ユニークな独自技術を多数盛り込んだ高品位なDAPのご紹介です!


 

 

e☆イヤホンPRスタッフのかわちゃんです。

今回の記事でご紹介をさせていただくのは、COLORFLYから発売される新しいDAPのご紹介!

 

 

COLORFLY U6

 

 

 

2019/8/5

発売予定です

 

 

 

CPUを介さずFPGAから直接音楽データを読み込む機能や、DACチップを4基使用した完全オリジナル構成基板。

Android6.0をベースにフルカスタマイズされたOSなど独自の機能を多数搭載したDAPです。

 

 

製品情報

 

以下、メーカーによる詳しい製品情報です。

 

Advanced Memory Playback Technology

 

 

 

 

一般的に音楽を再生する際に、CPUからCPLDを介してDACへ音楽データの送信を行います。

ATMPT(Advanced Memory Playback Technology)を搭載したU6では、CPUを介さずFPGAから直接音楽データを読み込みDACへ送信する事で、安定した信号の伝送を保持が可能となり余分なデジタルノイズの除去が可能です。
その為「音の再現性」「立ち上がり」「精細さ」「明瞭さ」など、あらゆる面で良い結果をもたらしています。

 

 

JitterKillⅡGeneration Technology

 

 

Colorfly独自設計のJitterKiller IIテクノロジー超低ジッタクロック水晶発振器です。
リファレンスレベルの据置型のオーディオにも耐えることが可能な、超低位相ノイズ水晶発振器(Typical)10dB @ 100dBc / Hzを搭載、77フェムト秒のクロックを実現する為に特注DE-Jitterチップを使用しています。

 

 

ESS Technology社ES9318DACチップを4基使用した完全オリジナル構成

 

 

 

高音質DACとしてスマートフォンに採用されているES9318を左右2基づつ合計4基搭載し、フルバランス化しました。
低ノイズで歪が無く深みのあるクリアサウンドを実現しました。
さらに32bit/384kHzと、DSD512までの余裕のある再生環境が提供可能となりました。

 

 

シンプルにまとまったインターフェイスとポータブルオーディオ初となる3.5mmPROを搭載

 

 

U8に引き続き充電ポートにTYPE-Cを採用し、接続時の向き等を気にせず運用が可能です。またポータブルプレイヤーでは初の正式採用なる最新規格の3.5㎜PROを実装しました。

堅牢性と、省スペース、高音質に貢献しております。通常の3.5mmシングルエンドにはフォンアウト、光ポート、LINE OUTポートを兼用し、様々な出力に対応可能となりました。
さらに肥大化するハイレゾ音源に対応するべく、内臓64Gのメモリに対して、256GまでのMICROSD拡張スロットを1基搭載しております。

 

 

Ultron Operating System

 

Android6.0をベースにフルカスタマイズ3.97inch 800*480のタッチスクリーンを搭載。自社開発のUltron Systemは、不要な部分を落とし直感的な操作でユーザーが扱いやすいシステムを搭載。

 

 


 

 

COLORFLY U6は2019/8/5発売予定!ご期待ください!

 

 

 

以上、最後まで読んで頂いてありがとうございます!

e☆イヤホンPR部のかわちゃんがお送りいたしました。

 

かわちゃん
日本橋本店PR部のかわちゃんです!写真を撮ることが大好きなので、写真を通してイヤホンヘッドホンの魅力をお伝えしていきたいと思います!よろしくお願いします(`・ω・´)b
  

この記事を読んだ人におすすめ