全国のオーディオファンの皆様!

梅田EST店のみくぺでございます!!( ᐢ. ̫ .ᐢ )

 

早いものでもう9月!

まだまだ暑いですがひと足先にみくぺは食欲の秋を満喫中でございます。(いつもでは)

 

 

先日はかわちゃんさんとアンバーさんとハンバーガーを食べにいきました。肉厚ジューシーでした♡

 

↓オーディオとご飯が出てくるお得なTwitterフォローお願いいたします♡↓

 


 

梅田EST店で毎月‘‘9‘‘日にキニナルことをご紹介させていただいております連載ブログ!

そしてキニナル商品があったら9日にかかわらず随時更新させていただきます!

 

 

『今月のキニナル!』

 

皆様・・・!

 

 

 

 

 

『Tipsy』というメーカーをご存知でしょうか!!

 

 

 

 

中国のカスタムIEMメーカ「Tipsy」

 

 

「Tipsy」とは中国のカスタムIEMメーカー。

 

中国のアーティスト向けを中心に多くのカスタムIEMを手掛けてきた実績を持ちます。

 

またブランドを特徴づける独特な低音「Tipsy Bass」という言葉が生まれています。

 

低域だけでなく他の音域も分離感がしっかりとしていて細やかなのでモニターイヤホンとリスニングイヤホンとしても活躍できます。

 

そしてエントリーモデルの『DUNMER』は2020年度のe☆イヤホンスタッフ厳選ランキングのA10000円の部で見事1位に輝いています!!

 

 

今回はみくぺオススメオーディオブランド『Tipsy』

DUNMER

 


 

 

DUNMER S

 

 

 

Dunmer Pro

 

 

BLUE AURORA

 

 


 

 

の4機種の聴き比べと魅力をお伝えしていこうと思います!!

 

 

 

 

お願い致します!٩( ‘ω’ )و !!!!

 

 

~『Tipsy』の魅力。~

デザイン性も高くて女性にもお勧め!!

Tipsy DUNMER

DUNMER

Tipsy DUNMER S

DUNMER S (全2色)RED

Tipsy Dunmer Pro

Dunmer Pro(全3色)

Tipsy BLUE AURORA

BLUE AURORA

「Tipsy」といえばデザイン性の高さもお勧めポイントです。

 

フェイスプレートの模様が同じ機種でも配色の部分や模様が異なっているので所有感を満たしてくれます(*´ω`)

皆さん所有感があるのお好きですよね??♡(*´ω`)

 

 

『DUNMER S』『DUNMER Pro』はカラーバリエーションもあるので選べなくてこまっちゃう;;(∩´~`∩);;☆

DUNMER S Blue

『DUNMER Pro』Colal

 

 

梅田EST店スタッフのアンバ『DUNMER Pro』Bluegrayを所有しております♡

公式サイトのBluegrayと比較すると配色の混ざり具合が異なりまた違った雰囲気をお楽しみいただけます♡

 

↓公式サイトの『DUNMER Pro』Bluegray

公式サイトの『DUNMER Pro』Bluegray①

公式サイトの『DUNMER Pro』Bluegray②

 

 

梅田EST店スタッフ、アンバー『DUNMER Pro』Bluegray

梅田EST店スタッフ、アンバーの『DUNMER Pro』Bluegray

Tipsy『DUNMER Pro』

梅田EST店スタッフ、アンバーの『DUNMER Pro』Bluegray

 

青が多めだったり赤が多めだったと同じカラーでも表情が違っていてすごく面白いです★

自分だけのデザインってすごくそそられます♡

 

 

外装も紅茶のパッケージみたいで可愛い!!

梅田EST店スタッフしばちゃんが過去に言った。

 

 

『ダージリンの茶葉が入っているみたいですごくお洒落なパッケージだと…!!!』

 

パッケージは『DUNMER Pro』のもの

 

 

確かにお高い紅茶の茶葉が入っていそう…!!

パッケージが立派なのも購入した時のホクホク感につながります☆彡

 

 

筐体が小さいので装着しやすい

装着しているのは『DUNMER Pro』

 

どの機種も筐体が小さめなので耳が小さい方にも装着しやすいと思います。

 

デザイン性が高いので耳につけるだけで宝石をつけているみたいで思わず見せびらかしたくなります(*´ω`*)

 

ファッションのワンポイントにいかがでしょうか!

