小岩井さんに連れられてきた平山さん。なんとイヤモニをオーダーしたそうですが……?

 


 

 

皆さんこんにちは。

イヤホン・ヘッドホン専門店『e☆イヤホン』のだいせんせいです。

 

突然ですが、僕は今衝撃的なシーンに立ち会っています。

 

 

 

め……めっちゃ引っぱられてるー!!

 

声優の平山笑美さんが、同じく声優の小岩井ことりさんにめちゃめちゃ楽しげに引っぱられてる……。

なぜうちの社内で……? というか、どういう状況……?

 

…………。

 

 

 

ガチャ……

 

とりあえず、なかったことにして事なきを得ました。

きっと声優好きをこじらせて幻覚を視てしまったんでしょう。僕ももう長くないな……。

 

 

 


 

それからおよそ一ヶ月後。

すっかり忘れていた頃に、小岩井さんから「紹介したい人がいる」という連絡がありました。

まさかあの時のアレは現実だった……? おそるおそる、取材場所へ向かってみると……。

 

 

 

お二人いらっしゃる〜!!

 

しかもなんかたくさん並んでる〜!!

 

デジャブを感じる構図ですが、声優の平山笑美さんが、小岩井ことりさんと一緒にいらっしゃいました。

お話を聞いてみると、なんと平山笑美さんが、あのEarSonicsのカスタムIEM(イヤモニ)をオーダーされたとのこと!

 

【EarSonicsとは?】

イヤーソニックスは、2004年に元々ミュージシャンでもあり、サウンドエンジニアであったフランク・ロペスによって、フランス南部のモンペリエに近いカストルで誕生いたしました。

インイヤーモニターは、本来、ライブステージでミュージシャンがPAのサウンドをモニタリングするためのものですが、近年その正確な音質がオーディオファンからも注目され、リスニング用としても使用されています。

フランスの自社工場で開発から生産まで一貫しておこなうクオリティの高い製品は、多くの著名アーティストによって実際のステージで使用されています。

 

ヤマハ公式サイトより抜粋)

 

EarSonicsのカスタムIEMといえば、以前小岩井さんがオーダーされたのも記憶に新しいですね。

 

【後編】初のカスタムIEM完成! 小岩井ことりさんにインタビュー!

 

実はEarSonicsのカスタムIEMは国内受付がまだ開始されておらず、小岩井さんがプロとして国内唯一のEarSonicsイヤモニユーザーでした。

続く二人目となった平山さん、一体どんな経緯があったのか……?

早速お二人にお話を伺っていきたいと思います。

 

 

 


……というわけで、本日はよろしくお願いします。

 

 

よろしくお願いします!

 

 

 

今回は、平山さんがあのEarSonicsのカスタムIEMをオーダーされたということで。

 

 

もちろん素晴らしいブランドなんですけど、なかなか玄人好みな選択というか。

あまり詳しくない人から「んー、じゃあEarSonicsにしようかな」みたいな感じで出てくるブランドじゃないと思うんですよ(笑)。

それにはもちろん……その……何かしらのきっかけがあったのではないでしょうか。

 

 

(にっこり)

 

 

まずはそのあたりのあらましからお伺い出来ればと思います。

 

 

はい!(笑)

 

 

 

イヤモニオーダーのきっかけ

イベントに出演する時に、私が色んな声優さんにイヤホンを勧めてたんですけど。

 

 

本当にそんなことしてるんですね……(笑)。

 

 

バンナイズのケースにたくさん入れて、色んな人に勧めてて。

ぴらみさん(平山さん)にも、ES3を聴いてもらったりしていました。

 

 

 

本当に、たくさん持ってきてくれて。

これも、これもいいんだよ!!」って、色々出してくれました(笑)。

 

 

そんな中で、「イヤモニを作りたい」というお話になったんだよね。

 

 

うん。

ちょうど、色々なイベントに出演させて頂く機会も増えてきたところでしたから。

これを機に、自分のイヤモニが欲しいな」ということをぽつりと言ったら……。

 

 

秋葉原にe☆イヤホンさんというお店があってね! 一緒に行く!?」って(笑)。

 

 

こちらに連れてきて頂いたという次第でこざいます(笑)。

 

 

ありがとうございます(笑)。

 

 

 

EarSonicsを選んだ理由

小岩井さんのES3を聴いて「それじゃあEarSonicsにしてみよう!」と思ったということは、

何かしらピンと来た部分があったのでしょうか?

