1000Xシリーズ最大の進化を遂げた業界最高クラスノイキャンヘッドホンの登場です


 

 

イヤホン・ヘッドホン専門店e☆イヤホンのPRスタッフかわちゃんです。

大注目の新製品の情報をお届けします!SONYを代表する高性能・高音質ノイズキャンセリングワイヤレスヘッドホン「1000Xシリーズ」に待望の次世代モデルが登場いたしました!

 

 

SONY WH-1000XM5

 

 


ブラック・プラチナシルバー

e☆イヤホンWEB本店価格¥49,500‐(税込)

2022/5/27発売予定

 

 

 

チャッチコピーは「新世代」の静けさで、音楽は深化する

なんとこの度登場した新世代モデルWH-1000XM5はシリーズ最大の進化を遂げた業界最高クラスノイキャンを搭載しているとのこと。

 

 

進化したプラットフォーム、新開発ドライバーユニット、マルチノイズセンサーテクノロジー、オートNCオプティマイザーによりソニー史上最高のノイズキャンセリング実現に成功しているようです。AIで進化した高精度ボイスピックアップテクノジーにより、騒音下でも正確かつクリアな通話品質を実現さらには風ノイズが入ってくることを防ぐ構造も採用しています。

ドライバーは新開発ドライバーユニットを搭載。低音域~高音域まで豊かな音を生み出す驚きの高音質が楽しめます。

Walkmanの技術も活用し微細音の再現、広がりや定位感が向上しておりワイヤレスの垣根を超えたヘッドホンに仕上がってそうです!では早速詳細をチェックしていきましょう。

 

 

 

e☆イヤホン公式YouTubeチャンネルのレビューはこちら!

 

 

はまちゃんのミニレビュー

 

 

試聴楽曲
・Forgotten – Korn
・阿修羅ちゃん – Ado
・Beautiful World – 宇多田ヒカル

サウンドの第一印象は癖が無く、メリハリがはっきりしている感じでした。解像度もとても高く、ドラムの細かいハイハットや、楽曲の背景に仕込まれているような細かなディティールも感じ取りやすいです。

また、音の広がり、空間の広さを感じやすいかと思います。音が立体的で、音楽だけでなく、映画、動画、ゲームとの相性もいい感じです。音のニュアンスとしては非常にモダンで、今っぽいように思います。特に、最新のヒットソングとの相性が抜群に良いように感じました。全体的にスピーディな印象もあり、低音の量感も深さもちょうどいい。WH-1000XM4と比較すると、より低音が濃く、滑らかに感じます。注目して聴いていただけると面白そうです。中高域にしても分離感も強く、明瞭な印象です。

ノイズキャンセリング性能に関してはかなり、優秀です。もうこれ以上の快適な静寂はあるのか?と、最新のSONYの技術力に打ちのめされます。また、外音取り込みの自然さと、切り替えの早さ、使いやすさにも驚かされます。特に、装着者の声に反応して外音を取りこむモードが起動する「スピーク・トゥ・チャット」は一度は体験しておくべき!

もともとのWH-1000XM4のユーザー様にも是非お聴き比べいただきたい逸品ですね!

その他のe☆イヤホンスタッフレビューはこちらから!

 

WH-1000XM4との比較ブログはこちら

【SONY最新ヘッドホン】WH-1000XM5徹底レビュー!WH-1000XM4と何が変わった?

 

製品情報

 

進化した専用設計のドライバー

 

WH-1000XM5は新たに専用設計30mmnのドライバーユニットを搭載しています。

M4比で口径サイズは40→30mmと小さくなっていますが柔らかいウレタンエッジ部を採用することでエッジ部によりエッジ部分の幅を短縮。全体口径を小さくしつつも振幅を増大させ、低音域の再生能力を大きく底上げすることに成功しているとのことです。低音域はより感度が高まり優れた再現性を誇る音質へと進化を遂げているようです。

