GLIDiCの新TWS、TW-5100・TW-7100を含む4機種比較レビュー!


hamachan

イヤホン・ヘッドホン専門店『e☆イヤホン』のはまちゃんです!!

 

GLIDiCから新製品が登場!お手頃価格なのに高性能な「Sound Air TW-5100」と、人気のTWS、TW-7000の後継機「Sound Air TW-7100」!気になる新製品を既存の2機種と合わせてご紹介したいと思います!

 

 

ご紹介するGLIDiC TWS 4機種はこちら!

 

  • Sound Air TW-5100
  • Sound Air TW-6000
  • Sound Air TW-7100
  • Sound Air SPT-7000

 

 

 

各機種の概要

 

 

 

Sound Air TW-5100

Sound Air TW-5100

Sound Air TW-5100

GLIDiC Sound Air TW-5100 e☆特価¥9,790-

 

「雰囲気はそのままに、より使いやすく」

進化する技術やライフスタイルに対応すべく、ロングセラーモデルをリニューアル。シリーズが持つイメージはそのままに、より使いやすく進化。スマホやライフスタイルに合った機能を更新し、装着感や使い勝手を向上。ワイヤレスイヤホンに馴染みのない方にも、ストレスなく取り入れてもらうことを追求。

 

快適なフィット感

フィットしやすい快適な装着感と遮音性を実現。カスタムイヤホンメーカー「カナルワークス」監修による独自のイヤホン形状。

 

より自然な外音取り込み

イヤホンを着けたまま、周囲の音を取り込む「外音取り込み機能( Multicommunication Mode)」が前モデルよりも更に自然な音に進化。テレワーク中の家族との会話や、交通量の多い場所で車の音を確認するなど、様々なシーンで活躍します。

 

進化したバッテリー性能

わずか10分間ケースに入れておくだけで約2時間連続使用できる急速充電。フル充電も約45分で完了。更にイヤホン単体で約8時間、充電ケース併用で最大28時間の再生時間を実現。

 

イヤホンを探すTile機能

探しものトラッカー「Tile」の機能搭載。イヤホンを失くしても、スマホで探すことが可能。スマホからイヤホンの音を鳴らすことや、Bluetooth®通信が最後に接続した場所をアプリ上の地図でお知らせしてくれます。※専用アプリ「Tile」のインストール(無料)が必要です。

 

 

 

 

Sound Air TW-6000

Sound Air TW-6000

Sound Air TW-6000

GLIDiC Sound Air TW-6000 e☆特価¥11,800-

耳に心地よいフィット感

小さいサイズのイヤホンがお好みの方にもフィットしやすく、快適な装着感を実現。 オーダーメイドイヤホンを手がける「カナルワークス」監修による独自のイヤホン形状。

 

どこにでも持っていけるコンパクトケース

ミニバッグにも入るコンパクトさ。 バッグの中でかさばらず、毎日気軽に持ち運べる。

 

朝の忙しい時間を邪魔しない

わずか10分間の充電で、約1時間再生可能な「Fast Charge」。 朝の準備中に、すばやく充電ができる。

 

ストレスフリーを追求したデザイン

毎日使うものだから、ストレスなく使えるカタチを追求。 ファッションに馴染むニュアンスカラーでアクセサリーのような存在に。

 

 

 

 

 

Sound Air TW-7100

Sound Air TW-7100

Sound Air TW-7100

GLIDiC Sound Air TW-7100 e☆特価¥14,900-

 

毎日持ち運びたくなる、こだわりを凝縮

時間の流れとともに、進化する技術やライフスタイルに対応。前モデル「Sound Air TW-7000」で好評をいただいた極上のフィット感はそのままに、ワンランク上の装いで上質感をプラス。機能や使い心地へのこだわりが、日常生活をワンランク持ち上げてくれる。

 

極上のフィット感

カスタムイヤホンメーカー「カナルワークス」監修。プロフェッショナルを思わせる独自のイヤホン形状。さらに、好みのフィット感で使い分けができる、2種類のイヤーピースを同梱。(各 XS/S/M/Lの4サイズ)

 

進化した外音取り込み機能

イヤホンを着けたまま周囲の音を取り込む「外音取り込み機能( Multicommunication Mode)」が前モデルよりも更に自然な音に進化。テレワーク中の家族との会話や、交通量の多い場所で車の音を確認するなど、様々なシーンで活躍します。

