こんにちは!こんばんは!

ワイヤレス担当のベルです!

 

今回ご紹介したいのはこの子!!

 

2019年9月20日発売🎉

完全ワイヤレスイヤホン

Air-XR/Mavin

 

 

ポタフェスでかなり注目されていたこの子がいよいよ登場です!!

 

 

まずは外観からご紹介します!

今回も写真はe☆イヤホンクリニックのシンジさんに📷✨

 

 

 

外観

とってもコンパクトでシンプルなデザイン

上から見るとスリムさがお分かりいただけるかと!

ケース、オープン!

取り出すとこんな感じ

iPod shuffleと比較するとこんな感じ!

iPod shuffleと比べると小ささ・薄さがより分かりやすいですね😳

手のひらサイズのコンパクト感

ケースを開けてもこのコンパクト感◎

ぎゅっと握れちゃうくらい(*ノωノ)

筐体も小型なんですよ|ω・)

筐体の高さはこんな感じ

 

 

 

付属品

★上:USB充電ケーブル  ★中央左:円形シリコンイヤピース S/M/L(左から) ★:中央右:楕円形シリコンイヤピース S/L(左から) ★スポーツスタビライザー S/L(左から)

 

 

 

装着してみた

 

人間工学に基づいて耳の3点で支える形状のEarFit三点構造設計を施されており、小型で丸みを帯びた筐体が耳にぴたっと密着してくれて装着感がとても良いです😳長時間のリスニングでも落ちる気配はなく、密着度が高いので遮音性も高く感じました◎

 

 

 

音質

低域の量感たっぷりでバスドラムのアタック感がどっしり感じられますが、決して聴き疲れする重さではなく聴き応えたっぷりなサウンド♩空間表現が広く音の輪郭は少し丸めで柔らかいのでリバーブ感の強い楽曲との相性も良く、中高域が印象的な楽曲を聴いても高域の金物の音が耳に刺さることもありません。激しいバンドサウンドでもしっとりバラードでもオールジャンルで鳴らせるサウンドだなと感じました◎ヴォーカルの距離感が1番近く感じられるのでヴォーカルを聴きたい方にもおすすめです!

 

 

 

操作方法

ペアリング方法

★初回ペアリング時

①ケースからL/R両方のイヤホンを取り出す。

 

➁端末のBluetooth設定画面で「Air-XR_L」を選択。

 「Bluetoothペアリングの要求」という

 ポップアップがでるので「ペアリング」を選択。

 (この時は接続した反対側のデバイス名かHeadsetと表示されます。)

 

例:AIR-XR_L 接続済み

  AIR-XR_R 未接続

 

これで正常な状態です。

 

 

 

★ボタン操作での手動ペアリング

①L側のタッチパネルをLEDライトが

 赤と白の点滅になるまで約6秒程長押しする。

 

②以降は初回ペアリング時と同様です。

 

 

またAir-XRは両側のイヤホンで片側ずつ使用することが可能です◎

 

 

 

⚠リセット方法⚠

①Bluetoothの設定画面で

 「Air-XR_L」と「Air-XR_R」を登録削除する。

 

②充電ケースに両方のイヤホンを入れて

 片方ずつイヤホンのタッチパネルを約3秒間

 LEDが白く点滅するまで長押しして指を離す。

 

③リセット完了です。

 

 

 

音楽再生時のボタン操作

Air-XRは操作が物理ボタンではなくタッチコントロール!

 

 

R側

1回タップで再生/音量UP

1回タップした後1秒長押しで再生停止

・2回タップで曲送り

 

 

L側

1回タップで再生/音量DOWN

1回タップした後1秒長押しで再生停止

・2回タップで曲戻し

 

 

操作したときの音声が日本語なので、なんだか安心感が得られました😌🍀

 

 

 

遅延について

対応コーデックがSBC/AAC/aptXなので、今回2機種でYouTubeで同じ動画を観て比較してみました!

 

 

①iPhoneX AACで接続

 口元の動きとのズレを少し感じますね。

 MV系、トーク系の動画を観ていると少し気になるレベルです。

 

 

➁HUAWEI honor 8 aptXで接続

 iPhoneに比べるとトーク系の動画を観ても殆どズレは感じませんが、

 ピタッと合ってるかというと若干ズレているように感じました。

 ただじっくり観ていてもストレスには感じないレベルです。

 

 

 

途切れにくさ

大阪駅付近を往復1時間歩いての検証に合わせて、阪急電車と地下鉄2路線の乗り継ぎでの検証になります!

 

今回の検証では、電車内・駅構内での左右の途切れ、端末との途切れはありませんでした!

が、高架下を通ったとき1度途切れが生じました。その後すぐに接続されたのでストレスには感じませんでした!

