エントリー向けのMMCXイヤホンケーブルが登場!リケーブル入門におすすめです。


 

イヤホン・ヘッドホン専門店『e☆イヤホン』PR部のバンブーです!

 

ケーブル着脱が可能なイヤホンには、音質見た目を変化させるため、あるいはバランス接続に対応させるため、ケーブルを交換する「リケーブル」という使い方があります。

 

そんな「リケーブル」におすすめな、お求めやすいエントリー向けイヤホンケーブルが2モデル登場しますのでご紹介いたします!

 

 

Astrotec イヤホンケーブル2製品

Astrotec ATC1W

Astrotec ATC1W

「ATC1W」銀メッキOFC線を採用したMMCX-3.5mmL型プラグ採用のケーブルです。

 

 

Astrotec ATC6

Astrotec ATC6

▼Astrotec ATC6 MMCX-4.4mm5極 ケーブル e☆イヤホンWEB本店価格 ¥4,900‐(税込)

 

「ATC6」8芯6N単結晶銅線+200Dケプラーを採用したMMCX-4.4mm5極プラグ採用のケーブルです。

 

2/17(木)発売

ご予約受付中!

 

 

Astrotec ATC1W MMCX-3.5mmL型プラグ ケーブル

Astrotec ATC1W

Astrotec ATC1W

 

 

前モデルについて

前モデル AT-C01

前モデル AT-C01

 

今回ご紹介するAstrotec「ATC1W」は、同社の「AT-C01」というケーブルの後継品にあたります。

 

 
 
 

MMCX端子を採用

MMCX端子を採用

MMCX端子を採用

 
イヤホン側のコネクタには汎用性の高い「MMCX」端子を採用しています。「MMCX」はイヤホンの接続端子として広く普及しているため、対応する多くのイヤホンと接続して使用することが可能です。
 
形状記憶チューブで成形されており、耳掛け(いわゆる「シュア掛け」)しやすい構造になっています。
 
 
 

3.5mmL字プラグを採用

3.5mmL字プラグ

3.5mmL字プラグ

 
音楽プレイヤーやスマートフォンに接続するプラグにはL字プラグが採用されています。
 
 

銀メッキOFC線の4つ編み構成

 
線材をリニューアルし、前モデル「AT-C01」より質の高い銀メッキOFC線を使用しています。
 
また、ケーブルが4つ編みになっており見た目も高級感がアップしています。
 
 

製品仕様

ケーブル:4芯銀メッキOFC線
イヤーフック:形状記憶チューブ
着脱部端子:MMCX
コード長:1.2m
プラグ端子:L型ステレオミニプラグ(Ф3.5mm)
 
 
 

Astrotec ATC6(MMCX-4.4mm)

Astrotec ATC6

Astrotec ATC6

 

 

MMCX端子を採用

MMCX端子を採用

MMCX端子を採用

 

イヤホン側のコネクタには汎用性の高い「MMCX」端子を採用しています。「MMCX」はイヤホンの接続端子として広く普及しているため、対応する多くのイヤホンと接続して使用することが可能です。
 
形状記憶チューブで成形されており、耳掛け(いわゆる「シュア掛け」)しやすい構造になっています。
 
 

4.4mm5極プラグを採用

4.4mm5極プラグ

4.4mm5極プラグ

 

4.4mm5極プラグを採用し、対応するプレイヤーとバランス接続して使用することが可能です。

 
 

しなやかさと強度を両立した構造

 

本製品は8芯6N単結晶銅線200Dのケプラーを複合し、しなやかさと強度を両立した構造になっています。

 

 

各所に銀メッキパーツを採用

 
各所に銀メッキパーツを採用し、高級感ある外観に仕上げました。
 
 

製品仕様

ケーブル:8芯6N単結晶銅線+200Dケプラー
イヤーフック:形状記憶チューブ
着脱部端子:MMCX
コード長:1.2m
プラグ端子:I型4.4㎜5極プラグ(バランス)

 

 


 

▼Astrotec ATC6 MMCX-4.4mm5極 ケーブル e☆イヤホンWEB本店価格 ¥4,900‐(税込)

 

 

 

今回ご紹介したAstrotec「ATC1W」「ATC6」はe☆イヤホン大阪日本橋本店、秋葉原店、名古屋大須店で試聴機をご用意する予定です。ご来店の際はぜひご試聴ください!

 

以上、PR部のバンブーがお送りしました!

 

※記事中の商品価格・情報は掲載当時のものです。

バンブー
e☆イヤホンPRスタッフのバンブーです!e☆イヤホンに入る前からのオーディオ好き!入社後ずっと買取一筋からPR部へ異動しました。最近はBluetoothレシーバーと電音部とVTuberがマイブームです。
  

この記事を読んだ人におすすめ