AirPodsを紛失した!落とした!そんな時にこちらの記事をぜひご活用ください。


AirPods愛好家かじかじですこんにちは。

 

↑よろしければフォローお願いします!

 

 

 

みなさま完全ワイヤレスイヤホンはお持ちですか?とくに知名度の高い機種といえばAppleのAirPodsですね。2016年12月に発売され、瞬く間にイヤホン市場を完全ワイヤレスに塗り替えた、ガラケー時代における「iPhone」のような立ち位置の製品です。

 

僕も発売当初から愛用しており、最近AirPods(初代)からノイズキャンセリング搭載のAirPods Proに買い換えました。

購入したきっかけは、外音取り込みの音が自然すぎて、装着したままでも日常生活や会話が問題なく行えるからです。初代AirPodsはオープン型のため通常使用時も外の音が入ってきていましたが、AirPods Proはカナル型(耳栓型)のため、本来なら会話もできないくらい音が遮られるはずなのですが、Appleの技術はすごかった・・・。

 

しかしこちらのAirPods、売れているが故に、紛失事故の件数も非常に多いです。最近では駅のホームでも「ワイヤレスイヤホンを落とす事故が多数・・・」といったアナウンスが流れています。まずイヤホンを落としてしまう前に、落ちないようにするための対策が必要です。この記事では落とさないようにするための対処法を詳しく説明していますので、これから完全ワイヤレスイヤホンを購入される方、検討される方はご覧ください。

 

超簡単!#完全ワイヤレスイヤホン が落ちなくなる3つの方法

 

また、「AirPodsをなくしてしまった場合どうすればいい?」という疑問に対しても、お役に立てるような記事に仕上げています。たとえなくしてしまっても、あきらめるのはまだ早いですよ!

 

 

 

AirPodsをなくしてしまったらまず行うこと

iPhone純正アプリ「探す」を使おう

まず「設定」アプリで「iPhoneを探す」をオンにします。

「設定」→「プロフィール」→「探す」→「iPhoneを探す」をオンにする。こちらで設定完了です。

 

あとはペアリングされていたAirPodsが紛失した場合、「探す」アプリを開きましょう。

 

あとはこちらの画像に従って操作をしてみてください。

 

「サウンドを再生」をタップすると、紛失しているAirPodsから「ぴっぴっぴ」と音が鳴り始めます。

部屋の中ではわかるものの、街中だと気づかない程度の音量です。

 

実際にサウンドを流してみましたので、こちらのツイートもご覧ください。

 

なお、充電が切れていた場合や、ケース内に入っている状態では音は鳴りません。ケースに入れられていない状態ですと、充電がどんどん減っていくので時間との勝負です。最後にペアリングされた位置も表示されますので、その情報をもとに周辺を探してみてください。

 

 

 

それでも見つからない場合

Apple公式ストアにて有償での交換が可能です。

AirPodsや充電ケースを紛失した場合は、こちらのページから有償で新品と交換できます。

 

AirPods Pro 紛失した場合の交換料金

AirPods Pro本体(片方)

9,800円 (税別)
Wireless Charging Case for AirPods Pro 10,800 円(税別)
AirPods 紛失した場合の交換料金
AirPods本体(片方) 7,800 円 (税別)
Charging Case 6,800 円(税別)
Wireless Charging Case 8,800 円(税別)

※上記の金額はいずれも税別です。

※2020年1月時点での価格表です。

 

 

 

交換サービス申し込み方法

まずサポートページにアクセスします。サポートページはこちら

① サポートページのTOPから、「AirPods」→「AirPodsの紛失」を選択。

② 「交換品を注文する」を選択すると郵送で、「ストアで交換品を注文する」を選択するとApple直営店などで受け取ることができます。

また、こちらのサービスをご利用する際にはシリアル番号が必要です。シリアル番号の確認方法はこちらの画像をご覧くださいませ。

 

 

このように申請を行えば、後日AirPodsを受け取ることができます。しかし在庫状況やシリアル番号が正規のものでない場合、オンラインでの申請ができないことがあります。その場合はApple公式のサポートにご連絡ください。

 

しかし「この価格だとちょっと高いな~」と思われる方もいらっしゃるかもしれません。そこでもっとお安く手に入れる方法をお教えします。

 

 

 

もっと安く手軽に手に入れたい

片耳の値段は高いし、手続きがめんどくさい!という方は、e☆イヤホンの中古ページをご覧ください。なんとe☆イヤホンなら中古AirPodsの片耳を販売しています!