アクセントになってお耳が映えると思います(っ’ヮ’c)

 

『Tipsy』4機種を聴き比べる

さて本題の聴き比べに入りたいと思います。

 

試聴DAP  FiiO M5

 

 

 

↓聴き比べた音源はコチラ↓

 

 

 

 

 

ではいってみましょう~!!!

 

DUNMER

Tipsy DUNMER

ドライバー構成は1DD

装着画像はこんな感じ。クールでかっこいいデザイン

 

4機種の中では1番重低音を感じれる子です

 

 

量感たっぷりな低域が曲に勢いよくをつけてくれます。線が太く輪郭がしっかりとしているので勢い任せにならず、ベースラインの安定感やドラムの厚みがあり余韻のある抜け感が雰囲気をつくります。

 

重低音といっても圧が強すぎないので重くなりすぎないです。分離感はそこまで高くないですが

楽器の定位感も感じれるところもポイントが高いです。

 

 

低域ばかりに耳が行きがちですが個人的にオススメなポイントは量感たっぷりの低域に埋もれる事なく現れてくれる濁りのないクリアな中高域。

しっかりと伸びてくれ音が耳に刺さりにくく激しめの楽曲でも疲れる事無く聴き続けることが出来ます。

 

シンバルの残響音がじんわりと耳の中で響いてくれるので心地がよく、低域メインの楽曲で聴いた時に濃密なベースラインとマッチして絶妙なハーモニーに(´ω)

 

 

メタルやロックにももちろんぴったりですが個人的にはエレクトロニカもおすすめです。

DUNMER S

Tipsy DUNMER S

ドライバー構成は1DD。カラー展開はRed.Blueの2色展開

装置画像はこんな感じ。Tipsyシリーズの中でお気に入りのデザインです。ケーブルともマッチしています。

 

中低域中心のサウンドで低域は輪郭丸く淡々と鳴りつつ厚みはしっかりとあり曲を支えます。

 

 

4機種の中では低域が下の方までが出ていてレンジが広めな印象。今まで発見できなかった音が見つかります。

 

 

残響音は空気が抜けていくというより留まってくれるかんじでバスドラムが凄く鮮明にきこえて迫力がプラスされます。

 

 

ボーカルは密度がありイキイキとしていて透明感があります。

距離感は近すぎず絶妙な間合いをとっていて低域に埋もれることなく、むしろ際立って聴こえます。

個人的には男性ボーカルより女性ボーカル向けでなんとも言えない味が出て雰囲気がでます。

 

 

 

分離感も感じられ金物類の音は柔らかいので聴きやすく落ち着いているので激しめの楽曲でも耳がしんどくなりにくいです。

迫力もありつつ大人な部分もあるのでロックやポップスも楽しく聴けるサウンドです。

 

Dunmer Pro

1DDと2BAのハイブリッドイヤホン。 カラー展開はTiger、Bluegray、Coralの3色展開

装着画像はこんな感じ!ケーブルが素直で扱いやすいです。

空気の抜け方までリアルすぎるっ!

低域も分離感も繊細さも味わえる欲張りな子です。

 

DUNMERシリーズで初のハイブリッドイヤホンで4機種のなかで1番解像度が高く、どの音域も11音がしっかりと!鮮明に!直球に!ぶつけてくれます。定位感も凄くわかりやすく、分離感も圧倒的に良いので全ての音を明確に鳴らします。インストの楽曲で聴いてみると全てが主役級に聴こえて凄く楽しいです。

 

 

Tipsyの代名詞である低域は密度濃くぎゅっと引き締まったイメージです。

隙間なくぴったりとしたベースラインは曲をなぞっていき、スネアドラムの程よい音の抜けの良さで余裕とリアリティさを出します。

 

そしてもう1つの特徴が立体感溢れる中高域です。粒立ちが非常に細かく金属音の残響音がシャラシャラ〜!と繊細ながらも1音1音が際立って存在感がでています。弦楽器と相性がよく、歪みのない真っ直ぐなサウンドは伸びが良く楽器本来の美しさを感じます。

