どうもこんにちは!

今日も元気な名古屋大須店のお嬢です(・∀・)ノシ

本日はですね…

そう、実は以前からブログでやってみたかった事…。

E1000・E2000・E3000の聴き比べをしてみたい…

と思いブログを綴らせて頂いております。

いや、正直迷ってる方いると思うんですよ…。

お友達と趣味を共感したいからEシリーズを勧めたいんだけど、実際にどれを勧めればいいのか分からない…。

だとか、

自分も欲しいんだけれども、実際に聴いてみたけどどれが自分に1番合うのかよく分からない…

そんな方に是非とも読んで頂きたいブログです!

そして…今回は私の聴く楽曲だけだと偏りが出てしまうと思うので、私と音の好みが真逆なスペシャルゲスト!

相方、もりりんこと名古屋大須店スタッフのもりぞー(@eear_morizo)のレビューも交えて書いていこうと思うので、参考にしていただければと思います(*`・ω・´)

「もりりん!よろしゅう(・∀・)ノシ」

「よろしくっす!」

 

ではでは、早速順番にレビューしていきたいと思います(*`・ω・´)

今回はですね、事前に試聴曲を打ち合わせして決めておきました!

2人の好きなジャンルの楽曲から代表曲を決めて、普段使っているプレイヤーで聴いたレビューになりますので参考にしていただければと思います。

 

まず、Eシリーズについてですが、色んな方に楽しんでいただきやすい様小型ボディにする為に、小口径のドライバーを採用しています。

かなり小型ボディなのに繊細で美しく、響き過ぎずそれでいて伸びやかな音を奏でてくれるのが最大の特徴だと感じています。

プレイヤーのような専用機器をお持ちでない方でも楽しんで頂ける様、スマートフォンと接続してもそのまま楽しんでいただけます。

スマートフォンと接続した状態でも十分お楽しみいただけますが、プレイヤーやAMPをお持ちの方でしたら、繋いで頂けると音の変化を楽しめると思います。

更にそのまま聴いて頂いても美しい音を出してくれますが、出来れば聴く前にエージング(しばらく音をイヤホンに流してあげる)をしてから聴いて頂いた方がより楽しみやすくなります!

アレです…。

レザーのお財布と同じ原理で、使い込めば使い込むほど味が出るってやつです!

 

今回試聴に使う楽曲はこちらの2曲!

 

 

▽曲名:Fantastic future

 アーティスト:田村 ゆかり

 

▽曲名:千本桜

 アーティスト:黒うさP Feat.初音ミク

 

です(°д°)

それでは早速行ってみよーっ!

Eシリーズ聴き比べてみた!!

 

E1000

それではお嬢からレビューしていきます!!

 

 

AK70MK2 × E1000

全体的に少しタイトな感じの音作りで、アニソンやクラシック…と言うよりは音の締りがいいのでどちらかと言うとロック系の楽曲に合うような印象です。

けれどもボーカルが少し前に出てくる様な印象で、後ろに隠れているコーラスの音もとても細く美しく鳴らしてくれます。

広さや広がりはそんなに無いですが、正直申し分ないです。

個人的にはイヤピースを変えて楽しめる印象がとても強くて、同じfinal Eタイプのクリアのイヤピースを装着しています。

少し低域が肉厚で、けれども元のバランスがしっかりと取れているので、嫌な感じもなく、とてもナチュラルに楽しめる音作りになっていて、

ぶっちゃけて価格間違ってない…?と思ってしまいます(笑)

個人的には聞いた瞬間だけじゃなく、じっくり音の奥までゆっくりと聴いて欲しいです!

 

お次はもりりんのターンです!

X7 MarkII 【FIO-X7MK2】× E1000

音が柔らかいのに、高域・低域はくっきりしていて、とても聴きやすいです。

Fantastic futureの後半の間奏の部分が他の機種で試聴していると広がりがあるのに対し、少し中央でまとまっている様に感じました。

千本桜はCメロのハイハットや中域がややこもり勝ちな部分があるところに対して、

Fantastic futureとは割かし相性がいい様に感じられました。

 

E2000

 

 

▽E2000商品ページはこちら▽

E2000はリモコン付きやカラバリがありますので、まとめさせて頂きました。

そしてここからはお嬢のレビューです!

AK70MK2 × E2000

タイトな低域ですがしっかりと厚みもあって、それなのにボーカルはハッキリとしています。

高域が綺麗に伸び、煌びやかさをしっかりと表現してくれて、

更に押し出しも強くメリハリもあり、個人的にはどちらの楽曲にも相性がいいな…と感じました!

更に、ちゃっかり個人的なんですけれど、“和楽器バンド”さんの“千本桜”と、

“まらしぃ”さんの“千本桜”も聴かせて頂いたんですが…

正直に言ってどちらの楽曲とも相性がとてもいい…!!

