音像定位と重厚で濃密な臨場感、NOBUNAGA Labs至極のフラグシップモデル

 

 

皆さんこんにちは!

e☆イヤホンPR部のうらやんです!

 

 

 

今回ご紹介する商品はこちら!

 

 

NOBUNAGA Labs 16芯純銀 金メッキケーブルシリーズ



e☆イヤホンWEB本店価格¥49,800-(税込)

 

▼篝火 極 (Kagaribi-Kiwami) 3.5mmステレオミニ-MMCX

▼胡蝶 極 (Cochou-Kiwami) AK2.5mm4極バランス-MMCX

▼澪標 極 (Miotukusi-Kiwami) 4.4mm5極バランス-MMCX

 

▼Enkidu-Omega (エンキドゥ-オメガ) 3.5mmステレオミニ-カスタムIEM2pin 

▼Ishtar-Omega (イシュタル-オメガ) AK2.5mm4極バランス-カスタムIEM2pin

▼Gilgameš-Omega (ギルガメシュ-オメガ) 4.4mm5極バランス-カスタムIEM2pin

 

 

6月4日(金)発売予定!!

 

 

 

圧倒的な情報量と高解像度なサウンドを実現する16芯4N純銀金メッキ線

 

線材位に自然な響きと高解像度で、微細な音の変化や自然な余韻までも表現する4N純金メッキ線を採用しています。16芯構成にすることで、音像定位と情報量が格段に向上し、音の粒立ちや解像度が増し、これまで以上に明瞭かつ立体的で広大な音場と実在感のある音像、そして、重厚で濃密な臨場感を実現します。

 

さらに、導体を真円化することで導体自体の柔軟性と耐久性が飛躍的に向上します。折り曲げや急激な温度変化にさらされても安定した信号伝達の役割を果たします。

 

 

 

快適な使いやすさを追求した外被覆

 

外被には柔軟性、耐摩耗性、弾性、靭性など、多くの優れた特性を持つTPUを採用しています。多芯ながら非常にしなやかで取り回しがしやすく、タッチノイズの低減化により快適な使い心地を実現します。

 

 

 

オーディオ信号の劣化を最小限に抑える編込み構成

 

左右のセパレーションを改善してクロストークを抑制するために、グランド部分を分離した16芯編み込み構成を採用されています。アンバランス接続時でも明瞭な定位と空間表現、そして、歪みを抑えた低域再生を可能にします。

 

 

 

伝送損失を極限まで排除

 

電気抵抗の原因となる分岐部分のはんだ接合工程(ジョイント加工)を施さず、ケーブルの編込みピッチを均等化することで、伝送特性が変化しない理想的な設計を実現します。ケーブル本来の特性を余すことなく発揮します。

 

 

 

高品質な日本製プラグ

 

プラグ部分は、24K金メッキ処理を施した高品質な日本製を採用し、安定的な接続環境と伝導率の効率化を実現します。さらにフラッシュメッキ処理の後、特殊処理を施すことにより、メッキ剥がれや酸化侵食などのトラブルを長期にわたって防止します。

 

シェル部分は、NOBUNAGA Labsオリジナルのマットブラックデザイン採用で、シンプルながら高級感を強調します。

 

 

 

厳選したMMCXコネクタ

 

コネクタ部分は24K金メッキ処理を施し、接触抵抗を抑え、高い電気伝導性を発揮します。

 

さらに、シェル内部にはモールディング加工を施し、着脱時のトラブルを最小限に抑えます。シェル部分は、NOBUNAGA Labsオリジナルのスリットデザインを採用。長期間使用しても消えないよう黒、赤のラインを溝に印字しています。(L側:黒 / R側:赤)

 

 

 

フラグシップモデルにふさわしい外観デザイン

 

プラグシェル、コネクタシェルだけではなくY分岐部分とケーブルスライダーに至るまで、ブラックのアルミアルマイト加工を施され、シンプルながら高級感があふれます。また、移動中の使用時でも、確実な装着ができるようケーブルスライダーを採用しています。

 

 

 


 

 

今回ご紹介させて頂いたNOBUNAGA Labs 1『6芯純銀 金メッキケーブルシリーズ』は6月4日(金)発売予定です!!

e☆イヤホン全店で試聴機をご用意する予定です。ぜひ一度お試しください。

 

 

以上PR部のうらやんがお送り致しました!

最後まで読んで頂きありがとうございました!

 

 

うらやん
eイヤホン日本橋本店PRスタッフ 和歌山出身シンガーソングライターとして活動してます。 オリジナル曲をレコーディングする中で音に興味を持ち、 生楽器を使ったバンド系の音楽を好んで聴く傾向にあります。 J‐POP、一昔前の音楽好きです。オーディオ勉強中です。 オリジナル曲はストリーミング配信してるのでぜひ聴いてください!
  

この記事を読んだ人におすすめ