 

金属を使用した高級感あふれるケース

ケース全面に、完全ワイヤレスイヤホンでは珍しい、金属のアルミニウムを採用し、手触りの良さや見た目の高級感にまでこだわりました。

 

イヤホンを探すTile機能

探しものトラッカー「Tile」の機能搭載。イヤホンを失くしても、スマホで探すことが可能。スマホからイヤホンの音を鳴らすことや、Bluetooth®通信が最後に接続した場所をアプリ上の地図でお知らせしてくれます。※専用アプリ「Tile」のインストール(無料)が必要です。

 

進化したバッテリー性能

わずか10分間ケースにいれておくだけで約3時間連続使用できる急速充電。フル充電も約1時間で完了。更にイヤホン単体で約12時間、充電ケース併用で最大30時間の再生時間を実現。

 

 

 

 

 

Sound Air SPT-7000

Sound Air SPT-7000

Sound Air SPT-7000

GLIDiC Sound Air SPT-7000 e☆特価¥15,400-

走る人のためのカタチ

環境音が自然に聞こえるイヤホン形状。周囲の状況が把握でき、地面への着地時に頭に響く不快な振動音を軽減し、快適なランニングを楽しめます。

 

走りたときに、すぐに持ち出せる

わずか10分間の充電で約1.5時間再生可能な「Fast Charge」を実現。ランニングの準備を整えている間に充電も整います。

 

雨や汗を気にしない

天候の変化や運動中の汗を考慮した、防滴・耐汗仕様。ランニング中の急な雨や、汗を気にせずに使用できる。(IPX5相当の防水性能)

 

長時間を共に走れるバッテリー

バッテリーケースを持ち運べないランニング中でも、充電を気にしない。イヤホン単体で連続再生8時間の長時間再生を実現。

 

 

 

聴いてみた!

 

それではTW-5100、TW-6000、TW-7100、SPT-7000の4機種を開封して行きます!

 

 

Sound Air TW-5100

 

付属品はイヤーピースと充電用のUSBケーブル。充電コネクタはUSBタイプCです。

 

 

 

 

今回の4機種の中では最もコンパクトな1品。

 

 

なんといっても充電ケースのコンパクトさが個性的ですね。マットな肌触りで手にフィットします。

 

 

小粒なイヤホン本体。

 

 

操作はイヤホン本体の上部についている物理ボタンで行います。

 

 

Sound Air TW-5100 を聴いてみた!

 

 

 

コンパクトで使いやすい!

イヤホン本体も充電ケースもとってもコンパクト。鞄やポーチのスペースを使わないのが良いですね!こんなに小さいと無くしちゃうのでは?と思われたお客様、ご安心ください。このTW-5100は探し物トラッカー「Tile」を搭載しています!スマホからイヤホンの音を鳴らすことや、Bluetooth通信が最後に接続した場所をアプリ上の地図でお知らせしてくれます!

 

また、この価格で自然な外音取り込み機能が搭載されています!周囲の状況を確認したい時にイヤホンを外さず、さっと使えるのがいいです!

 

 

 

癖の無い音で、しっかりと普段の音楽ライフを支えてくれる!

シンプルな形状ですが、これもカスタムイヤホンメーカー「カナルワークス」監修による独自のイヤホン形状です。

 

音質は中音域が中心にあるように感じました。低音、高音も程よく出ていますが、やや「カマボコ」の傾向があるように思います。低価格でありながら明瞭なサウンドでパフォーマンスの高さを感じます。コストを抑えつつ、サウンドにもこだわりたいお客様にオススメです!

 

 

 

Sound Air TW-6000

 

かわいいパッケージです。

 

 

付属品の内容はイヤホン本体と充電ケース、イヤーピースと充電用のUSBケーブル。コネクタはmicroBです。

 

 

光沢のあるプレートがオシャレ!

 

 

イヤホンの形状は「カナルワークス」が監修しています。カスタムIEMの様な有機的な形です。

 

 

ノズルは他社製のイヤーピースもつけやすそうなちょうどいい長さです。

 

 

 

 

Sound Air TW-6000 を聴いてみた!

 

 

 

コンパクトさを保ちつつ、装着感がかなりいい!