 

 

低音が良く聴こえるというのが良かったです。

私、結構リズムがしっかりした歌を歌わせて頂くことが多くて。

そういうところがすごく聴こえるというのが、一番合っているなと思いました。

 

 

ご自身の楽曲との相性だとか、そういう部分ですね。

 

 

実は私、リズムを取るのがちょっと苦手な人間で(笑)。

音響さんとかにも、下の方を結構上げてもらうようにお願いすることが多いんです。

でも「既にミックスしちゃっているからこれ以上は難しい」みたいなことを言われてしまったりもして。

だから、元々低音がしっかり聴こえるイヤモニというのは魅力的でした。

 

 

特性として、そもそもイヤモニで低音がしっかり聞こえたら対応出来ると! なるほど……。

 

 

本当にEarSonicsはキックが聞きやすいんです!

 

 

私もなぜ(EarSonicsを)選んでいるかというと、リズムがしっかり取れて、かつ自分の声が聞きやすいことがイヤモニとして一番必要なところなので。

女性ボーカルの伸びがしっかり出つつ、キックが聞こえやすいので、イヤモニにはとてもいいよという話はしていました。

 

 

言ってくれる情報が全てマニアック(笑)。

でも、すごく的を得たことをわかりやすく教えてくれるので、すごく助かりました。

 

 

普通にうちのスタッフみたいな感じで教えてくれますもんね。

 

 

カタログが無くても「なるほど」みたいな(笑)。

 

 

出張版e☆イヤホン』してきました(笑)。

 

 

 

平山さんの普段の音楽環境

さて、今回オーダーされたイヤモニ――いわゆる『カスタムIEM』ですが、

お二人のようにステージ上でアーティストが使うようなプロフェッショナル用途とは別に、

近年では一般ユーザーがハイエンドオーディオとしてリスニング用途に使うケースが増えてきています。

それこそ小岩井さんも一人のユーザーとして、お楽しみ頂いていますよね。

 

 

まさに、ですね。

 

 

平山さんは、プライベートで音楽を聴いたりすることは多いほうですか?

 

 

仕事柄、確認を兼ねて仕事の歌ばっかり聴いちゃうことも多いんですけど。

電車とかの移動時間が長いので。音楽は無いと死んじゃう! ってくらい大事です(笑)。

 

 

イヤホンやプレイヤーにこだわってみたり、ということはありますか?

 

 

もう、全然無くて。普通にスマートフォンと、それに付いてきたイヤホンで音楽を聴く感じでした。

だから「私なんかが聴いてもわかるのかなあ……?」という気持ちもあったんですけど、

こっこちゃん(小岩井さん)に勧めて頂いた時は「機種によって、こんなに違うんだ!」ということがわかって、凄く新しい出会いでしたね。

 

 

そうなんです。

そもそも「自分は音の違いがわかるのだろうか?」と思われている方は、結構多いんですよ。

 

 

最近だと声優さんは歌ってらっしゃったりもして、そもそも耳が良い方が多いと思うんですよ。

でも、『イヤホンを聴き比べる』っていう経験がなかなか無いですもんね。

 

 

この店で働いていると感覚が麻痺しがちなんですが、

普通はイヤホンの聴き比べって、なかなか機会が無いですよね……(笑)。

 

 

あんまり、無かったですねえ。

 

「この音の聴こえ方は、イヤホンによるものなのか、機械(音楽プレイヤー)によるものなのか」みたいなことが気になったこともあったんですけど、いざお店に行ってみても、あんまりしっくりくるものに出会えなかったりして。

「それだったら別に買い換えなくてもいいかなあ」って思って、付属のイヤホンをずっと使っていましたね。

 

 

それこそ、知り合いに詳しい人がいるといいんですよね。

今となっては素晴らしい人がお隣にいらっしゃいますけど(笑)。

 

 

そうなんですよ!

