ブログバナー

 

こんにちは、マツコです。梅雨入りで憂鬱な気分になりがちですが、日々好きな映画鑑賞で元気を貰ってます。最近は懐かしいシリーズで「ギズモ」を観ました。基本的に歯が出てる生き物って自分とリンクするのか、気になります○

 

さて、本題へ。

本日より、Final Audo Design改め、” final “として社名を変更して新しくなりました(^O^)それに伴い、価格改定もございますので、ぱぱっとご紹介致します。

 

「 新生 ” final ” 」

 新たな歴史が始まる瞬間。

f1

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【finalとは】 

1974年、高井金盛氏がハイエンド向けMCカートリッジと昇圧トランスの開発、

販売により創業。以来、35年間、海外著名雑誌にて話題となった

超重量級アナログプレーヤー”Parthenon”、

イギリス、アメリカで高く評価されたハイエンドアンプ”MUSIC”、

ボールベアリングを使った独創的なオーディオインシュレーター”DARUMA”、

1本800Kgものステンレス製オールホーンスピーカーOPUS204等、

常識という枠を超えた高品位でエキサイティングな製品を数多く生み出し続け、

生粋のオーディオファイルに支持される。
2007年、イヤホン及びスピーカーの開発受託、

生産請負事業を業界シェア世界第2位のコネクターメーカー、

日本モレックス株式会社と共に始める
2009年にはファイナルオーディオデザインブランドでのイヤホン販売開始。

「 final 」は1974年創業当時のブランド名です。

 

————————————————————————————–

 

同社のイヤホンは多くのモデルで金属筺体を採用しており、

使われている素材、表面処理によって

音の響かせ方、聴かせ方がそれぞれ異なります。

楽器を思わせる音色がこのイヤホンの最大の魅力です。

ドライバーの構成も、自然な音の階調を実現する

1ドライバーにこだわって作られています。

 

FI-BA-SS 

0606d

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

▼Final FI-BA-SS【ステンレス削り出し筐体のバランスドアーマチュア型イヤホン】 e☆特価¥112,190-

 

同社のBA型イヤホンとして最初にリリースされた珠玉のモデル。

この段階でファイナルオーディオのBA型イヤホンは既に完成されていました。

ステンレスハウジングから奏でられる音色は鮮明かつ超高解像度。

BAM機構が最大限に生きるイヤホンで、空気感の表現力がずば抜けています。

 

PianoForte  Ⅷ Ⅸ Ⅹ 

0606a

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

▼Final FI-DC1602SC-C(PianoForteX-CC)【クロム銅削り出し】 e☆特価¥251,940-

▼Final FI-DC1602SS(PianoForteIX)【ステンレス削り出し】 e☆特価¥112,190-

▼Final FI-DC1602SB(PianoForteVIII)【真鍮削り出し】 e☆特価¥89,290-

 

PianoForteを冠とする、大口径16mmを採用したダイナミック型イヤホン。

金属筺体をそのまま耳に入れるイヤーピースを必要としない装着が特徴的です。

ドライバーユニット素材は共通ですが、ハウジング素材は

真鍮(Ⅷ)・ステンレス(Ⅸ)・クロム銅(Ⅹ)と異なっています。

真鍮は華やかな響きで、ステンレスは端正かつクリアー、

そして、クロム銅は芳醇で深みのある音色が至福の時間を与えてくれます。

 

Adagio Ⅱ 

 0606e

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

▼Final FI-AD2DCR(Adagio II) クリーム【立体的な空間表現と低音再生を実現】 e☆特価¥4,620-

▼Final FI-AD2DIN(Adagio II) インディゴ【立体的な空間表現と低音再生を実現】 e☆特価¥4,620-

▼Final FI-AD2DBL(Adagio II) ブラック【立体的な空間表現と低音再生を実現】 e☆特価¥4,620-

 

Adagio Ⅲ  

 0606f

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

▼Final FI-AD3DRW(Adagio III) レッド&ホワイト【BAM機構搭載で力強い音を実現】 e☆特価¥6,890-

▼Final FI-AD3DBL(Adagio III) ブラック【BAM機構搭載で力強い音を実現】 e☆特価¥6,890-

 

