bannar_kitton

こんにちはー。

秋葉原店きっとんですっ

 

みなさんはライブは行きますか?

僕は行きます。行きたいです。…最近行けてないです。

 

(´;ω;)

 

特に今年はサマソニフジロックどちらもアツいんですよね。

ちなみに僕が一番見たいのは彼ら。

 

MEW

彼らは僕の母国、デンマークのバンドで透き通ったボーカルとエッジの効いたギターと圧倒的な世界観が特徴のバンドです。サマソニに出演予定です。

ジャンルはオルタナティブとかアンビエントとかその辺に含まれますがよくはわかりません←

僕の好きなバンドTOP5にはいつもいるバンドです。

そんな大好きな彼らが来るのにじっとしてられる訳がない…!

 

でも今年は多分お仕事なので断念します…

(´;ω;)

 

 

さて、そんな夏フェスの時期が近づいて来てますが、みなさん夏フェスで気を付けていることはありますか?

 

ええと…帽子でしょ?…あと水分補給…冷えピタ…うーんそれくらいかなあ…

 とお応えのあなた。

 

 

 

あまああああああああい!!!( ゚Д゚)!!!!

 

甘いですよっ!

甘すぎますよ!!!

ダメですよ!耳も守らなきゃ!!

 

そうなんです。今は耳も守る時代なんです。

 というわけでどーん!

20150511-earasers1

はい。みなさんご存じでしょうか?

 

earasers(イヤーレーサー)です。

 

…はい。おそらくほとんどの方がご存じではないと思います。残念ながら…

 

じつはこれは耳栓です。

 

え、夏フェスに耳栓…?聴こえないじゃん?

 

いえいえこれはただの耳栓ではありません!

20150511-earrasers4

▼PERSONA MEDICAL earasers イヤーレーサーM e☆特価\5,400-

 

おそらくみなさんは耳栓と聞くとフォームのものを思い浮かべる方が大半だと思います。

ですがこのイヤーレーサーは一皮も二皮も違います!

 

■特徴
19dBまでの高音を軽減し耳への負担を軽くします。
世界で初めての高音のみを軽減する耳栓です。
●スマートシールテクノロジーを採用し快適なフィット感をお約束します。
●再利用が可能です。
●耳栓を忘れるくらい快適です。
●素材はソフトシリコンを採用しています。

 

■イヤーレーサーとは?
Earasersは、米国で生まれたミュージシャン向けのイヤープラグです。
約19dBまでの高音を低減し、長時間演奏する演奏者の聴覚を、騒音から保護する働きがあります。
音にフィルターが掛かる前に鼓膜に音が行き届き、音楽的に損なうことなく自然な音を伝えます。

 

■なぜ高音が耳にダメージをあたえるのか
人の聴覚は、高周波域(高音)を感知する組織の方が低周波域(低音)を
感知する組織よりキズつきやすくなっています。

高音・騒音は、内耳にある重要な細胞をキズつけ、聴力障害をもたらします。
現在治療が不可能な騒音性難聴の原因となっています。

 

■イヤーレーサーで高音をカットして耳を守る
聴力は、音を感知する組織が一度損傷すると修復不可能ですが、
イヤーレーサーを装着することでこのリスクを低減します。

 メーカーさんHPより

 

つまり耳を傷めやすい高音をカットしてくれる耳の番人といったところでしょうか(*´ω`)

 

 

ちょっとつけてみます。

20150511-earrasers2

 

おおっすごい。

本当に騒音がカットされています。

なのに、人の声はクリアに変わらず聞こえてきます。

おそらくこれが音楽も自然に楽しめるメカニズムの恩恵かもしれませんね。

 

透明なので目立ちにくいのもいいですね。

 

 

ちなみに手に乗せるとこんな感じです。

20150511-earrasers3

すごく小さいので耳の中にすっぽりと入ります。

ちなみに3サイズ展開です。

▼PERSONA MEDICAL earasers イヤーレーサ―XS e☆特価\5,400-

▼PERSONA MEDICAL earasers イヤーレーサーS e☆特価\5,400-

▼PERSONA MEDICAL earasers イヤーレーサーM e☆特価\5,400-

 

抜きやすいように引っ張る棒もついてます。

 

これからの季節、フェスなどで耳が騒音にさらされることも多くなると思います。

聴こえなくなってからでは取り返しがつきません。

 

耳をいたわりつつ、音楽をずーっと楽しみましょう!

対策を講じるのと講じないのでは大きな差があるのでよければご検討ください^^

 

ではでは秋葉原店よりきっとんがお送りしました^^

ばいばいっ

 

  

この記事を読んだ人におすすめ