この後に登場するTW-7100よりも少し小ぶりです。装着感はかなりいいです。とにかくつけやすくてベストなポジションにイヤホンを持っていきやすいので、イヤホンの持つポテンシャルが余すことなく発揮されています。

 

ケースのコンパクトさはTW-5100に匹敵するくらいのもの。コンパクトさとサウンドの双方に妥協したくないお客様に注目していただきたいちょうどいいTWSです。

 

 

 

ドレッシーな見た目でオシャレ!ヌーディカラーで雰囲気もいいですね!

なんといっても見た目が軽やかで優雅なデザインが素晴らしいです。一見してアクセサリの様なかわいさが高得点です。

 

かわいい見た目とは裏腹に、骨太な中低域の迫力がいいですね。バスドラムのアタックがしっかりとつたわり、ビート感を強く感じられます。迫力はしっかりとありますがボワついた印象は無くタイトに低音が聴きとれます。ボーカルとバンドサウンド、バランスよく聴きたいお客様にオススメです。

 

 

 

Sound Air TW-7100

 

大好評のTW-7000の後継機。期待が高まります!

 

 

付属品はアルミニウム素材にアップグレードした充電ケース、イヤピースは2種類、充電用USBケーブルです。充電コネクタはUSBタイプCです。

 

 

う、美しい。前作も高級感がありましたが、さらにかっこよくリッチに進化しています。

 

 

 

形状はもちろんカスタムイヤホンメーカー「カナルワークス」の監修。

 

 

2種のイヤーピースは黄色がコンフォートタイプ、黒色がベーシックタイプです。

 

 

見比べると高さが違います。お好みの装着感に合わせてお選びください。

 

 

 

 

Sound Air TW-7100を聴いてみた!

 

 

 

大本命。あの人気TWS TW-7000の後継機!

前回のモデルよりも外音取り込みが自然になり、充電ケースも高級感あふれる金属製になりました。同梱するイヤピースには軸の短いコンフォートタイプが付属し、より多くのお客様のお耳にフィットできるようになったといえます。

 

また、紛失防止のための機能「Tile」も搭載され、より使いやすくなったといえます!急速充電機能が進化しており、10分の充電で前作よりも1時間長い3時間の駆動を可能にしました!

 

 

 

高い装着感が生み出す安定した高音質!

TWSイヤホンのポテンシャルは装着感によって大きく左右されます。いい音は適切な装着から始まるのです。その点でいえばカスタムイヤホンメーカー「カナルワークス」監修のイヤホン形状を採用しているTW-7100はかなりいいスタートを切っています。なんとも装着感がいい!私の場合は付属しているコンフォートタイプのイヤピースがかなりばっちりとハマりました!

 

外音取り込み機能は前作よりも進化し、より自然な風合いになったように感じます。イヤホンの遮音性が高いので、周囲の音を取り込みたい場合に便利な機能です。

 

バランスのいいサウンドで、ローミッドの厚みがあり、ローからミドルにかけての情報量が多くていいですね。ボーカル、ギター、スネアなど、中音域に集中しそうな音がきれいに聴けていい塩梅です!前作と軽く比較するとややブライトに、明るい音質になったように感じました!

 

 

 

 

Sound Air SPT-7000

 

今回ご紹介する4機種のなかで大きく個性が異なるのがSPT-7000。唯一の開放型TWSです。

 

 

付属品は、イヤホン本体、充電用ケース、羽の様な部分があるイヤーピース「FREEBIT」が3サイズと充電用USBケーブル。充電コネクタはmicroBです。

 

 

にょきっと、羽が生えたような形のイヤホンですので、充電用ケースはやや大きめ。

 

 

 

この独特の形状がランニングに最適な装着感を生み出します。

 

 

耳を密閉しないので環境音が自然に聴こえ、ランニングの際の振動音を耳に届けないようにします。

 

 

形状が独特ですので、純正品以外のイヤーピースは装着出来なさそうです。

 

 

 

Sound Air SPT-7000 を聴いてみた!

 

 

 

周囲の音を自然に取り込んだスポーツモデル!

装着感が軽いので長時間の装着でも全然苦になりません。防水は急な雨でもへっちゃらなIPX5相当!ランニングの準備をしている間に充電できる急速充電にも対応し、10分の充電で約1.5時間の駆動が可能です。

 

 

 

開放型ならではのクリアで広がりのあるサウンド!

