アラミドファイバーウーファーとシルクドームツイーターを採用で優れた音質を実現  

 

 

イヤホン・ヘッドホン専門店e☆イヤホンのPRスタッフうらやんです。

 

 

今回の記事でご紹介をさせていただくのは、コンパクトでスタイリッシュなBluetoothスピーカーAudioengine 『HD4』です。

 

 

Audioengine 『HD4』

 

▼Audioengine HD4 サテンブラックペイント aptX HD対応ワイヤレススピーカー e☆イヤホンWEB本店価格 59,950-(税込)

▼Audioengine HD4 ウォールナット aptX HD対応ワイヤレススピーカー e☆イヤホンWEB本店価格 ¥59,950-(税込)

 

7月28日(水)発売予定!!

こちらの商品はお取り寄せのみとなっておりますのでご注意ください。

 

コンパクトでダイナミックなサウンド

 

小さなスペースでも使えるコンパクトなスピーカーからは考えられない程の、臨場感あふれるサウンドで包み込みます。

 

 

 

自由な音楽の楽しみ方

 

パソコンからのUSB入力や、スマホからのBluetooth接続(apt-X-HD対応)、ビンテージのレコードのアナログ信号にも対応しているため、様々な楽しみ方ができるます。apt-X-HDに対応していすので、音楽配信サービスのストリーミングを高音質で楽しむことができます。

 

 

 

インテリアに馴染むデザイン

 

限られたスペースで使用する事を想定して設計されたとのことで、小さな面積にも簡単に収まり、インテリアと調和しやすいデザインになっています。

 

 

 

主な特徴

 

・簡単で迅速なセットアップ

・特別なネットワーク設定やパスワード設定不要

・あらゆるデバイス、部屋でも多彩な再生が可能

・aptX-HD対応、ステレオサウンド

・熟考されたコンパクトサイズ

Bluetooth高音質コーデック対応(aptX)

・レコードプレーヤーとも簡単接続のアナログ入力

・特別設計のアラミドファイバーウーファーとシルクドームツイーター採用

・精密にチューニングされたパワーアンプと手作業で組み立てられたキャビネット

 

 

 

スペック一覧

タイプ:パワーアンプ内蔵Bluetooth aptX-HD対応ワイヤレススピーカーシステム
アンプタイプ:クラスAB
出力パワー:最大出力トータル120W(30W RMS / 60W 1チャネル最大出力), AES
ドライバー:4inch アラミドファイバー製ウーファー、0.75inch シルクドーム・ツイーター
対応Bluetoothコーデック:aptX HD, aptX, AAC, SBC
Bluetoothレシーバータイプ:Bluetooth5.0オーディオ
入力:3.5mmステレオミニジャック、USB、RCA L/R、Bluetooth
入力インピーダンス:5kΩ(アンバランス)
入力ボルテージ:100-240V 50/60Hzオートスイッチ
出力:RCA可変ラインアウト、3.5mmミニジャックヘッドホン出力
ワイヤレスレンジ:最大30m(環境により異なります)
DAC:PCM 5102
SNR:>95dB (typical A-weighted)
THD+N:<0.05%
再生周波数帯域:60Hz-22kHz +/-1.5dB
サイズ:23cmx14cmx16.5cm(各スピーカー)
重量:左3.3kg / 右2.4kg
付属品:HD4ワイヤレススピーカー(L/R)、スピーカーケーブル(16AWG/2m)、電源ケーブル、アンテナ、USBケーブル(1.5m)、ミニジャックオーディオケーブル(2m)、RCAオーディオケーブル(2m)、マイクロファイバー製スピーカー・ケーブル用バッグ、クイックスタートガイド

 

 


 

▼Audioengine HD4 サテンブラックペイント aptX HD対応ワイヤレススピーカー e☆イヤホンWEB本店価格 59,950-(税込)

▼Audioengine HD4 ウォールナット aptX HD対応ワイヤレススピーカー e☆イヤホンWEB本店価格 ¥59,950-(税込)

 

 

今回ご紹介させて頂いたAudioengine『HD4』は7月28日(水)発売予定です!!

こちらの商品はお取り寄せのみとなっておりますのでご注意ください。

 

 

以上PR部のうらやんがお送り致しました!

最後まで読んで頂きありがとうございました!

 

 

 

  

この記事を読んだ人におすすめ