唯一無二のSTAXサウンドをお外でも、専用カバーとイヤーピースのご紹介です。


 

 

日本橋PR部のかわちゃんです。

 

 

皆様、SR-003MK2とSRS-002はご存知でしょうか。

 

 

唯一無二のSTAXサウンドを持ち運ぶというコンセプトで開発された製品で、文字通り形はイヤホンの形をしていますが中のドライバーユニットはヘッドホンタイプと同じプッシュプル・コンデンサー振動板を搭載専用のドライバーユニットで駆動する本格的な開放型コンデンサー型イヤースピーカーです。

 

その音質は既存のドライバーにはない唯一無二の音質でコンデンサー型ならではのクリアで上品な音質が自慢の製品です。

しかし開放型という構造上、必然的に音漏れがあり、屋外での使用には適さない場面がありました。

 

 

今回ご紹介させて頂くのはその問題を解決するSR-003MK2とSRS-002の専用アクセサリ。

専用密閉カバーと装着感と、外れにくさを大幅に向上したイヤーピースでお外でも快適に

 

 

 

STAX CES-A1 (SR-003MK2/SRS-002用密閉カバー/イヤーチップ)

 

 

 

 

 

2018/12/13

発売予定です

 

 

ハウジングを塞ぐだけではなく、非対称レイアウトや吸音材を採用。何度も試聴を重ね調整することにより音質を損なうことなく音漏れを抑え野外でのリスニングを快適に楽しむことができる密閉ハウジングと

 

弾力性の違う素材を組み合わせ、密閉感の向上及び低音域の損失を抑制。加えてイヤーフィンを搭載することにより外れにくさが大幅に向上した専用のイヤーピースがセットで付属します。

 

 

製品情報

 

以下、メーカー様による詳しい製品情報です。

 

 

これまでスタックスのイン・ザ・イヤースピーカー SR-003MK2 と SRS-002 はそれぞれ開放型という構造上、必然的に音漏れがあり、屋外での使用には適さない場面がありました。また、ハウジング部の重量が通常のイヤホンに比べ大きく重いため、安定したフィット感を得にくいという点もありました。これらの問題点をクリアするために開発を行ったのが、CES-A1 (CC-A1+ET-A1) です。

 

 

 

 

密閉カバーCC-A1はSR-003MK2やSR-002のポテンシャルを生かすための工夫が随所に盛り込まれています。
イベント会場においてお客様にご試聴を頂き、そのご意見を反映したチューニングを実施。
測定、試聴を繰り返し数十種の試作を重ね、小型の静電式発音ユニットが持つ音質を損なうことなく、音漏れを抑え、屋外でのリスニングに適応させました。

 

 

 

 

カバーの構造は非対称レイアウトを採用。中心軸を敢えてずらすことにより、音の拡散を調整し定在波の発生を防ぎ高解像度と音像定位を両立しています。カバー内部に設けられたリブは剛性を高め不要な共振を抑制。内部に装着してある吸音材は、残響音をコントロールする目的があり、吸音スペースは内部素材で吸音、開口部で音波通過時の消音を行い、振動膜への干渉を抑える効果があります。

 

 

イヤーチップET-A1は、耳穴に接する部分と耳介に接する部分の弾力性を異なる硬度にし、フィット感、密着感の向上を図りました。
また開口部は多くの耳穴に共通して フィットする楕円形状としたほか、外耳通の密着性の向上により低音域の損失を抑制しました。
イヤーチップ対応モデル:SR-001MK2、SR-002、SR-003、SR-003MK2

 

イヤースピーカーのポータブル使用がより身近になり、周囲に気兼ねなくスタックス・サウンドを楽しんで頂ける新しいオプションが誕生しました。

 

( ホワイト:S サイズ / グレー:L サイズ )

 

 

 


 

 

SR-003MK2やSR-002の専用アクセサリということでかなりマニアックな製品ですが刺さる人には刺さるアクセサリーなのでは無いでしょうか。アクセサリ一つに対してもユーザー様のご意見を取り入れ何度も測定試聴を行って作り上げたというSTAXらしさが光るこだわりの製品ですね。

 

 

あの唯一無二のSTAXサウンドを気軽に持ち運べ、加えてお外でも快適に楽しめるとのことで個人的にも一度は試してみたい製品です。

 

 

最後まで読んで頂いてありがとうございます。

日本橋PR部よりかわちゃんがお送りいたしました。

かわちゃん
日本橋本店PR部のかわちゃんです!写真を撮ることが大好きなので、写真を通してイヤホンヘッドホンの魅力をお伝えしていきたいと思います!よろしくお願いします(`・ω・´)b
  

この記事を読んだ人におすすめ