SONY Bluetoothイヤホン特集

SONYのBluetoothイヤホンの特筆すべきポイントは、豊富なラインナップを取りそろえているところ。通常のワイヤレスモデルをはじめ、ネックバンドタイプのBluetoothイヤホンから今話題の完全ワイヤレスイヤホンまで、まさに多種多様の極みと言えます。バリエーション豊かなプライスレンジと、カラーバリエーションが豊富なのも人気の秘密です。

世界のソニー Bluetoothイヤホンが持つ特徴

国内はもちろんのこと海外でも絶大な評価を誇るソニーブランド。そのソニーのブルートゥースイヤホンの特徴は、最高レベルの先鋭技術を投入しつつも間違いのない安定した製品作りにあります。ハイレゾ相当の高音質が楽しめるLDACコーデックや、独自のノイズキャンセリング技術を惜しげもなく投入した商品作りはさすが「技術のソニー」と唸らせるに相応しい商品群ですね。顧客満足度の高いBluetoothワイヤレスイヤホンを多数リリースすることで世界的な評価を受けていることでも有名です。

 

おすすめのSONY Bluetoothイヤホン

SONYおすすめのBluetoothイヤホンをご紹介致します。コストパフォーマンスに優れたモデルから、アクティブ・ノイズキャンセリング機能を搭載したモデル、高音質コーデックLDACに対応したイヤホンからハイレゾ相当の高音質にアップスケーリングする「DSEE HX」を搭載してモデルやハイレゾ音源のディティールを再現する「S-Master HX」を搭載したモデルまで、価格順に紹介致します。

 

 

WI-C400

コスパに優れたBluetoothイヤホン。最大20時間の長時間再生を実現したタフバッテリーモデルを搭載したモデル。時間を気にせず手軽にワイヤレスリスニングを楽しめます。コーデックはAACにも対応。カラーはブラック、ホワイト、ブルー、レッドの4色。

他のカラーバリエーションはこちら →


 

MDR-XB50BS

IPX4相当の防滴性能を誇り、汗や水しぶきからイヤホンを守るスポーツシーンに適したモデル。ライトウェイトながら重低音を効果的に再生するモデル。カラーはブラック、レッド、ブルーの3色。

他のカラーバリエーションはこちら →


 

MDR-XB70BT

首回りにジャストフィットするシリコン製のネックバンドを採用し、快適な装着感を実現したモデル。迫力の重低音を、ネックバンドスタイルで楽しめます。カラーはブラック、レッド、ブルーの3色。

他のカラーバリエーションはこちら →


 

MDR-XB80BS

IPX5の防水性能を持った耳掛けタイプのBluetoothワイヤレスイヤホン。圧倒的なグリップ感と装着感、こだわりの重低音と防水性能を持ち、スポーツで音楽を楽しむのにもってこいのイヤホン。カラーはブラック、レッド、ブルーの3色。

他のカラーバリエーションはこちら →


 

h.ear in 2 Wireless(WI-H700)

ファッションに溶け込むミディアムトーンのカラーが美しいオシャレなネックバンドタイプのワイヤレスイヤホン。スタイルも音も軽やかにいい音が楽しめます。高音質コーデックLDACにも対応した本格派モデル。カラーはムーンリットブルー、ペールゴールド、グレイッシュブラック、トワイライトレッド、ホライズングリーンの5色。
 
 

他のカラーバリエーションはこちら →


 

WF-1000X

ノイズキャンセリング機能付きの完全ワイヤレスイヤホン。ノイズからもケーブルからも解き放たれ、こだわりの高音質に浸れます。スマートノイキャンワイヤレス。カラーはシャンパンゴールドとブラックの2色。

他のカラーバリエーションはこちら →


 

WI-1000X

ネックバンドタイプのノイズキャンセリング機能付ワイヤレスイヤホン。高音質コーデックLDACに対応し、ワイヤレスでもハイレゾ相当で楽しめるDSEE HX搭載モデル。ハイレゾ級ノイキャンワイヤレス。カラーはブラックとシャンパンゴールドの2色。

 

他のカラーバリエーションはこちら →

 

よーじ
e☆イヤホン秋葉原店勤務! 業界足掛け15年の経験を活かして、皆様に最新情報をお伝えできればいいな~なんて日々感じています。 個人的に好きなヘッドホンはMDR-CD900STとK240Studio。 イヤホンはエティモのER4Sが好みです。 単に良い音という視点だけでなく「いかに心を掴むか」にフォーカスし、心に響くイヤホン・ヘッドホンを紹介していきたいな~なんて、日々、思っています! よろしくお願い致します。
  

この記事を読んだ人におすすめ