ACTIVO CT10とセガサターンがまさかのコラボ!? セガサターン、シロ!!

 

【11/21追記】

記事公開当初、発売日を『11/22(木)』とご案内しておりましたが、発売が延期となりました。

延期後の発売日は確定次第、本ブログで告知致します。

 


 

 

だいせんせいです。

 

皆さん、セガサターンで遊んだことはありますか?

 

セガが1994年に発売した家庭用ゲーム機で、同社としては国内で最も多く販売されたハードとしても知られています。

バーチャファイター』や『デイトナUSA』といった3Dゲーム黎明期の人気アーケードタイトルを高い再現度で移植して注目を集めた他、

サクラ大戦』『パンツァードラグーン』『バーニングレンジャー』といった傑作のオリジナルタイトルも多数発売されてきました。

 

中でも僕は『サクラ大戦』シリーズの大ファンで、特に『2』が大好きでした。

唯一無二の世界観と魅力的なヒロイン達、王道の熱いシナリオ。今なお多くのファンに根強く支持され、サターンを代表する傑作のひとつであることは疑いようもありません。

他にも『ソニックR』や『セガラリー』、『ナイツ』も捨てがたい……。

 

 

 

……いかんいかん。

うっかり冒頭の雑談が長くなってしまいました。

僕はゲーム屋ではなくイヤホン屋。オーディオの話をしないといけません。

関係ない話も楽しいですけど、ちゃんと新製品のご紹介をさせて頂きます。それが職務ですので。

 

そんなわけで、本日情報解禁となった新製品がこちら!

 

はいドン!!

 

 

 

ACTIVO CT10 セガサターン

画像はグレーモデル

 

セ、セガサターンきたー!!

『関係ない話』だと思ってたら、セガサターンが出てきました。そんなことあります?

 

そんなわけで、ハイレゾ音楽プレイヤー『ACTIVO』と『セガサターン』がまさかのコラボレーション

そもそもコラボ自体が予想外ですが、一発ネタで終わらない謎のコダワリが豊富に詰まっておりますので、それらをご紹介して参ります。

 

 

 

本体デザイン&パッケージデザイン

まずは、なんといっても本体デザイン

安易に『背面にゲーム機のイラストをプリントする』といったありがちなデザインにせず、

各色本体の特徴的なカラーリングを如実に再現。実物さながらの完成度になっています。

 

画像はミストグレーモデル

 

サイドボタンもコントロールパッドのカラーリングを忠実に再現しており、パッと見のセガサターン感がものすごい仕上がりです。

 

さらに、パッケージデザインも秀逸。

当時のパッケージを再現しているばかりか、新旧でしっかりとデザインを変えているのもポイントです。

 

 

再現性の高さもさながら、カラーバリエーションだけでここまでガラッと外装を変える製品というのは極めて稀。物凄い気合を感じます……。

 

 

 

コダワリの価格設定

こちらのコラボモデルの販売価格は44,800円(税込)となっております。

詳しい方なら既にピンと来ているかもしれませんが、この値段、セガサターン本体の発売当初と全く同じなんです!

こういう細かなコダワリも、思わずニヤリとしてしまう要素ですね。

 

 

【11/21追記】

記事公開当初、発売日を『11/22(木)』とご案内しておりましたが、発売が延期となりました。

延期後の発売日は確定次第、本ブログで告知致します。

 

 

 

CD品質のプリインストール楽曲

『ACTIVO』はハイレゾ音楽プレイヤーですが、

セガサターンの時代にハイレゾ音源のリリースは無かったので、内蔵音源は全てCD品質(44.1kHz/16bit)で収録されています。

あくまでオリジナルにこだわり、アップコンバートなどは施さずに入れてくれているのは、当時のファンとしては逆に嬉しいポイントではないでしょうか。

 

しかも、カラーによって内蔵楽曲が異なるとのこと!

ラインナップは以下の通りとなっています。

 

ACTIVO CT10 セガサターン(グレー)

01:セガサターン起動音

 作曲:SEGA

02:「GAME START」(「Virtua Fighter」より)

 作曲:中村 隆之 編曲:光吉 猛修

03:「Super Sonic Racing」(「Sonic R」より)

 作詞・作曲・編曲:Richard Jacques

 

ACTIVO CT10 セガサターン シロ(ミストグレー)

01:セガサターン起動音

 作曲:SEGA

02:「檄!帝国華撃団」 (「サクラ大戦」より) 歌:横山智佐(真宮寺さくら)&帝国歌劇団

 作詞:広井 王子 作曲:田中 公平 編曲:根岸 貴幸

03:「DREAMS DREAMS」(「NiGHTS into dreams…」より)

 作詞・作曲:佐々木 朋子 訳詞:Wornell Jones 編曲:佐々木 章

 

熱すぎる!!

バーチャソニックRサクラナイツという脳天直撃のシブいラインナップ。

特にソニックRなどはサントラCDがなかなか手に入りにくい状況になっているので、CD品質で手に入るのは嬉しい方も多いのではないでしょうか。

 

また、共通で本体起動音が収録されているのもポイント。

久々に聴いたら懐かしすぎてそのまま倒れてしまうかもしれません。

 

 

 

電脳少女シロとのコラボも!?

ACTIVO CT10といえば、話題のバーチャルYouTuber『電脳少女シロ』とのタイアップが行われたのも記憶に新しいことと思います。

今回のセガサターンコラボモデルでも、なんと引き続きシロちゃんがプロモーションを続投!

 

セガサターン、『シロ』!

 

サターンユーザーにはおなじみのせがた三四郎さんによる名台詞をシロちゃんが熱弁。

『今の時代にセガサターンコラボが登場する』ということを強く噛み締められる、印象的な一枚になっています。

 

 

 


 

以上、まさかのコラボモデル『ACTIVO CT10 セガサターン』のご紹介でした。

 

こちらは前述の通り11月22日(木)発売予定。延期となりました。

本日からe☆イヤホン各店でも予約が開始しております。

 

 

また、こちらの製品は各色500台限定生産となっております。

往年のセガファンの皆様、お買い逃しのないようによろしくお願いいたします!!

 

 

 

【ハイレゾ入門DAP】groovers japan ACTIVO CT10がちょうどいい!

↑ コラボ元となった『CT10』については、こちらの記事も併せてチェック! ↑

 

 

 

それでは僕は『デスクリムゾン』で遊ぶ時間なので、この辺で失礼します。

お相手はだいせんせいことクドウでした。それではまた次回。


©SEGA

©Siro Channel

 

※記事中の商品価格・情報は掲載当時の物です。

 

だいせんせい
e☆イヤホンPRスタッフのだいせんせいです。
e☆イヤホンTVパーソナリティ。

実力にそぐわぬ大層なあだ名ですが、名前負けしないように頑張ります。
アイドルマスターとゲームのサウンドトラックが好き。

▼愛機
カスタムIEM:UE Pro RR, CT-300Pro
イヤホン:IER-M9, IE800, IE80, UrBeats3, TEQUILA 1, etc.
ヘッドホン:MDR-Z1000, HD700, MDR-1Rmk2, HD25, PortaPro, etc.
プレイヤー:AK300, AK100mk2, D-NE730, etc.
  

この記事を読んだ人におすすめ