 

 

ボーカルの距離感は近めで吐息までも鮮明に聴こえます。艶感もプラスされより生々しさがまし一気に楽曲が妖美に。

 

一音一音が鮮明なのでモニターイヤホンとしても優秀ですがリスニングで使用するときはメリハリのある楽曲よりジャズ要素のある大人な楽曲が合いそうです。

BLUE AURORA

 

ドライバー構成は1BA

装着画像はこんな感じ。爽やかなブルーのお色味が綺麗なデザイン

Tipsyの初となるシングルBAで、4機種のなかではシンプルでフラットなサウンドです。

 

 

どの音域も満遍なく聴きやすく、響かせるというよりは1音1音を丁寧に表現してくれる優しい子です。

 

低域は主張は大人しいですが、軸がしっかりとしていて引き締まっています。
迫力こそ少ないですが、さすが『Tipsy bass 』といったところで安定の低域の解像度です。

 

透明感のあるボーカルは距離感が近めで、すっきりと聴きやすく見晴らしがいいです!男性ボーカルも女性ボーカルどちらとも相性がよく耳あたりよく聴きやすいです。

 

全体的にメリハリは少なめですが高域が引っ込みすぎることなく明確で聴きとりやすいです。
ナチュラルでピュアなサウンドなのでどんな楽曲でもそつなくこなしてくれ色んな表情を見せてくれます(‘ω’)!

 

 

みくぺ的お勧めは邦楽やアコースティックサウンドが爽やかに聴けて聴き心地が良かったです。

 

聴き比べてみて

今回はTipsyの4機種を聴き比べてみました(*´ω`)

まとめるとこんな感じ!!

 

『DUNMER』

  • 4機種の中では一番重低音が感じられるモデル
  • 重低音ですが圧は少なめで中高域も埋もれにくい
  • 濁りのないクリアで伸びのいい中高域で耳に刺さりにくくじんわりと響きます
  • ロック、メタル、エレクトロニカにおススメ。

 

『DUNMER S』

  • 中低域メインで輪郭が丸く淡々と鳴りつつ厚みのある低域
  • 4機種の中では低域が下の方までが出ていてレンジが広めな印象。
  • 残響音は空気が抜けていくというより留まってくれるイメージで余韻を感じれる
  • 女性ボーカルの楽曲やロックやポップスにおススメ

 

『Dunmer Pro』

  • DUNMERシリーズで初のハイブリッドイヤホン4機種のなかで1番解像度が高い
  • どの音域も11音が鮮明。定位感も凄くわかりやすく分離感も圧倒的です。
  • 密度濃くぎゅっと引き締まった低域と立体感溢れる中高域
  • 楽器メインの楽曲、ジャズなどムーディな楽曲におススメ
  • モニターイヤホンにもおススメです

 

『BLUE AURORA』

  • 4機種の中で唯一のシングルBAのイヤホンでシンプルでフラットなサウンド
  • どの音域も満遍なく聴きやすく、響かせるというよりは1音1音を丁寧に表現してくれる優しい子
  • ボーカルとの相性が抜群で距離も近め、耳当たりがよく聴きやすい
  • 主張は大人しいですが、軸がしっかりとしていて引き締まっている低域
  • 邦楽やアコースティックサウンドなど爽やかな楽曲におススメ

 

 

だと感じました!!

 

 

 

4機種とも異なる低域の質感だったので聴き比べるといろんな発見があり楽しかったです☆( ´ ▽ ` )ノ

 

 

 

少しでも魅力が伝われば幸いです!!!ご試聴ももちろん可能なのでいつでも聴き比べお待ちしております( ᐢ. ̫ .ᐢ )

 

 

以上!梅田EST店みくぺでした!ここまで読んでいただきありがとうございます☆彡

また来月!

 

写真提供:梅田EST店シンジさん→

 

 

 

みくぺ
BUMP OF CHICKENをこよなく愛しています。 いつもお腹がすいてます。 愛機 SHURE SE-215 qdc NEPTUNE  neoaudio Exhaust
  

この記事を読んだ人におすすめ