独自技術で臨場感あふれるサウンド、iPhoneユーザーはアプリ無しで便利な操作!

 

 

イヤホン・ヘッドホン専門店e☆イヤホンのPRスタッフうらやんです。

 

今回の記事でご紹介をさせていただくのは、Appleを親会社に持つブランドBeats by Dr. Dreから久々のTWSイヤホン『Beats Studio Buds』です。

 

 

Beats by Dr. Dre Beats Studio Buds

 

 

 

▼Beats by Dr. Dre Beats Studio Buds e☆イヤホンWEB本店価格 ¥17,800‐(税込)

▼Beats by Dr. Dre Beats Studio Buds ホワイト e☆イヤホンWEB本店価格 ¥17,800‐(税込)

▼Beats by Dr. Dre Beats Studio Buds レッド e☆イヤホンWEB本店価格 ¥17,800‐(税込)

 

 

8月11日(水)発売予定!!

 

 

⼼を動かす、極上のサウンド

 

アーティストが最高のサウンドを届けるために、Beats Studio Budsは、独自のアコースティックプラットフォームにより、パワフルでバランスに優れたサウンドです。

 

2枚の振動板を採用した独自のドライバーをデュアルチャンバーのハウジング内に搭載したことで、クリアなサウンドと高度なステレオセパレーションを実現しました。さらに、デジタルプロセッサが進化し、オーディオパフォーマンスがアップしました。スタジオで生まれたサウンドをそのままに、臨場感あふれる音を楽しむことができます。

 

 

 

アクティブノイズキャンセリング(ANC)モード搭載

 

Beats Studio Budsには、アクティブノイズキャンセリング(ANC)モードが搭載されています。アクティブノイズキャンセリング(ANC)は、緻密にチューニングされたフィルターが、不要な周囲の⾳を検知し、継続的に遮断します。⼀⽅で外部⾳取り込みモードを使えば、外向きのマイクから周囲の⾳を取り込み、⾃然な環境で⾳楽を聴くことができます。

 

 

 

 

一⽇中、楽しめる

 

イヤホン本体で最大約8時間の再生が可能で、2回分の充電ができるポケットサイズのケースを使えば合計約24時間再生できます。ANC又は、外部⾳取り込みモードをオンにすると最⼤約5時間、充電ケースを使えば合計最⼤約15時間の再生が可能です。バッテリー残量が少なくなっても、Fast Fuel機能により5分の急速充電で1時間再⽣できます。

 

 

 

持ち運びしやすいデザイン

 

イヤホン本体はコンパクトで洗練されたデザインで、⽣活のあらゆるシーンに溶け込む設計です。充電ケースはポケットやバッグに⼊れやすい丸みを帯びたスリムな形状です。更にイヤホンはIPX4等級の耐⽔性能を備えています。

 

 

 

安定したワイヤレス接続

 

Beats Studio Budsは、Class 1 Bluetoothテクノロジーを搭載していて、接続範囲が広く、デュアルビームフォーミングマイクが声を認識して風切り音や、周囲のノイズを取り除くことで、クリアな通話音声を実現します。

 

 

 

AppleとAndroidに対応

 

Android⽤のBeatsアプリでは、ビルトインコントロール、バッテリー残量確認、ファームウェアのアップデートといった機能も利⽤できます。

 

Appleデバイスはこれら機能がiOSに内蔵されており、アプリは不要です。また「Hey Siri」を使って、ハンズフリーで起動することも可能です。充電コネクタにはUSB-Cを採⽤され、AppleとAndroidのどちらでも使うことができます。

 

 

 

スペック一覧

イヤホン本体
・長さ:2.05cm
・幅:1.85cm
・高さ:1.5cm
・重さ:5g
ケース
・長さ:7.2cm
・幅:5.1cm
・高さ:2.55cm
・重さ:48g(イヤーバッドを含む合計58g)
フォームファクター:インイヤー
電源:充電式リチウムイオンバッテリー
Class 1 Bluetooth

バッテリー
Beats Studio Buds:最大8時間の再生時間(充電1回あたり)
Fast Fuel機能:5分の充電で最大1時間の再生が可能

 

 

うらやんの気になるポイント

・Beats by Dr. DreはAppleの子会社ということもあり、iPhoneなどの製品との互換性が良くアプリ不要で便利に楽しめてiPhoneユーザーには特にオススメです。

・Beats by Dr. Dre製品は、低音域が強調されたものが多く、ノイズキャンセリング機能も相まって低音好きの方には期待大です。

・振動板が2枚ということで分離感があり、サウンドの解像度にも期待できます。

 

 


 

 

 

 

▼Beats by Dr. Dre Beats Studio Buds e☆イヤホンWEB本店価格 ¥17,800‐(税込)

▼Beats by Dr. Dre Beats Studio Buds ホワイト e☆イヤホンWEB本店価格 ¥17,800‐(税込)

▼Beats by Dr. Dre Beats Studio Buds レッド e☆イヤホンWEB本店価格 ¥17,800‐(税込)

 

 

 

今回ご紹介させて頂いたBeats by Dr. Dre『Beats Studio Buds』は8月11日(水)発売予定です!!

e☆イヤホン全店で試聴機をご用意する予定です。ぜひ一度お試しください。

 

 

以上PR部のうらやんがお送り致しました!

最後まで読んで頂きありがとうございました!

 

 

うらやん
eイヤホン日本橋本店PRスタッフ 和歌山出身シンガーソングライターとして活動してます。 オリジナル曲をレコーディングする中で音に興味を持ち、 生楽器を使ったバンド系の音楽を好んで聴く傾向にあります。 J‐POP、一昔前の音楽好きです。オーディオ勉強中です。 オリジナル曲はストリーミング配信してるのでぜひ聴いてください!
  

この記事を読んだ人におすすめ