ほとんどの完全ワイヤレスイヤホンがカナル型密閉タイプなのに対し、耳を完全に密閉しないオープンエアー型開放タイプなので音の広がりが素晴らしく自然です。

 

軽い装着感ですので長時間のリスニングにもオススメできますし、スポーツモデルではありますが、装着感の軽さと周囲の音の聴き取りよさという点でテレワークにもオススメできる1品です。

 

サウンドの傾向としてはクリアで透明感があり、特に女性ボーカルの表現が美しく、軽快な聴き心地です。

 

 

 

 

見た目サイズ比較

 

見比べるとTW-5100が圧倒的にコンパクトですね。

 

 

手のひらに収まるサイズと言えばTW-5100、TW-6000までですね。

 

 

 

 

各機種の駆動時間

Sound Air TW-5100
イヤホン単体:約8時間
ケース込み:約28時間

 

Sound Air TW-6000
イヤホン単体:約7時間
ケース込み:約21時間

 

Sound Air TW-7100
イヤホン単体:約12時間
ケース込み:約30時間

 

Sound Air SPT-7000
イヤホン単体:約8時間
ケース込み:約26時間

 

やはり、新機種であるTW-5100とTW-7100は駆動時間も一枚上手!特にTW-5100のコンパクトでありながら総駆動時間が約28時間というのは驚きです!

 

 

 

イヤホン本体部分は?

 

イヤホン本体部分の形状を見比べてみましょう。

 

 

TW-5100、TW-6000、TW-7100の3機種はほとんど同じくらいのサイズ感ですね。

 

 

 

 

操作ボタンは

 

TW-5100が上部、やや前方。

TW-6000が上部、

TW-7100が前方、

SPT-7000がプレート部分のタッチパネル、

 

といった違いがあります。

 

 

 

各機種の重量

Sound Air TW-5100
片側 約5g

 

Sound Air TW-6000
片側 約4.5g

 

Sound Air TW-7100
片側 約7g

 

Sound Air SPT-7000
片側 約6.9g ※FREEBITを除く

 

重量に関してはTW-6000が最も軽量でした。本体のシェイプも最もスマートな印象がありますね。

 

 

 

どんなシーンにオススメ?

 

 

 

Sound Air TW-5100

  • リーズナブルな価格で質の高いTWSをお探しのお客様にオススメ!
  • コンパクトでシンプルなTWSをお求めのお客様にオススメ!
  • 気軽に普段着のように通勤・通学に使うのがオススメ!

 

 

 

Sound Air TW-6000

  • 機械っぽいデザインよりもオシャレなTWSをお探しのお客様にオススメ!
  • 見た目と機能、どちらも譲れないお客様はこちら!
  • 見せても魅せられるカワイイTWSです!ファッションに取り入れてはいかがでしょうか!?

 

 

 

Sound Air TW-7100

  • ワンランク上のTWSをお探しのお客様!
  • ビートとボーカルをバランス良く聴きたいお客様にオススメ!
  • お手頃価格で最高の装着感を!

 

 

 

Sound Air SPT-7000

  • 周囲の音が自然に聴ける!ランニングのお供にオススメ!
  • 羽のように軽い装着感が長時間の装着にもマッチする!
  • 装着の疲労が少ないのでテレワークにもどうぞ!

 

 

 


 

 

GLIDiC Sound Air TW-5100 e☆特価¥9,790-

GLIDiC Sound Air TW-6000 e☆特価¥11,800-

GLIDiC Sound Air TW-7100 e☆特価¥14,900-

GLIDiC Sound Air SPT-7000 e☆特価¥15,400-

 

 

以上!

はまちゃんがご案内いたしましたー!

※記事中の商品価格・情報は掲載当時のものです。

 

【10/23発売】#GLIDiC から進化した2製品Sound Air TW-5100/TW-7100登場!

はまちゃん
e☆イヤホン大阪日本橋、本社事務所に勤務! 身長180cm! 髪の毛は伸ばして寄付する、 へアドネーションしてます! PR部主任!SNS・YouTube・ブログ等々です! バンドマンで2020年4月現在はベーシストとして関西で活動中! ベースボーカルもしてます! あんまり知られてませんが、お料理するの好きです☆ 【YouTube】 チャンネル https://www.youtube.com/user/eearphone 【sixteencoins】ってバンドやってます! HP http://sound.jp/sixteencoins/ 音源はこちら! Cry baby YouTubeで全曲聴けます! Youtube sixteencoins トピック 小さな彼女とガラス越しのあの子 - EP
  

この記事を読んだ人におすすめ