持ち運びと高い再現性を両立。デザインもかっこいいAKGのモニターヘッドホン登場!


 

 

e☆イヤホンPRスタッフのかわちゃんです。

今回の記事でご紹介させて頂くのは名門のオーディオメーカーAKGから新しく登場するモニターヘッドホンのご紹介です。

コンパクトで持ち運びしやすいデザインと、高い再現性を実現した

 

 

AKG K361-Y3 , K371-Y3

 

 

 

 

2019/10/5

発売予定

 

 

今回ご紹介させて頂く製品はどちらとも、大口径50mmドライバーを搭載しており、ヘッドホンとは思えない輪郭のある低域を出力可能。

音質のクォリティはもちろん、業務用途も考慮した設計で高い耐久性も誇ります。

もちもちした合皮製のイヤーパッドは側圧を効果的に分散。長時間の使用も快適です。

末永く安心してご使用頂くために保証期間はなんと3年間!また、両モデル共にリケーブルに対応しているので万が一の断線時には安心してご使用いただけます。

 

 

製品情報

以下メーカーによる詳しい製品情報です。

 

 

 

高いポータビリティーと優れた再現性能を両立した
AKG プロフェッショナル・スタジオヘッドホンの3年保証モデル。

 

 

 

K371-Y3、K361-Y3 は、ポータビリティーに優れており、プロ向けヘッドホンの優れたサウンドをあらゆる場所に持ち運ぶことが可能です。
AKG プロフェッショナル・ヘッドホンでは初となるコンパクトな楕円形のイヤーカップを採用しました。
高い音響品質はそのままに、大幅な小型化を実現しています。さらにイヤーカップは、180°回転させてヘッドバンドの内側に収納可能。
極めてコンパクトに折りたたむことができるうえ、重さも軽量なため、持ち運びに便利です。
携帯に便利な 1.2 mの短いストレートケーブルや AKG のロゴ入りキャリングポーチも付属しています。

 

 

K371-Y3、K361-Y3 は、精度の高いモニタリングを実現する優れた再現性を獲得しました。大口径 50mm ドライバーを搭載しており、ヘッドホンとは思えない輪郭のある低域を出力します。
さらに、イヤーパッドには、耳の周囲の形状に合わせて自在に変形し、その形状を保持する低反発素材を使用。密閉性が高まり、ドライバーからの出力を余すことなく鼓膜に届けるため、原音の迫力を忠実に再現できます。
低域の再生帯域は K361-Y3 が 15Hz、K371-Y3 に至っては5Hzに達しています。さらにK371-Y3はダイヤフラムにチタンコーティングを施し、優れた制動性能を獲得しました。
中高域の再現性能が大幅に向上し、まるで目の前で演奏を聴いているかのようなリアルなサウンドを提供します。高域の再生帯域は 40kHz まで伸び、数ランク上の上位機種に匹敵します。
K361-Y3 についても、ボイスコイルに OFC( 無酸素銅 ) を採用するなどして、28kHz まで伸びています。

 

 

K371-Y3、K361-Y3 は、優れた装着感を提供します。上下左右に自在に可動するイヤーカップと厚みのあるイヤーパットが、側頭部に掛かる圧力を均一に分散。

長時間のモニタリングでも快適な着け心地を維持します。さらにイヤーパットは、耳全体をすっぽりと覆うアラウンドイヤータイプで、耳への負担も抑えることが可能です。
またヘッドバンドは、内側にクッション素材を用いて頭頂部への圧迫を軽減しました。バンドの長さはスライド式アジャスターで 11 段階に調整できるため、最適な位置に固定可能です。

 

 

 

 

K371-Y3、K361-Y3 は、厳しい耐久テストを行い、優れた耐久性を確保しました。K371-Y3 はヘッドバンドやヒンジに金属製のパーツを使用し、より堅牢に仕上げています。
両モデルともにケーブルは着脱式で、万が一の断線時も簡単に交換できるほか、イヤーパッドも交換可能です。

 

 

スペック

 

 

 

 


 

 

あのAKGからモニターヘッドホンが発売!!

金属パーツを多様し、ガッチリとしたデザイン。いかにも丈夫そうでTHE業務機という雰囲気を感じられます。

持ち運びがしやすいデザインなので出先で使うときなどに重宝しそう。

そして、なんといっても3年保証!耐久性にはよほど自信があるのでしょう。末永く安心して愛用できる、そんな製品に仕上がっていそうですね。

 

 

以上、K371-Y3、K361-Y3のご紹介でした。

最後まで読んで頂いてありがとうございます。

e☆イヤホンPRスタッフのかわちゃんがお送りいたしました。

かわちゃん
日本橋本店PR部のかわちゃんです!写真を撮ることが大好きなので、写真を通してイヤホンヘッドホンの魅力をお伝えしていきたいと思います!よろしくお願いします(`・ω・´)b
  

この記事を読んだ人におすすめ