すっごく助かってます!(笑)

 

 

僕もイヤホン屋の店員であることを友達に知られているので、「おすすめのイヤホンないの?」なんて聞かれたりします。

もはや小岩井さんはそのポジションですよね。

 

 

本当に最近は、現場に行ってもイヤホンのことしか聞かれてない気がする。

 

 

そりゃあ、聞いちゃうよ!(笑)

 

 

 

勢いが凄いですもんね。

僕よりよっぽど多くの人に聞かれている気がします。

 

 

 

国内二人目のEarSonicsユーザー

さて、改めまして、平山さんがEarSonicsをオーダーするということで。

高級なイヤホンという見方をすると、付属のイヤホンからめちゃくちゃ飛び級をする感じですよね。

 

 

それになんといっても、EarSonicsを使うアーティストは国内で二人目ですから。

 

 

え?

 

 

ご存知なかったかもしれませんが、EarSonicsはフランスのメーカーさんでして。

日本国内だとカスタムIEMの受付をまだ開始していないんです。

 

 

……ということは、一人目が……。

 

 

わたし

 

 

……それで、二人目が……。

 

 

あなた

 

 

えええ! すごーい!

 

 

これ、そのままスマホに挿して聴けるから。

私も普通にこれで音楽聴いたりしてるよ。

 

 

え! そうなの? 普段から!?

……贅沢~!(笑)

 

 

特にほら、アレがあるじゃない。イヤモニチェック

 

 

イヤモニチェック?

 

 

イヤモニの音を、PAさん(PAエンジニア)とかと一緒にチェックする日があるんです。

その時に急にイヤモニの音を聴くと、慣れてないからびっくりしちゃったりしない?

 

 

するする!

 

 

だから、普段の行き帰りからイヤモニで聴いて、耳を慣らしてから行ってるの。

自分で持っているとそういうことが出来るのです……!

 

 

素晴らしい……! 私もやる!

 

 

 

あと、これで聴くと音の解像度がめっちゃ良いから。楽しくなっちゃうよ。

 

 

小岩井さんのおっしゃる通り、ただ音楽を聴くだけでも、とってもお楽しみ頂けると思います。

先程申し上げたように、最近はリスニング目的で購入されるお客様も多い分野ですから。

なんなら僕とかもイヤモニでミリシタとか遊んだりしますし。

 

 

ほんとに贅沢……!(笑)。

 

 

 

フェイスプレートのデザインについて

平山さんも小岩井さん同様、オリジナルのデザインを製作して頂きました。

こちらのお話をお伺いしてもよろしいでしょうか。

 

 

最初は「小岩井さんも自分でデザインされたので、よかったらいかがですか」とお話を頂いて。

私、マジで絵が下手なんですけど(笑)。

でも、せっかくのオーダーメイドならデザインもやってみたいな! ということでやらせて頂きました。

 

 

 

……いや、めちゃめちゃ上手じゃないですか。

 

 

ねー! すごく可愛い!

 

 

いえいえそんな……!

 

デザインをどうしようかと考えたんですけど、もともと私、猫が好きで。……猫アレルギーなのに(笑)。

触れないからこそ、猫に対する憧れもあって、ハンカチとかの身の回りのものも全部猫のデザインにしちゃうんです。

そういうのもあって、今回は猫モチーフでデザインを考えてみました。

 

 

猫と……、あと、『E.H』も入っていますよね。

 

 

自分のイニシャルですね!

『E』のところに猫を入れてみました。

 

 

こういうところも、カスタムIEMの面白さですよね。

既成品のイヤホンと違ってデザインから作れちゃうというのが、オーダーメイドの魅力のひとつだと思います。

 

 

 

完成したカスタムIEMをチェック!

さて、そんなカスタムIEMがついに届いたということで。

 

 

届きました!(嬉)

 

 

 

出来上がりを見た第一印象としてはいかがでしたか?

