Technics初のTWS、業界最高クラスのノイキャンを搭載したハイエンドモデル


皆さんこんにちは!

e☆イヤホンPR部のうらやんです!

 

今回紹介する商品はこちら!

 

Technics EAH-AZ70W

 

 

4月中旬発売予定!!

 

Technicsの最上位機種、あのEAH-TZ700の開発で培った音響技術に習って開発されたTWSイヤホンです。遂にあの高音質をBluetoothで楽しめるようになった高級志向のハイエンドモデル!

 

ちなみにEAH-TZ700とは

 

 

 

Technics EAH-AZ70Wの魅力を詳しくご紹介していきましょう!

 

 

 

Technicsの音響技術

 

TWSイヤホンとしては大口径の直径10mmのダイナミックドライバーを搭載。豊かな低音と、音場の広いゆとりある音を実現します。振動板は、PEEK(ポリエーテルエーテルケトンの略で、強度と内部損失特性に優れた材料)素材の採用に加え、グラフェンコートを施すことで、強度アップと振動板自体の不要な振動のがないように工夫されている。高音域の抜けの良さや、艶感のあるボーカルを表現します。

 

アコースティックコントロールチャンバー

 

ドライバーの後端には、EAH-TZ700と同様、筐体内の空気の流れを精密にコントロールする「アコースティックコントロールチャンバー」を配置。筐体内を最適な空気の流れになるように設計されており、ドライバーの持つ力を最大限に引き出し、全帯域において高い表現力を可能させるとのこと。

 

 

 

業界最高クラスのノイズキャンセリング性能

 

こちらの製品は飛行機や電車など騒音の大きな環境でも静寂の中で音楽を楽しめよう、業界最高クラスのノイズキャンセリング性能を実現させるため「デュアルハイブリッドノイズキャンセリング」を搭載されています。「デュアルハイブリッドノイズキャンセリング」は「ハイブリッドノイズキャンセリング」に対して、更に「デジタル制御」と「アナログ制御」を組み合わせた方式で、精密演算処理が可能なデジタル制御を用いることで騒音の大幅な低減が可能になったとのことです。

 

外音取り込み(アンビエント)機能

周囲の音を取り込んで、音楽を聴きながらでも周囲の音を聴ける機能です。道を歩いている際や車内アナウンスなど、周囲の音に注意を払いたい場合は切り替えが可能。

 

 

 

高品位かつ上質なデザイン

 

筐体は小型の円形デザインで、外側にスピン加工を施されたTechnics象徴のロゴが高級感を演出しています。また、充電ケースはアルミ素材を活かした頑丈な設計で、TechnicsのHi-Fiオーディオ特有の天面ヘアラインと刻印ロゴが施されているとのこと。手に馴染みやすい丸みを帯びたフォルムで、持ちやすくなっています。

 

 

スマホ用アプリTechnics Audio Connect」を使って簡単に操作が可能

 

スマートフォン用アプリ「Technics Audio Connect」(無料)に対応しており、お好みの音質にカスタマイズできるイコライザー機能やノイズキャンセリング・外音取り込みの効き方の調整などさまざまな機能を楽しめます。左右のイヤホンの電池残量の確認もできる他、イヤホンを紛失時には、イヤホンと最後に接続していた場所を地図アプリ上に表示できる「ヘッドホンを探す」機能を使って探すことも可能とのこと。

 

 

外れにくく良好な装着性

 

人間工学に基づいて多くの耳型サンプルを用いて研究を重ね、イヤーピースはもちろん、イヤホン全体をアンチトラガスでしっかりとホールドしながら耳孔にフィットする形状になっているため、耳に吸い付くような心地良い装着感を得られ、耳から外れにくくなっています。

 

 

 

スペック一覧

型式:密閉型ダイナミックステレオインサイドホン
ドライバーユニット:直径10 mm、グラフェンコート
充電時間(25 ℃):イヤホン+充電ケース(同時充電)約4時間
再生時間(イヤホン単体):約6.5時間(ノイズキャンセリングON、AAC)
               約7.5時間(ノイズキャンセリングOFF、AAC)
再生時間(充電ケース含む):約19.5時間(ノイズキャンセリングON、AAC)
             約22.5時間(ノイズキャンセリングOFF、AAC)


短時間充電時再生時間:15分充電、約70分(ノイズキャンセリングON、AAC)
           15分充電、約80分(ノイズキャンセリングOFF、AAC)
質量:イヤホン:約7 g(片側のみ:LR同値)、充電ケース:約65 g
Bluetoothバージョン:Ver.5.0
送信出力:Class 1(8 mW)
通信方式:2.4 GHz band FHSS
対応プロファイル:A2DP、AVRCP、HSP、HFP
対応コーデック:SBC、AAC
通信距離: 最長約10 m
充電端子:USB Type-C形状
防水性能:IPX4(※5)相当(イヤホン部のみ)
付属品:USB充電ケーブル 約0.5 m (入力:USB A形状、出力:Type-C形状)
イヤーピース:S、M、L、XL 各2個(Mはイヤホンに装着)

 

 

 


 

 

 

 

Technicsの技術が集結したハイエンドモデルのTWSイヤホン。これは大注目の製品なのではないでしょうか。

 

非常に高い評価を受けているハイエンドイヤホンEAH-TZ700の技術を多数盛り込んだ意欲作ですね。EAH-TZ700のエッセンスを完全ワイヤレスで楽しめるとは期待が膨らむばかり。

 

こちらの商品は4月中旬発売予定です!!

e☆イヤホン全店で試聴機を展開予定。ぜひ一度おためしください。

 

以上、イヤホン・ヘッドホン専門店e☆イヤホンのPRスタッフうらやんがお送り致しました!

最後まで読んで頂きありがとうございました!

 

 

良かったらEAH-TZ700のブログもご覧ください!

【レビュー】新生 #Technics 初のハイエンドイヤホン EAH-TZ700 を実際使ってみた!

 

うらやん
eイヤホン日本橋本店PRスタッフ 和歌山出身シンガーソングライターとして活動してます。 オリジナル曲をレコーディングする中で音に興味を持ち、 生楽器を使ったバンド系の音楽を好んで聴く傾向にあります。 J‐POP、一昔前の音楽好きです。オーディオ勉強中です。
  

この記事を読んだ人におすすめ