E2000おそるべし…

いや、電子音もギターもピアノも尺八も綺麗に鳴っていてこの価格は正直ズルいと感じました。

 

さて、次はもりぞーのレビューです!

X7 MarkII 【FIO-X7MK2】× E2000

音がかなり締まりがあって中域の解像度が高いです。

E1000よりもやや音場が広くちょっと高域よりなチューニングに感じられます。

相性としてはどっちの曲とも相性が良く、中域も低域もはっきりと聞こえるような印象で個人的に良いイヤホンだと思います。

 

 

E3000

スマホで使いたい方にはリモコン付きが便利ですよね(*’ω’*)

それではお嬢からレビューしていきたいと思います!!

AK70MK2 × E3000

 

若干ボーカルは後ろに下がっているけれど楽器より少し前にある感じです。

何より上から下迄しっかりと鳴らしてくれていて、どんな楽曲も楽しみやすいような音作りになっています。

少しギターの音は苦手かな…と感じます。

けれど、ベースの音がとても綺麗なのと、打ち込み系の音が得意なのにそれなのに中心から外に向けてぶわっと音が広がっていくような印象を受けます。

更にこの子の得意なところは高域が得意な所!音の細さは勿論の事、高域の伸び方が半端じゃない…!

ミクさんの高音も余裕で出してくれます。

個人的にはゆったりした曲や、バラード系の楽曲、クラッシックな楽曲を好む方に是非とも聴いて欲しいです!

 

 

お次はもりりん!!

よろしゅう!!

X7 MarkII 【FIO-X7MK2】× E3000

ボーカル・高域が三機種の中で比較した際にとても綺麗に聴こえました。

中域から低域の間ぐらいの音はE2000と比較すると柔らかすぎるような印象ですが、

ぼわつくというよりは余韻があるといった印象を受けました。

音場も広く、長時間のご試聴でも心地よく楽しめるイヤホンになっています。

 

トークタイム。

さてさて、この三機種を同じ音源で聴き比べてみて、もりりんは個人的にどれが一番好きだった?

 

 

3機種の中で個人的には一番解像度の高いE2000かなぁ…。

 

 

まぁ、もりりんの好きそうな音作りもしてるし確かにそれは納得できるな…。

Jは、どれが好きだと思う?(笑)

当ててみて?

 

 

E1000かな?(即答)

 

 

なぜばれた…!!!!!!!!!!!!!

 

 

その、E3000だと若干お嬢的には、音の輪郭が柔らかすぎるんじゃない?

 

 

いやぁ、さすがにほぼ毎日顔を合わせているとすぐばれてしまうなぁ‥‥。

でもね、実はE3000も買っちゃってるし、三機種とも実は買っちゃってるから全部好きなんじゃんね?

 

 

 

うん。そうだね。

 

 

温度差!!(;´・ω・)

でも私知ってるよ…。

もりりんが店頭で開催している“どっちがeでしょー?”の所で碧 Lightのレビューをしている事を…!!

 

 

ふふっ(笑)

そうだよ…(笑)

 

 

もりりんは碧の音結構好みだもんね!

私はもりりんの好みを全てを把握している( ゚Д゚)

 

 

ハズカシー(棒読み)

 

 

そう…

今日だってデータフォルダの中に‥‥

 

 

それは関係ない!!(笑)

ぃや、その話は関係ないよ!(笑)

 

 

まぁ、落ち着こうよ。

そんな感じで、今月末2月28日迄E1000 VS 碧 Lightどっちがeでしょー?も好評開催中なので、皆様ぜひぜひ!!参加してみてくださいっ♪

もりりん、今回は本当にありがとうねー!!!

 

 

アリガトー

碧 Lightもよろしくね。

 

いかがでしたでしょうか…?

少しでも皆様のイヤホン選びのお役に立てれば私達はとても幸せです(*ˊᵕˋ*)

因みに初めに紹介致しました〝どっちがeでしょー?〟へは下記リンクから行けますのでぜひ投票してみてくださいっ! ↑上の画像を押してもらうとページに行けます↑

詳しい詳細は下記リンクをクリックでチェック☆

ユーザー投票イベント『どっちがeでしょー?』開催。今回はエントリークラスのイヤホンが激突!

 

 

お嬢は勿論このブログを書いたのもあってE1000に投票していますが…。

因みにもりりんが投票した碧Lightは下記ページから行けます。

最近発売した2.5mm Balanceもあります!

以上!!

名古屋大須店よりお嬢がお伝えいたしました!!

ではまたっ(・∀・)ノシ<アデュ!

お嬢
まだまだ色々と未熟ですが、何事にも全力投球! ハイテンションだけが取り柄です(笑) 休みの日はもっぱら布団の中から出てきません…。
  

この記事を読んだ人におすすめ