 

 

もう、感激しました!

私のデザインしたイニシャルが、本当にそっくりそのまま印字されていて……!

 

 

実際にこうして作られると、また印象も違うように思います。

……自分で言うのもなんですけど、シャレオツな感じがしますね(笑)。

 

 

本当にシャレオツですよ!(笑)

しかもこの、黒地に白というのがまた良いですね。

 

 

小岩井さんのデザインは黒地に金だったから、またちょっとイメージが違うというか、別々の良さがあります。

 

 

しかも、肉球もちゃんと再現してくれてるのが嬉しい!

 

 

肉球? ……あ、ほんとだ!

 

 

これを知ってたらLVとかでも注目できそうですね(笑)。

 

もう、実際に装着はしてみましたか?

 

 

してみました!

 

こっこちゃんが隣にいる時に受け取って、その場で着けてみたんですけど。

もう、何か喋ってもらっても全然聴こえないくらいの凄い装着感で。

ああっ、これこれ♡」って思いました(笑)。

 

 

それなら、ライブ本番でもバッチリ使って頂けそうですね!

よかったら今、改めて着けてみて頂いてもよろしいですか?

 

 

はい!

 

 

 

ぴったりハマってますね……!

痛みや圧迫感などもありませんか?

 

 

全然無いですね。

スッと入っちゃうので、着けているのを忘れちゃいそうになるくらい。

素敵な着け心地です。

 

 

オーダーしたのは小岩井さんと同じモデルでしたよね。

 

 

そうですね。同じ『EM32』です。

でも、全然大きさが違うね!

 

 

 

ほんとだー!

なるほど、ここも人それぞれで違うんだね。

 

 

日本でEarSonicsのイヤモニを見比べられる唯一のお二人ですもんね。凄いショットだ……。

 

 

 

ハイレゾ音源を試聴!

ちなみに、すでに音もチェックされたとのことですが……。

使用したのはスマートフォンでしょうか?

 

 

ですね。スマートフォンです!

 

 

なるほど。

今回は、せっかくのこういう場ですので……。

ハイレゾ音楽プレイヤーをご用意いたしました。

 

NW-WM1A(S’NEXT平井さんの私物)

 

 

わー! ありがとうございます!

 

 

小岩井さんと一緒に参加されている『MASTER SPARKLE 08』をぜひ聴いてみて下さい!

 

 

 

……すごい!

なんか、奥行きが凄い。音が広がっていく感じがします。

自分の声もよく聞こえますね!

 

 

もともとこれを選ばれる時に、小岩井さんのES3を試聴したというお話でしたけど。

普通のイヤホンとカスタムだと、印象もまた変わってくるのではないでしょうか?

 

 

やっぱり、こちらのほうが密閉されるので。

よりダイレクトに聴けるなあという感じがしますね。

 

 

私達しか、聴き比べを出来る人間がいないんだよ。

 

 

!!

 

 

国内では、EarSonicsの(ユニバーサルモデルとカスタムIEMの)聴き比べが出来る唯一のお二人ですね。

 

 

やばい! 責任重大だ!(笑)

 

 

そんな平山さんには、実はユニバーサルモデルのES2も使用して頂いています。

 

 

もしよろしければ、改めてこちらとも聴き比べてみて下さい!

 

 

はわわわわ……。

 

 

 

カスタムの実機ばかりは、僕らスタッフも音がわかりませんからねえ……。

 

 

『ES5』を聴いたときの感動を越えてきますよ。これは凄く良い。

特にアーティストさんはめっちゃ喜ぶと思う。

 

 

いいなあ~……!!

 

 

(試聴を終えて)

イヤモニ(EM32)の方は、ひとつひとつの音が凄くはっきりと視える感じがします。

逆にこっち(ES2)は全体を通してまろやかにまとまっていて、ボーカルも聴きやすいですね。コーラスもスッと耳に入ってくる印象です。

 

 

まさに!

