皆様こんにちは!e☆イヤホン海外事業部のすずきです!

 

この度、シンガポールが誇るイヤホンメーカーAAWよりA3H+ Noir Edition」が登場いたします!

ベースモデルとなる「A3H+(Universal Fit)」は、\24,500という価格ながら高音質で大変ご好評いただいておりました。

 

Noir Edition”の名を冠し、どのような進化や変化を遂げたのか…?

商品の魅力を詳しくご紹介いたします!

 

 

↓ メーカー紹介ブログはこちら! ↓

AAWとは

 

AAWは2014年1月に設立されたシンガポールに本拠を置くエレクトロニクスブランドです。

 

日本での取り扱いは2015年のカスタムIEM専門店オープンと同時に始まりました。

よくAAWの特徴として挙がるのは、品質・性能・サウンドの全ての面において非常にコストパフォーマンスに優れた製品が多いこと。

 

自社開発ドライバーを搭載したイヤホンの設計や、高品質なオーディオケーブルの開発、iPhone向けのポータブルアンプを発売するなど、多岐にわたるオーディオ製品の開発・製造に携わっています。

e☆イヤホンやポタフェスなどのイベントを通じた、多くの日本ユーザーからのフィードバックを元に、日々技術の研鑚と向上に努めています。

 

A3H+ Noir Edition

 

■スペック
ドライバー
・1×ノズルレス・オープンベント・アーマチュアドライバー(NOVA)
・1×バランスドアーマチュアドライバー
・1×10mm グラフェン・ダイナミックウーファークロスオーバー:3 way Passive + Acoustic crossover
再生周波数帯域:10Hz – 40KHz
インピーダンス:12Ω
感度:105dB
ケーブル:Null Audio Epsilon OCC copper cable
保証期間:1年
付属品: Epsilon OCC銅線ケーブル
     キャリングケース
     クリーニングクロス
     スイッチ調整用ツール

 

 

 

 

本日より発売!!

 

A3H+ Noir Edition (Universal Fit)  e☆イヤホン価格 ¥29,800(税込)

 

 

 

 

A3H+より進化を遂げた「Noir Edition」3つの特徴

 

■4-step調整可能スイッチ搭載
上下に2つのスイッチを搭載し、高域側と低域側で2段階の調整が可能になりました。
これはAAWにおいて初めての試みです。
ユーザーにとってベストな音に近づけることで、より理想の音を実現します。

*スイッチの調整は付属のクリーニングツール等をご使用ください。

 

 

■シンプルな“Noir(黒)”デザイン

Noirはフランス語で黒を意味します。

シェルはシンプルで剛性に優れたCNCブラックアルミ筐体で構成されています。
ミラーフェイスプレートにはモデル・メーカーロゴが彫刻仕上げであしらわれラグジュアリーな高級感を演出しています。

 

■価格の限界を超えた驚異のサウンド

A3H+のサウンドをベースに、メタル筐体とスイッチデザインによるチューニングが付加されることで驚異のサウンドクオリティを実現。
伸びやかで煌く高域とレスポンスに優れた量感ある低域はそのままに、空間表現と解像度が大幅に向上しました。
やや平面的なサウンドが改善されたことで、より臨場感のあるサウンドステージをお楽しみいただけます。

 

 

■ノズルレスオープンベントアーマチュア(NOVA)ドライバー
このハイブリッド構造では特別に設計されたアーマチュアドライバーを採用しており、アコースティックベントは前面に配置されています。
アーマチュアドライバーをノズルの奥に埋め込み、鼓膜に接近させることで一般的なサウンドチューブ設計での音圧の減衰と不要な共振を抑える事に成功しました。
 
 
■グラフェンダイナミックウーファー
このドライバーはまったく新しいグラフェン素材で作られた超薄膜且つ剛性の高いダイヤフラムが特徴です。
アコースティック・ローパスフィルターを利用することにより、バランスドアーマチュアドライバーとは対照的に低周波数帯域のみを強調します。
繊細にドライバーを配置することで、各帯域の位相並びに信号の到達するタイミングの最適化を図りシームレスなサウンドを実現します。

 

Noir Editionについて

 

 

『ユーザーも音楽も選ばないパワフルサウンド』

 

 

アルミ筐体にミラーフェイスプレート採用という、とても高級感のある仕上がりです。

手に持つと少しずっしりとした重みがありますが、装着すると違和感はありません。

本体ソケットとケーブルコネクタはフラット仕様となり、つなぎ目含め筐体とケーブルの“Noir(黒)”の統一感が映えますね。

色々な面で価格以上のクオリティを持つ「A3H+ Noir Edition」ですが、シンプルに3つのオススメポイントをご紹介いたします!

 

 

 

パワフル・ハキハキとしたサウンドで、どなたでも一聴して「音の良さ」を体感できるモデルです!

楽曲ジャンルや再生機器を選ばず、どのような環境でも活躍できる万能機な一面も持ちます。

音だけでなく、デザインや素材から高級感を感じやすいのもオススメできるポイントです!

 

 

 

「A3H+ Noir Edition」はスイッチオプションを搭載しています。

ガラッと変わるほどの変化はありませんが、聴く音楽やその日の気分によっても、味変を楽しむように手軽に音の調整が可能です!

音のタイプは「Normal」「Vocal」「Vocal+」「Bass」の4つ。

普通に音楽を聴く時は「Normal」や「Vocal+」、ボーカルを聴き込みたい時は「Vocal」、ゲームをする時には「Bass」などなど、シチュエーションに合わせて調整するのも楽しみ方のひとつです。

 

 

 

サウンドの傾向としては高解像度でアタック感強めな、聴いていて楽しくなる生き生きとしたサウンドが特徴です。

存在感のあるしっかりとした低域に、透明感と爽やかさのある中高域が魅力です。

ベースのモデルとなったA3H+と比較すると、音場がわずかに広がり上下の空間が拡張されている印象です。

アコースティック楽器の自然な音の伸びや余韻など、より繊細な表現が出来るようになりました。

全体のバランスは良いですがモニターよりかはリスニング用途に最適なモデルかと思います。

 

 


 

ここまでお読みいただきありがとうございました!

 

A3Hシリーズはこれまで数々の進化を遂げてきましたが、スイッチオプション金属筐体と、これまでにない特徴を備え新たに生まれ変わりました。

価格やスペックでは計れない魅力をもつ「Noir Edition」をぜひお試しください!

 

以上、e☆イヤホン海外事業部のすずきがお送りしました!

e☆イヤホン海外事業部スタッフ。愛機はJH機が多めです。自社商品に密に関わるスタッフとして、自社商品の最新情報や、より深く濃い情報をお届けしてまいります。よろしくお願い致します!
  

この記事を読んだ人におすすめ