AirPodsを紛失した!落とした!そんな時にこちらの記事をぜひご活用ください。


AirPods愛好家かじかじですこんにちは。

 

 

 

みなさま完全ワイヤレスイヤホンはお持ちですか?とくに知名度の高い機種といえばAppleのAirPodsですね。2016年12月に発売され、瞬く間にイヤホン市場を完全ワイヤレスに塗り替えた、ガラケー時代における「iPhone」のような立ち位置の製品です。

 

僕も発売当初から愛用しており、最近AirPods(初代)からノイズキャンセリング搭載のAirPods Proに買い換えました。

購入したきっかけは、外音取り込みの音が自然すぎて、装着したままでも日常生活や会話が問題なく行えるからです。初代AirPodsはオープン型のため通常使用時も外の音が入ってきていましたが、AirPods Proはカナル型(耳栓型)のため、本来なら会話もできないくらい音が遮られるはずなのですが、Appleの技術はすごかった・・・。

 

しかしこちらのAirPods、売れているが故に、紛失事故の件数も非常に多いです。最近では駅のホームでも「ワイヤレスイヤホンを落とす事故が多数・・・」といったアナウンスが流れています。まずイヤホンを落としてしまう前に、落ちないようにするための対策が必要です。この記事では落とさないようにするための対処法を詳しく説明していますので、これから完全ワイヤレスイヤホンを購入される方、検討される方はご覧ください。

 

超簡単!完全ワイヤレスイヤホンが落ちなくなる3つの方法

 

また、「AirPodsをなくしてしまった場合どうすればいい?」という疑問に対しても、お役に立てるような記事に仕上げています。たとえなくしてしまっても、あきらめるのはまだ早いですよ!

 

 

 

AirPodsをなくしてしまったらまず行うこと

iPhone純正アプリ「探す」を使おう

まず「設定」アプリで「iPhoneを探す」をオンにします。

「設定」→「プロフィール」→「探す」→「iPhoneを探す」をオンにする。こちらで設定完了です。

 

あとはペアリングされていたAirPodsが紛失した場合、「探す」アプリを開きましょう。

 

あとはこちらの画像に従って操作をしてみてください。

 

「サウンドを再生」をタップすると、紛失しているAirPodsから「ぴっぴっぴ」と音が鳴り始めます。

部屋の中ではわかるものの、街中だと気づかない程度の音量です。

 

実際にサウンドを流してみましたので、こちらのツイートもご覧ください。

  

この記事を読んだ人におすすめ