私達が聴いた時も、歌織さん(桜守歌織)の『ハミングバード』とか、ピアノと歌みたいなシンプルな構成のものとかがいい感じに温かみがあって良いんじゃないかな、ってお話をしていたの。

 

 

どちらもタイプが違うけど、モニタリングのしやすさは共通していますよね。

これはもう、流石のEarSonicsさんというか。業務用のメーカーなだけはあるのかなというところです。

 

 

あとはやっぱり、低音が強い。

タイトめな低音と、広がりのある低音っていう違いはあるんだけど、どちらも独特で凄く良いですね。

 

 

ご自身の楽曲を聴いてみた感想はいかがでしたか?

 

 

普段使っているイヤホンと聴こえ方が全然違うので、「こんな音が入ってたんだ!」とか、特にEM32はより鮮明に分解されて聴こえてくる印象があって。

なので、改めて曲の印象もちょっと変わるようにも感じました。

 

 

あと、(EM32とES2で)全然音が違うので。

ダンサブルに聴きたい時、リラックスして聴きたい時、って使い分けると凄く楽しめるんじゃないかなって思います。

 

 

ありがとうございます。

そうなんです。イヤホンの使い分けってそういうところなんですよ。

 

 

初めて体感しました!(笑)

 

 

』に片足を突っ込みましたね。

 

 

いらっしゃいませ。

 

 

引きずり込まれております。ありがとうございます。

 

 

 

終わりに

それでは、最後に告知事項などがあれば。

 

 

はい!

『アイドルマスターミリオンライブ!』という作品の6周年ライブツアー、

THE IDOLM@STER MILLION LIVE! 6thLIVE TOUR UNI-ON@IR!!!!』が4月からスタートします。

私は仙台公演で、ライブツアーのトップバッターを務めさせて頂きます!

 

 

そして私は福岡公演です。

 

 

逆に、福岡は一番最後だからね。こっこちゃんにバトンを繋げられるように頑張ります。

 

 

仙台公演が、平山さんのEM32のデビューステージになるわけですね。

 

 

ライブビューイングもあるので、ぜひぜひ注目して頂きたいですね!

 

 

逆に、ライブビューイングの方が見やすいかもですね。

平山がEarSonics着けてる! 肉球見える!」と思って頂けると嬉しいです(笑)。

 

 

ぜひぜひ耳元にも注目して頂きたいですね(笑)。

 

それでは、最後にお二人から一言ずつメッセージをお願いします。

 

 

私は音の世界というのは全然詳しくなかったんですけど、今回こうして触れて、しかも聴き比べまでさせて頂いて。

それぞれで良いところがあって、「気分で使い分けて良いんだ!」っていうことを体感出来ました。

普段使っているのとまた違う感じで聴きたいとか、気分を変えてみたいなっていう時に思う人は、イヤホン自体を変えてみるのもいいかもしれません。

 

それこそ今回の私みたいに、店頭で試聴してみるだけでも世界が広がると思います。

まずは一度聴いてみてください!

 

 

ひとまず値段のことは頭から外して、ES5を店頭で聴いてもらえたら、EarSonicsさんがどういうブランドかがわかってもらえると思います。

低音が変わると、音楽って凄く変わると思うんですよ。特に私はずっとバスパートをやってきたので、低音って凄く大事だと思っていて。

 

いつかカスタムの受付が始まったときには、ぜひ皆さんにもオーダーしてみて頂きたいですね。

まずは仙台・福岡公演で、私達のイヤモニに注目してもらえたらと思います!

 

 

ありがとうございました!

 

 

 


平山さん、小岩井さん、ありがとうございました。

 

お二人がご出演されるライブツアー、

THE IDOLM@STER MILLION LIVE! 6thLIVE TOUR UNI-ON@IR!!!!』は、下記の日程で開催されます。

 

THE IDOLM@STER MILLION LIVE! 6thLIVE TOUR UNI-ON@IR!!!!