柔らかいエッジ部と軽量で高剛性なドーム部を両立したカーボンファイバーコンポジット素材を使用した専用設計30mmドライバーユニットを搭載し、低音域から高音域までの再現性を高め、より自然で伸びのある音質を実現しています。

 

Walkman®技術の活用

 

 

WH-1000XM5はSONYのハイエンドDAP「NW-WM1ZM2」と同じく

  • 「金入り」高音質はんだを採用
  • 銅メッキを施した大型高音質抵抗
  • 専用に最適化された基盤レイアウト

を採用しています。

Walkman®で培った高音質技術をヘッドホンに最適化して搭載。S/N感の向上による微細な音の再現、広がりや定位感の向上を実現しました。

 

 

 

シリーズ最大の進化を遂げたノイキャン

 

WH-1000XM5はシリーズ最大の進化を遂げた業界最高クラスノイキャンを搭載しています。先代モデルのM4は片側2つのマイク、左右で4つのマイクで
ノイズを収音していたが、WH-1000XM5は片側に4つ、左右でなんと8つものマイクで収音し精度を飛躍的に高めているとのこと。高音質ノイズキャンセリングプロセッサーQN1と統合プロセッサー V1 を組み合わせることで、8個のマイク信号を巧みに制御することが可能となり、今までにないレベルでのNC性能を実現しています。

 

オートNCオプティマイザ

 

M4のパーソナルNC オプティマイザーに用いられていた測定音なしで、常に理想的なノイズキャンセリング効果を自動的に提供します。ボタンの割り当てもないので完全にヘッドホン任せで検出が可能です。

検出精度も大幅に向上し髪型・眼鏡の有無・装着ズレなどの個人差を自動で検出し、ユーザーに合わせてノイキャン特性を常に最適化するのも特徴です。

 

 

 

業界最高クラスの通話性能

 

 

 

SONY WH-1000XM5はAIで進化した高精度ボイスピックアップテクノロジーによる業界最高クラスの通話性能を実現しています。マイクがM4従来の2つから4つに増加。装着者の声とそれ以外の環境ノイズを分離するフィルターアルゴリズムを5億サンプルを超える機械学習で構成しており驚きの高音質を実現しました。

風ノイズ低減構造をあらたに搭載しています。通話中の風ノイズを最小限にするために、内部のマイク周辺機構を新規設計。風が強い中でもクリアな音楽と通話が楽しめます。

 

 

 

他の主な特徴

 

 

・ノイキャンON時の最大再生時間は最長30時間、長時間利用も安心(ノイキャンON時)ノイキャンOFF時は最大40時間再生。

・3分充電で最大3時間再生可能な高速充電

・長時間身に着けても疲れにくい快適な装着性、快適性と安定性を実現したソフトフィットレザー

・ヘッドホン本体で多様な操作ができるタッチセンサーコントロールパネル

・ヘッドホンをつけたまま会話ができるスピーク・トゥ・チャット機能

・持ち運びに便利なキャリングケース付属

 

 

 

なんとSONY WH-1000XM5が当たるRTキャンペーンも

 

発表されたてホヤホヤの注目の新製品が簡単な応募で当たるチャンス?!

応募方法はコチラ!
①@e_earphoneをフォロー
②対象ツイートをリツイート
締切:5/29(日)まで

 

対象ツイート

 

 

 

 

 

 


 

 

 

 

1000Xシリーズは新製品が登場するたびに進化にあっと驚く製品なのですが、今回は進化の幅がすごい!ノイズキャンセリングヘッドホンの新たなスタンダードになる機種間違いなしなのではないでしょうか。

イヤホン・ヘッドホン専門店e☆イヤホン全店舗で試聴機をご用意する予定です。ぜひ一度お試しください。

以上、e☆イヤホンPR部のかわちゃんがお送りいたしました。

 

かわちゃん
日本橋本店PR部のかわちゃんです!写真を撮ることが大好きなので、写真を通してイヤホンヘッドホンの魅力をお伝えしていきたいと思います!よろしくお願いします(`・ω・´)b
  

この記事を読んだ人におすすめ