夏頃からお弁当を作って日々昼食に充てる事で月2~3万円分の食費を浮かすことに成功しました。

こんにちはみわちゃんです。(今までどれだけ食費かかってたんやーい)

 

 

本日はAROMA製イヤホン3機種が少し延期となりましたが、

本日発売!!

しかしながら、少量入荷の為、現在AROMA Musical Box Earlyが少数のみの在庫となります。

 

写真の撮り方が非常に清潔感があり、医療用の機材であるかのような印象を受けますね。

医療用品となると高いイメージがありますが、それもそのはず30万オーバーのイヤホンがあります。

では、一つずつみていきましょう。

 

 

 

 

Musical Box Yao

Musical Box YaoはWitch Girl 12が採用した12ドライバーの構成はそのままに、

最新のBAドライバー、ステンレスフェイスプレートを採用しました。

Musical Box Seriesの中でもトップエンドに位置する名実ともに

リファレンスイヤフォンとなるべく開発されました。

ドライバー構成: 超高域:2 / 高域:2 / 中域:4 / 低域:4 /

Witch Girlとは構成が一緒なだけで、ドライバーがKnowelsの最新モデルを使用していうということで、

全くの別物と考えてよさそうです。ご試聴だけなら無料!無料なので是非とも聴いていただきたい一品です。

シェルやフェイスプレートはカスタムIEMのようになっておりますね。こういった手作り感がでているのも

所有欲が満たされます。

 

 

 

 

Musical Box Twins

Musical Box Twinsは最新のKnowles/Sonion製7BAドライバーに

クロスオーバー切り替えスイッチを搭載し、様々な音源に対応できるようにしました。

ドライバー構成: 超高域:2 / 高域:2 / 中域:2 / 低域:1 /

ドライバー構成でみると、中高域寄りのイヤホンのようにも見えますが、

これはドライバーのクロスオーバーの切り替えができ、

低域と高域のバランスを変えることができるとのことです。

1粒で2度おいしいみたいなところで、高級機ではこういったスイッチがあるのも

ちょこちょこ見られています。贅沢な機能を盛り込んでいますね。

 

 

 

 

Musical Box Early

Musical Box Earlyは1BA+1DDというシンプルなハイブリッド構成ではあるものの、

エントリークラスではあるまじき音質を実現しています。

高域:1バランスドアマチュア型ドライバーユニット
低域:8㎜ダイナミック型ドライバーユニット

上位2機種と比べると説明文にあるように、かなりシンプルな構成となりました。

今まであった中域を担うところが書かれていませんが、

クロスオーバーはどこに設定してあるのかすごく気になりますね。

そしてこれが、AROMAの提案するエントリークラスです!

 

これら3機種が

本日発売!!

以上みわちゃんでした。

  

この記事を読んだ人におすすめ