AVIOT TE-D01シリーズから、さらに日本の音を追求された新モデルが登場!

 


 

 

 

皆様こんにちは、PR部たにみくです!

本日発売の新製品はこちら!!!

 

 

 

AVIOT TE-D01d

 

 

 

 

2019/2/9発売予定!

 

・Japan Tuned

 

先行モデルへのフィードバックを参考にAVIOTが誇るオーディオエキスパートチームが、時間を掛けてチューニングが行われました。

 

ハイエンドオーディオと同じ思想で原音再生を目指し、フラットなトーンバランスをベースにして、さらに真っ直ぐな日本の音が追求されているとのことです。

 

 

 

・Qualcomm社 QCC3026、高品位スピーカー採用

軽量でハイスピードなグラフェン振動板が採用されたスピーカードライバーの中から、さらに良いものを厳選されています。

 

サイズからは想像できないほど深く沈み込むような低音域と、音像定位に優れた美しいボーカルを奏でる中高域、伸びやかながら耳に刺さらない高音域が実現されているとのこと!

 

 

 

・最小型・軽量ボディで、最大9時間の連続再生を実現

ペアリング毎にバッテリー残量を判別して、残量の多い方を自動的のマスターにするロースルワッピング機能を搭載!

音質を一切犠牲にする事なく、システム全体で電力消費を抑える工夫が施されています。

(高音質な aptX コーデック使用時や、電波状況や音量によっては再生時間が短くなる場合があります。)

 

 

 

・オンガクをもっと長く、そしてもっと遠くまで

 

コンパクトで軽いチャージングケースの中に、約1,800mAhの大容量バッテリーが搭載されています。

これにより、イヤホンの充電だけでなく、モバイルバッテリーとしてUSB端子からスマホなど簡易充電が可能です!

 

 

・スペック

■ドライバー:φ6mm ダイナミック型

■感度:91dB±3db

■インピーダンス:16Ω

■最大入力:5mW

■搭載 SoC: Qualcomm 社製 QCC3026

■マイク:CVC8.0 ノイズキャンセリング

■防水規格:IPX4

■バッテリー容量:イヤホン片耳 50mAh/ケース 1800mAh

■通話時間:最大 4 時間

■再生時間:最大 9 時間

■充電時間:約 2 時間

■対応コーデック:AAC,SBC,aptX

■対応プロファイル:A2DP,HFP,HSP,AVRCP

■充電ポート:MicroUSB

■Bluetooth version:5.0

■Bluetooth マルチペアリング 3 デバイス

 

 


 

AVIOT TE-D01シリーズから新モデルが登場!

フィードバックを元にさらにJapan Tunedを追求されているとのことで、全モデルとの変化の楽しみですね!

 


 

以上!AVIOT TE-D01dのご紹介でした!

 

最後まで読んで頂きありがとうございます。PR部たにみくでした!

 

 


 

※記事中の商品価格・情報は掲載当時の物です。

 

たにみく
PR部のたにみくです バンドおんがくが好きです どうぞ宜しくお願いします
  

この記事を読んだ人におすすめ