こんにちはシンジです。

 

 

e☆イヤホンクリニックで修理依頼の多い定番モニターヘッドホンといえば「MDR-CD900ST」です。

 

 

歴史の長いMDR-CD900STですが2年前に後継機とも言える次世代機が発売されました

 

 

そう、みなさんご存知MDR-M1ST!!

 

 

 

 

 

ケーブルがデフォルトで3.5mm4極 or 3.5mm3極着脱式になり、断線時の交換やサードパーティー製のアップグレードケーブルへのリケーブルも自由自在になりました。

 

 

 

 

単なるMDR-CD900STの次世代機にはとどまらないSONYの今までの製品のノウハウもふんだんに盛り込まれているのが随所のパーツにみられます。

 

 

 

 

奥がMDR-Z1R、手前がMDR-M1ST

ヘッドバンドの形状と質感ががかなり似ています。

 

 

 

 

奥がMDR-1AM2、手前がMDR-M1ST

1Aの薄くて軽いハウジングの良さを取り入れたかのようなデザイン。

 

 

MDR-M1ST純正パーツ交換修理

 

 

技術料金¥3,000- + パーツ代金

※一度の修理で純正パーツは何ヵ所交換しても技術料金に変動はございません

 

 

MDR-M1STは全ての箇所のパーツ販売があるのでどこが壊れても修理できます!!

 

 

 

※イヤーパッド写し忘れました

 

 

 

 

Webページのラインナップにはありませんが純正ケーブルもお取り寄せ可能です、お気軽にお申し付けください。

 

 

MDR-M1STをカスタマイズ

 

 

 

MDR-M1STはプラグ交換のみでバランス化が可能です。

 

 

「バランス化カスタマイズ」

技術料金¥7,000- + パーツ代

 

 

M1ST本体のご購入と合わせて、リスニングのお共にカスタマイズはいかがでしょうか?

 

 

↓↓バランスプラグも多種多様にご用意しております↓↓

 

 

 

もちろん普段の作業が6.3mmプラグだと不便という方は3.5mmプラグに交換するだけでも作業性がぐんとあがります!!

 

 

「3.5mm3極プラグ交換」

¥5,000- + パーツ代

 

 

 

 

本体購入前、ご購入後どちらでも是非ご相談ください!!

 

 

修理金額はもちろんかかりますが、長く付き合っていける相棒として次世代のSONYモニターサウンドはいかがでしょうか?

 

 

 

 

CD900ST同様、M1STの修理・カスタマイズ相談はお気軽にe☆イヤホン各店までお問い合わせください。

 

それではまた次回のブログでお会いしましょう。 以上シンジでした~ノシ

 

 

  

この記事を読んだ人におすすめ