当日はメーカー様にもお越し頂けますので、

開発秘話なども伺ってみてはいかがでしょうか? 

 

————————————————————————————–

 

 

Questyle  QP1Rはここがスゴイ!

20151225-PC252429-min

アンプ部はICチップを使わないフルディスクリート構成

QP1Rは他の高音質プレーヤーと何が違うのか?

QP1Rのアンプ部に注目してみましょう。

アンプ部に汎用性のあるICチップを使用すると、簡単に設計できる反面、

細かいノイズ処理やチューニングを追い込めないという欠点があります。

QP1Rは、極限までクリアなサウンドを実現する為に、

ひとつひとつ最適なトランジスタを組み合わせるフルディスクリート構成を採用。

本来このシステムには非常に手間がかかり、

さらに小さい基板に収めることは難しいとされていましたが、

Questyleが持つ据置型オーディオシステムのノウハウと技術を結集して、

実現困難であったポータブル化に成功しています。

 

0119b

独自の電流コントロール技術でポータブルプレーヤーとしては業界初の純A級動作を採用

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

また、高域から低域まで、歪みのない音を出す為には

純A級アンプが望ましいとされていましたが、発熱量、消費電力共に多い為、

通常は据置型オーディオシステムのみで採用されてきました。

Questyleは独自の電流コントロール技術を開発し、

ポータブルプレーヤーとして業界初の純A級動作を可能にしています。

 

QuestyleはDSD音源もDSD128(1bit5.6MHz)までネイティブ再生が可能。

純A級動作でありながら10時間のロングバッテリーライフと、

最大288GBまでの利便性が1台のプレーヤーに凝縮されています。

 

 

 

Questyleを聴いてみた! 

0120

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最近のプレーヤーは似通ったDACチップ・オペアンプ構成が多い中、

フルディスクリート純A級動作という何とも男らしい構成に惹かれます。

suaraさんのDSD音源をネイティブ再生してみると、

純A級動作らしいどっしりと音圧と、駆動力の高さに驚かされます。

このパワー感はAcoustic ResearchのAR-M2以来の力強さですね。

音像のディテールの表現力と、圧倒的な音の情報量は

DSD音源であることも相まって素晴らしいものがあります。

 

Questyleはプレーヤー単体での駆動力にご満足できない

ポタアンユーザーの方々にも是非聴いて頂きたいです。

ラインアウト出力やオプティカル出力も備わっているので、

お好みで外部のDAC・アンプに繋ぐのもありだと思います。

 

 

以上、 プレーヤー単体で満足できる駆動力 & 高音質!

数値上のスペックでは計れない音質を、是非店頭でお試し下さい!

だいちゃんでした!

ばいちぃ(。・ω・)ノ゙ 

だいちゃん
自称、eイヤのゴッドイヤーこと、 『 e☆イヤホン 大阪日本橋本店 』コンシェルジュのだいちゃんです! イヤホン・カスタムIEM・ヘッドホン・アンプ・プレーヤー・スピーカー・ ケーブル・マニアックなアクセサリー類まで何でもござれです。 座右の銘は「 迷ったら全て買ってしまえばいい。 」 エージングは肯定派だってばよ! 愛機: Merlin , HUM , CARDAS A8等
  

この記事を読んだ人におすすめ