やっほ!eイヤホンラボのゾゾです。

 

「お寿司は何であんなに美味しいのだろう…」と思い日々生きています。

お昼は米なしステーキ300gでした。

 


 

私がブログってるってことはですね、

もちろん eA-R に関してのお知らせです。

 

なんと今回は、本日6/25(金)からスタートする

スーパーミラクルなお知らせがすーぱー盛りだくさんなのです。

 

 

少し長くなってしまいますが…お付き合いください!

 

 

 

では、どうぞ~~~!!

 

 

eA-R新モデル『  eA-R C 』が登場!

 

eA-R待望の新モデル…

 

 eA-R C 

 

ついに解禁!!

 

 

eA-R C (エアラ・シー) とは?

eA-R Cの「C」は、コンチャ(耳甲介)を意味し、コンチャを全て覆ったタイプのeA-Rです。
既存商品のeA-Rと比較すると、コンチャ部分全て覆い遮音性の向上と耳介と外耳道での保持力を向上させたモデルです。
通常タイプのeA-Rは、シリコンイヤーピースと比較し密着感と使い心地を重点に置いていたのですが、
新モデルのeA-R Cは、更に密閉感を向上させイヤホン自体の重量によるズレを抑制、eA-R装着時に的確な位置に固定出来るのがメリットです。
 
 
eA-Rとの形状比較
 
 
eA-Rとの装着比較

今までは新カラーや対応機種拡大のお知らせでしたが、

やっときました、eA-R新モデル!

 

通常eA-Rの場合、外耳道+1/3~半分のコンチャ部分で装着していましたが、

今回発売する新モデルのeA-R Cは、コンチャ全体を覆い装着するので、より安定感がアップしました。

最近私は通勤時ほぼ毎日使用してるのですが、装着して一回位置を固定したら、その後付けている間に再度位置を直したりイヤホンを触ったりなどすることがなくなりました!

 

 

通常モデルと今回のeA-R C、2製品を使用した個人的な感想は…

eA-R:外耳道で固定し密着性が高く、コンパクトでイヤーピース感が強い。

eA-R C:安定性が高く、全コンチャでイヤホンを支えるのでイヤーピースをつけている感覚よりかは置いている感覚に近い。

 

 

各店舗にサンプルのご用意もありますので、大きさの違いなど実際にご覧いただけます!

ぜひぜひご検討ください~(^v^)

 

 

 

対応機種追加!ついにあのメーカーも⁉ 

みなさんお待ちかね、対応機種追加のお知らせです!

 

ええ…今回はですね、

ご要望が多かったあのメーカーやあの機種など、激アツなラインナップになってます。

ではでは早速紹介していきます!

 

 

 

SONY TWSがついに!WF-1000XM4も!!

TWSで初eA-R対応です! 

その第1弾目がこちらの2機種になります!

WF-1000XM4  WF-1000XM3 

 

 

WF-1000XM4 発売日にeA-Rも対応なんて…

なあ…タイミングが…良すぎるじゃないか…

 

しかもしかも、今回あの限定オプションが復活するんですよ。

IER-Z1R の時に大人気だった期間限定オプション

✨本銀箔✨が今回もオーダー可能に!!

2021/6/25~7/31の期間限定で、SONY製品対応のeA-Rをオーダーいただいた方は、本銀泊オプションを無料にて選択いただけます。

 

 

本当に大人気だった本銀箔。

グリッターとはまた違う、高級感MAXの輝きが手にはいります!

 

 

ぜひこの期間にSONY eA-Rのオーダーを(^^)/

 

 

eA-R (エアラ) SONY用:¥22,000-(税込)

※TWSの場合につきましては、耳の形状・チャージャー形状や密閉度合・保持力を考慮した関係上ケースに収納する際はeA-Rを外す必要があります。

 

 

 

ついにintimeシリーズがeA-R対応に!

intime…本当に本当に大変お待たせしました!

お問い合わせいただいたり、オーダー会でご要望いただいたりと…1年越しにやっとご案内できることになりました~(;;)

 

 

intime対応機種

・碧(SORA)  ・碧(SORA)-2

・碧(SORA)-Light【2019Edition】

・碧(SORA)-Ti3

・煌(KIRA)  ・轟(GO)

・翔       ・翔DD 

eA-R (エアラ) intime用:¥22,000-(税込)

 

 

しかもですね、画像でお気づきの方もいると思いますが、今回ももちろんメーカー限定カラーがあるんです!

 

その名も

 intime Blue 

 

intime機種対応eA-Rをオーダーいただいた方限定の無料カラーオプションです。

今回の限定カラーも前回のfinal BlackやSHURE Whiteと同様に、HYBRID OPALを使用したキラキラ特別カラーに仕上がっています!

個人的にintimeと聞いてぱっとイメージが浮かぶのが、『青蒼碧空水SORA』と青いイメージ一択だったので、eA-Rの標準カラーに無い薄い青系で作製しました。

intimeユーザーの方はぜひご検討ください!

 

 

 

SENNHEISER対応機種追加!IE 900も!!

こちらもお客様やスタッフからのご要望が多かったんです。

SENNHEISER製品はIE 60/IE 80/IE 80Sと3機種のみの対応となっておりましたが、人気のIE 40 PROなどをラインナップに加えることができました~!

 

しかもなんと!

こちらもSONYと同じく期間限定で本銀箔のカラーオプションをお選びいただけます☆

SONY製品以外ではなかなかないチャンスなので、本銀箔が気になる方はこの機会をお見逃しなく!

※本銀箔キャンペーン:2021/6/25~7/31まで

 

 

追加対応機種

・IE 40 PRO        ・IE 100 PRO    ・IE 300 

・IE 400 PRO  ・IE 500 PRO        ・IE 900

eA-R (エアラ) SENNHEISER用:¥27,500-(税込)

 

 

実は私IE 40 PROユーザーでして、前々からeA-RとeA-R Cを使用してたんです。

私の場合ですと、もともと耳掛けが苦手なのと、ノズルが短めなので動いたりしていると耳から少し浮き気味になってしまうのが気になっていましたが、装着感が抜群に良くなりました。

特にeA-R Cの場合ですと外耳道+コンチャ全体で固定すので、耳掛け部分がフィットしなかったり不安定な方でも、イヤホンを安定して装着できると思います。

ゲーミングイヤホンとして使用されてる方にも、ぜひオススメします!

 


 

いかがでしたか( ◠‿◠ ) ?

すーぱーてんこ盛りなeA-Rニュース。

 

イヤホンや聞くジャンルによってeA-Rと通常イヤーピースを使い分けたりと、

リケーブルをするような感覚でeA-Rも楽しんでいただけると嬉しいです!

オーダーメイドイヤーピースに少しでも興味をもっていただけたら、私嬉しすぎて秋葉原が水没するぐらい泣きます。

 

ではではオーダーお待ちしております!

 

オーダーフォーム

 

 

ゾゾでした~

 


 

 

 

 

 

 

ゾゾ
■eイヤホン秋葉原店/買取スタッフ■ ≪使用機種≫ ・KOSS/Portapro ・WESTONE/UM PRO20 ・JVC/HA-FX750 FX850 FX1100 ・SENNHEISER/IE40PRO ・SONY/DR-4M ・SHANLING/M1、M3
  

この記事を読んだ人におすすめ