中古AirPodsのページはこちら

 

価格も2020年1月現在で4000円(税込)ほどとお求めやすくご購入できます。第1世代から第2世代のものまで、在庫があればWEBページにて販売していますので、なくしたAirPodsに合わせてご検討ください。中古ですが当社規定の保障も付いていて安心です。

 

中古安心安全

e☆イヤホンの中古保証の詳細はこちら

 

e☆イヤホン各店舗でも販売していますので、状態や動作確認をしていただくこともできます!

中古AirPods片耳

 

また、中古の充電ケースのみの販売もございます。

中古AirPods 充電ケース

 

デメリットとしては、あくまで中古品ですので、状態が悪いものや、バッテリーの持ちが悪くなっている場合がございます。できるだけ状態の良いものを選ぶか、一度店舗でご確認くださいね。

 

 

 

ちなみにAirPodsをなくした際のもう一つの方法として、片耳のAirPodsをe☆イヤホンで買取に出して、新しいイヤホンを購入するという方法もございます!

 

e☆イヤホンではAirPodsの片耳のみの買取サービスも行っております。

WEBページでAirPods買取シミュレーションも可能で、おもちのAirPodsってどれくらいの価格で買い取れるのかご確認できます。今後のイヤホンを新調する際の参考になるかもしれませんので、よければ一度お試しください。

例:AirPods第1世代、使用感が少なく傷などはないを選択。

イヤホン(右側)を紛失している場合、2020年1月現在で2850円(税込)で買取可能!

 

AirPodsの買取の詳細はこちらのページをご覧くださいませ!

 

 

 

片耳購入後の設定

左右両方の AirPods を充電ケースに入れます。

 

ケース背面の設定ボタンを数秒間押し続けると、ステータスランプが白く点滅します。

 

ふたを開けて、ステータスランプを確認します。

 

iPhoneで、ホーム画面を表示します。

AirPodsを入れたままケースのふたを開けていると、設定アニメーション表示されます。

 

「接続」をタップして、「完了」をタップします。

 

※それでも接続画面が表示されない場合、ふたを閉じたケースに充電ケーブルを接続して、20分ほど充電します。その後ふたを開き、ステータスランプが白く点滅するまで設定ボタンを数秒間押し続けます。

 

こちらで設定完了です。これでAirPodsのLR両方のペアリングが完了します。AirPodsをなくした際も中古であれば、大変お求めやすくなっております。

 

 


以上AirPodsをなくしたときの対処法でした。

 

まとめるとこちらの3点をまず試してみてください。

①「探す」アプリでAirPodsを探す

② 見つからない場合はApple Storeに問い合わせる

③ 高いと感じる場合はe☆イヤホンで中古で探してみる

 

できれば最後まであきらめずに探してみてくださいね!

 

 

どうしても耳に合わない場合は、他の完全ワイヤレスイヤホンに乗り換えるというのも手なので、他のワイヤレスイヤホンの試着やご相談などは、イヤホン・ヘッドホン専門店e☆イヤホンまでご相談ください!

世界中のイヤホンヘッドホンが約20,000点試聴買取購入できる専門店

店舗ページはこちら

 

以上、e☆イヤホンのかじかじがお届けいたしました!

 

 

 

かじかじ
e☆イヤホンマーケティング担当。元梅田EST店店長。オーディオ歴12年。オーディオ販売歴9年。父親歴2年。オーディオに使った額は総額100万近く。 趣味は音楽鑑賞と夏フェスです。 好きな音楽:RADIOHEAD/Bonobo/Aphex Twin/People in the box/星野源/青葉市子/BUMP OF CHICKEN ロックやエレクトロニカ、チルが好きな超雑食派です。 愛機:Westone WST-ES60/Lime Ears Aether/Apple AirPods Pro /Noble Audio Falcon
  

この記事を読んだ人におすすめ