Adagio Ⅴ  

0606c

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

▼Final FI-AD5DSS2(Adagio V)【ステンレス削り出し筺体】 e☆特価¥14,660-

 

heaven Ⅱ 

 0606

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

▼Final FI-HE2BBG(heaven II) ブルーグレー【ステンレス削り出し筺体のBA型イヤホン】 e☆特価¥9,150-

▼Final FI-HE2BBL(heaven II) ブラック【ステンレス削り出し筺体のBA型イヤホン】 e☆特価¥9,150-

 

heaven Ⅳ  

0606g

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

▼Final FI-HE4BBL2 Black(heaven IV)【ステンレス削り出し筺体のBA型イヤホン】 e☆特価¥19,410-

▼Final FI-HE4BVI2 Violet(heaven IV)【ステンレス削り出し筺体のBA型イヤホン】 e☆特価¥19,410-

▼Final FI-HE4BWH2 White(heaven IV)【ステンレス削り出し筺体のBA型イヤホン】 e☆特価¥19,410-

 

あらゆる1万円台のイヤホンの中で最も無難でお勧めできるモデルとして、

同社のheaven Ⅳが挙げられます。

ナチュラルな音質ですが、確かな表現力と聴きやすさを兼ね備えていて、

どんなジャンルもそつなく鳴らしてくれます。

 

heaven Ⅴ 

0606h

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

▼Final FI-HE5BSB (heaven V)【真鍮削り出しブラッククロム仕上筺体のBA型イヤホン】 e☆特価¥31,830-

▼Final FI-AHE5BSB (heaven V Aging)【使い込むほど味のある質感になる真鍮バレル仕上】  e☆特価¥31,830-

 

heaven Ⅵ  

0606i 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

▼Final FI-HE6BCC(heavenⅥ)【クロム銅削り出し筐体のBA型イヤホン】 e☆特価¥51,600-

▼Final FI-HE6BCG(heavenⅥ-CG)【クロム銅削り出し金メッキ仕上】  e☆特価¥51,600-

 

heaven Ⅶ 

 0606j

 

▼Final FI-HE7BSS 【HeavenⅦ】【バランスドアーマチュア型】  e☆特価¥66,610-

 

現在発売されているheavenシリーズの中でも、

フラットなサウンドを実現しているheaven Ⅶ。

今までとは違う、新しいfinalを予感させる音質となっています。

凹凸のある特異形状のステンレス筺体は、

外観だけではなく音響にも美しい効果をもたらします。

繊細かつ高解像度、透き通ったクールなサウンドです。

 

heaven Ⅷ 

0606k

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

▼Final FI-HE8BSS 【HeavenⅧ】【バランスドアーマチュア型】 e☆特価¥78,170- 

 

heaven Ⅶとはチューニングの異なるheaven Ⅷ。

ステンレス筺体には金メッキが施されています。

Ⅶと比べると低音域の重厚感が増しており、

ボーカルなどの中域も艶やかで、色気のあるサウンドです。

サウンドステージの奥行き感も向上しているので

オーディオ的な広がりを存分に楽しむ事が出来ます。

 

 

どのイヤホンにも個性があり、音楽を魅力的に楽しむという意味では全シリーズ揃えたくなる唯一無二の音がここにあります!

 

なお、メーカー名変更に伴い、イヤホン本体の仕様変更はありません。

あくまでFinal Audo Designから” final “へ変わったという部分のみ○

 

今後、finalに新製品が発売されるのが楽しみですね♪

以上、マツコでした○

 

マツコ
元e☆イヤホン大阪日本橋本店2F・買取/中古スタッフ。 ドイツへ移り住んでから早1年が経過しました。e⭐︎イヤホンを離れ、2019年5月に渡独。現在は主にドイツ・ベルリンの音楽やアート、ローカルカルチャーを専門に取材、執筆しています。また、自身でドキュメンタリー&カルチャーマガジン「MOLS magazine」を出版し、取材、執筆、編集を監修。現地に蔓延る見えない・聞こえないサインを捉え、ジャーナリズムにスタンダードからアンダーグラウンドまで発信しています。2020年に自主レーベル「MOLS」を設立。YouTube、SoundCloud、BandCampなどのデジタルコンテンツにて、ベルリンで活動するアーティストと携わり、PR、プロモーターとしても活動しています。
  

この記事を読んだ人におすすめ