TWS Plus技術により30m見通し通信距離を実現していると明記されていますが、やはりBluetooth製品なので電波環境によって影響を受けることはありますのでご了承ください🙇

 

 

 

Air-Xと比較

★右:Air-X ★左:Air-XR

 

 

 

充電ケース

★左:Air-X ★右:Air-XR

 

前機種Air-Xに比べて、2分の1くらいにちっちゃくなりましたね(*‘ω‘ *)!もう何回も言いますがとってもコンパクト!笑

そして質感がツルツルしたものから少しマットな触り心地になりました🐥

 

 

 

イヤホン筐体

★左:Air-X ★右:Air-XR

 

Air-Xが物理ボタン操作だったのに対して、Air-XRはタッチパネル操作!

 

 

★左:Air-X ★右:Air-XR

 

筐体はAir-Xが少し反っていたのに対して、Air-XRの方が全体的に丸みを帯びているのがわかりますね!ぽってりぷっくり可愛いですね(*´ `*)♥

 

 

 

スペック

最後に基本スペックのご紹介◎(webページ引用)

 

接続
Bluetooth®規格 Version 5.0 
対応プロファイル A2DP / AVRCP / HFP / HSP
接続規格 True Wireless Stereo
チップセット QCC 3020
接続距離   約30m
オーディオ
 コーデック apt-X / AAC / SBC
再生周波数帯域 20Hz to 20kHz
ドライバーユニット 5.8φ / 16 ohm / Extra Bass
音圧感度 103db±3db
マイク ノイズ低減技術MEMSマイク
Noise-isolation Passive
両耳通話 対応
コントロール(タッチボタン操作) 再生 / 一時停止 / 音量 / 曲送り、曲戻し
バッテリー・充電
再生時間(イヤホン単体) 最大 10時間*
再生時間(充電ケース併用 最大 30時間*
急速充電 15分間の充電で  2 時間連続再生可能
充電完了時間 2 時間
サイズ・重量
サイズ(イヤホン) 20mm x 15.5mm x15.2mm
重さ(イヤホン) 各3.8g
充電ケース寸法 61mm x 24mm x 35mm
充電ケース重さ 25g
その他 
IPX7 
Colors
Black. Blue. Red. Golden. White 
使用温度
32º F – 113º F (0º C – 45º C )
付属アクセサリー
充電ケース Pocket-size smart case 
楕円形シリコンイヤピース S / L
円形シリコンイヤピース S / M / L
スポーツスタビライザー S / L
USB充電ケーブル x 1
取説書(クイックガイド) Quick Guides

User Manual

 

イヤホン単体で10時間再生!

ケース充電使用時最大約30時間再生!

 

Air-Xに比べると最大再生時間が短くなりましたが、

その分ケースが小さくなったのでどちらを取るか。という感じですね|ω・)

イヤホン単体の再生時間は変わらないのが優秀だなぁ👏

 

 

また15分充電で最大約2時間連続再生が可能な高速充電機能も搭載してます🔋✨

もしバッテリーが切れてしまっても準備中に充電できちゃうのは嬉しいですね😊

 

Air-XRはワイヤレス充電にも対応しているので、置くだけ充電が可能です◎

ただワイヤレス充電器は付属していないのでご注意ください🙇

 

 

通話時はクリアな音声を両耳で聞くことができます📞

通話をよく利用される方には嬉しい機能ですよね!私とか私とか私とか私とk((

 

 

IPX7の水深1mに30分沈んでも大丈夫な高い防水性能を備えているので、スポーツする方にもおすすめです!🏃‍♀️

 

 

 

Air-XRはこんな方におすすめ

★低域寄りのサウンドが好きな方!

★長時間利用したい!

★高速充電機能が欲しい!

★スポーツ用の完全ワイヤレスイヤホンを探してる!

★小型で装着感のいいものが欲しい!

★通話をよくする!

 

って方にぜひ!Air-XRをお試しいただきたいです👏

 

 


 

いかがでしょうか??

 

 

少しでも興味をもっていただければ

ぜひe☆イヤホンまで

ご試聴にいらしてください♪

 

 

 


 

以上!

ワイヤレス担当ベルがお送りしました!

最後までご覧いただきありがとうございます◎

 

 

↑Twitterのフォローもしていただければとっても嬉しいです‼

 

 

【#レビュー】eイヤ独占販売!! KONG-X Shu & Ray #有線イヤホン #ワイヤレスイヤホン

【2019年9月更新】予算5000円で #ワイヤレスイヤホン を選ぶなら おすすめ3機種! #KONG-X #Skullcandy #TaoTronics

【#レビュー】AVIOT 4機種比較してみた! #完全ワイヤレスイヤホン

ベル
梅田EST店ワイヤレス担当ベルです! おれんじ色がとてつもなく大好きです。 よく聴く音楽ジャンルはバンド系、歌い手さん、ラブライブ♪
  

この記事を読んだ人におすすめ