仙台公演(平山さんご出演)

【会場】

宮城・ゼビオアリーナ仙台

 

【公演日時】

2019年4月27日(土)開場16:00/開演17:00(予定)

2019年4月28日(日)開場15:00/開演16:00(予定)

 

【出演者(両日)】

Machico(伊吹翼役)/稲川英里(大神環役)/平山笑美(北上麗花役)

田村奈央(木下ひなた役)/香里有佐(桜守歌織役)/近藤唯(篠宮可憐役)

角元明日香(島原エレナ役)/末柄里恵(豊川風花役)/小笠原早紀(野々原茜役)

麻倉もも(箱崎星梨花役)/高橋未奈美(馬場このみ役)/桐谷蝶々(宮尾美也役)

夏川椎菜(望月杏奈役)

 

 

 

神戸公演

【会場】

兵庫・神戸ワールド記念ホール

 

【公演日時】

2019年5月18日(土)開場16:00/開演17:00(予定)

2019年5月19日(日)開場15:00/開演16:00(予定)

 

【出演者(両日)】

山崎はるか(春日未来役)/郁原ゆう(エミリー スチュアート役)/上田麗奈(高坂海美役)

大関英里(佐竹美奈子役)/駒形友梨(高山紗代子役)/種田梨沙(田中琴葉役)

諏訪彩花(徳川まつり役)/原嶋あかり(中谷育役)/伊藤美来(七尾百合子役)

浜崎奈々(福田のり子役)/村川梨衣(松田亜利沙役)/木戸衣吹(矢吹可奈役)

渡部優衣(横山奈緒役)

 

 

 

福岡公演(小岩井さんご出演)

【会場】

福岡・マリンメッセ福岡

 

【公演日時】

2019年6月29日(土)開場15:30/開演17:00

2019年6月30日(日)開場14:30/開演16:00

 

【出演者(両日)】

田所あずさ(最上静香役)/雨宮天(北沢志保役)/愛美(ジュリア役)

南早紀(白石紬役)/渡部恵子(周防桃子役)/小岩井ことり(天空橋朋花役)

藤井ゆきよ(所恵美役)/斉藤佑圭(永吉昴役)/野村香菜子(二階堂千鶴役)

戸田めぐみ(舞浜歩役)/阿部里果(真壁瑞希役)/山口立花子(百瀬莉緒役)

中村温姫(ロコ役)

 

 

 

その他イベントの詳細につきましては、公式サイトをご確認下さい。

https://idolmaster.jp/event/million6th.php

 

 

 


そしてなんと、今回のインタビューを記念して読者プレゼントを頂きました!

 

 

EarSonicsのライブ用耳栓『EARPAD(国内未発売品)に、平山さん&小岩井さんのサインを入れて頂きました。

 

 

なんとこちらを、抽選で3名様にプレゼント!

応募方法は以下の通りとなっております。

 

 

 

応募方法

 

をフォローの上、以下のツイートをリツイートで応募完了!

 

 

抽選で当選された3名様に、TwitterのDMにて当選通知をさせていただきます。

※プレゼントの発送先は国内に限らせていただきます。

※第三者へ賞品を転売または譲渡する行為は、理由・目的を問わず一切禁止致します。

 

募集締切:2019年4月15日 23:59まで

当選発表/発送:2019年4月予定

 

しっかり耳を守りつつ、ライブを全力で楽しみましょう!

沢山のご応募、お待ちしております!

 

 

 

お相手はだいせんせいことクドウでした。それではまた次回。


【制作協力】

S’NEXT株式会社

株式会社ピアレスガーベラ

株式会社ヤマハミュージックジャパン

 

※記事中の商品価格・情報は掲載当時の物です。

 

だいせんせい
e☆イヤホンPRディレクターのだいせんせいです。
e☆イヤホンTVパーソナリティ。

実力にそぐわぬ大層なあだ名ですが、名前負けしないように頑張ります。
アイドルマスターとゼルダとゲームサントラが好き。

▼愛機
カスタムIEM:UE Pro RR, CT-300Pro
イヤホン:IER-Z1R, IE800, LOLA, etc.
ヘッドホン:MDR-Z1000, HD700, HD25, etc.
プレイヤー:AK300, AK100mk2, SL-XP150, etc.
  

この記事を読んだ人におすすめ